Sponsored Link

香港への行き方とビザ、香港ガイドブック

Sponsored Link

ビザは日本パスポートをお持ちの方は90日以内の滞在であれば免除ということですが、他に中国の違う地区へ行かれるなら、別に調べてみてください(2週間以上滞在の場合は特に)。






行き方なのですが、香港就航の航空会社、増えましたね。直行便で行く人が多いだろうということで、直行便をざっとあげてみました。

東京発(成田又は羽田)
① ジェットスター
② 香港エクスプレス
③ ANA
④ JAL
⑤ キャセイパシフィック
⑥ 香港航空



このサイトは関西からのアクセスが多いので大阪からも(関空)
① 香港航空
② ピーチ
③ ANA
④ キャセイパシフィック
⑤ 香港エクスプレス
⑥ JAL(と言ってもキャセイなはず)






デルタはもう運行を停止したまま再開していないのかな。ノースウェスト時代の方が良かったな。デルタになってからHPは不具合ばかりだし。






飛行時間は直行便で東京から5時間ぐらいですが、関西からだと4時間ぐらいなので、関西人は1時間もお得ですね。香港に限らずだけど。






ガイドブックは、今回は珍しく近隣なのに2冊も買いました。人気なので色々出ているから、ちょっとご紹介。






まず地球の歩き方ですが、前は「香港・マカオ」だけだったけど、今は深圳も入っています。以下、全て2019年10月現在最新版。






アルコも出しています。






地球の歩き方、何ともう1冊出している。さすがは人気の観光地。






るるぶ。






そしてもう一つ、これも又地球の歩き方から。私はグルメを満喫できなかったけど、今度行ったらやはりグルメりたい。高いお店ならどんな本にも載っているだろうから、次に行くならこれをチェックします。






英語ならばロンプラ。もしかしたら、レストランとか、選定の視点が違うかも。






私が買ったもう一冊の本は、あの時ですら数年前のものだったし、もう廃盤のようです。その代わり、他の会社からたくさん出ているものね。それだけの人がいくってことなのでしょうね。最初から私向けの場所ではなかったかな。






ネット情報もたくさんあるし、グーグルストリートビューまである。行く前からかなりの情報が調べられます。






でも、飛行機代は安いんだけど、シンガポールもそうだろうけど、意外と旅費は高くなると思う。ホテルもピンキリだけど、それなりの値段で、もちろん食事も屋台なら安いけど高級のものもあり、旅行のしかた次第では、費用に数十万円の差がつくと思います。




カシミアとか売っていますが、すごく高かったです。ヨーロッパのほうがまだ安いんじゃないかと思ったぐらいのものもあった。「中国」とは違うと思う。




では、そんな私の旅行記をどうぞ


この旅行記を最初から読む

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました