Sponsored Link

2日目③「香港九龍寨城公園、パクチ一旦解決」

Sponsored Link

何しにここへ行ったか良く分からないけど、入場料が無料だったからという貧乏的理由な気もする。

黄大仙から近いところでもう一か所行きたかっただけかもしれないけど。






入るなり、明らかに人がいない。

IMG_3946






とりあえず、

IMG_3947






小さな池の周りを回ってみた。

IMG_3948






あっちにも行けるのかな。

IMG_3951






綺麗は綺麗なんだけど。

IMG_3952






観光地というほどの魅力はないような・・・。






ただ池を回り、

IMG_3953






何だか分からなかったけど、この奥へ。

IMG_3955






こちら側も人がいないね。

IMG_3956






盆栽ならあったけど。

IMG_3958






意図的にクマなのか、偶然にクマになったのか。

IMG_3959






ここはもしかして、

IMG_3961






盆栽公園なのだろうか。

IMG_3963






高い所から見下ろしているから、どこかに上がったみたい。誰もいないね。

IMG_3964






やっと人を発見。お散歩ルートかな。

IMG_3965






確かに、静かだし綺麗だものね。

IMG_3966






又どこかへ上がっているけど、工事中のビルがあったからこちらからの眺めはあまり良くなかった。

IMG_3967






工事をしていなくても近代ビルとはミスマッチな気もする。

IMG_3968






降りて違う場所に行ったみたけど、

IMG_3969






人がいないことには変わりはない。

IMG_3970






もう出ようかな。

IMG_3973






あ、リキシャだ。

IMG_3976






車は好きだけど、人力じゃな。






こっちの方がいいや。

IMG_3977






化けて出られそうな気もしないでもなかったけど。手前の犬が化けて出てきても怖いけど、後ろのブタが化けて出てきたらもっと怖い。

IMG_3978






全体的に、やはりこの辺りはちょっと怖かった。

IMG_3979






生きてそうな感じもした・・・。

IMG_3980






立派は立派なのだろうけど、

IMG_3981






もう出ようか。歴史が好きじゃない人の行くところではなかったかも。






お邪魔しました。

IMG_3983






それでも、30分ぐらいいたかな。






この後しばらく、お昼を食べるレストランを探しながら歩きました。どこをどう歩いたかさっぱり分からないけど、こういう通路も歩いた。

IMG_3984






商店街のようなところに出て、

IMG_3986






どこに行ったか覚えていなかったけど、この写真の看板の店名のお陰でグーグルマップで場所が分かりました。

IMG_3988






途中、この道にあった老人ホームらしきものの看板が気に入り、3枚も撮っている。ものすごく楽しそうな老人ホームでしょ。「踊っちゃう?」みたいな。いつ行っても3枚撮るよね。3枚しかないよ。

IMG_3990






そして、老人ホームに入る前にお昼に・・・と思って何となく入ったお店は、タイレストランだった。英語のメニューに釣られてしまった。






もちろん、食べたかったのは中国料理。間違えてタイレストランに入ったことにすぐ気が付いたけどけれど、「ちょうどいいからパクチのことを聞こう」と思った。店員さんはタイ人だろうと思って。

パクチはタイ語だから当然パクチと言えば分かるだろうし、中国語は中国にいるから分かるだろうし、だから中国語で「パクチを抜いて下さい」と書いてもらおうと思ったの。






そして、「いらっしゃいませ」と来た女性の店員さんに、「タイの方ですか?」と聞いたら、あっさりと中国人ですと言われてしまった。






でも、頑張って説明すると分かってはくれたんだけど、通じなかった単語があった。






それが、「パクチ」

タイ語だからね。






「何ですかそれ?」って感じだった。






そしたら、隣にいた香港人のご夫婦が少し英語がわかったらしく、対応してくれました。だけど、パクチがタイ語なのでやっぱりそこだけ分からなかった。






そして、この店のメニューに写真がついていたので、タイ料理に出てくるのなら写真の中に入っている食べ物のうちどれかだろうということになり、メニューを見てみました。






ところが、今度は私が分からない。






だって、パクチの本物なんて見たことがなかった。いつも刻みパクチだったから、刻む前の状態を知らなかった。

写真にあったのは、一本の葉っぱのようなもので、料理の上にポンと置いてありました。パセリが長いまま(10センチぐらい)乗っているみたいなものだった。






結局どうしたのかは忘れましたが、 どれがパクチか分からなかったけど、判明したのは判明したのです。もしかしたら、持ってきてもらって臭いで判断したのかも。

そして、持っていたガイドブックの裏に、「パクチいりません」と中国語で書いてもらった。その本は旅行中に失くしてしまったけど。






書いてもらって喜んだ私、何を注文したのだろう。非常においしくなかった。

IMG_3992






入ったタイレストランは多分ここだと思いますが、今は違う店かも。






さて、その後、全然記憶にないけど、ホテルに帰ったはずです。お昼の写真が14時9分で、次の写真が16時6分なので、時間があきすぎているし、夜景を撮りに行くわけだから、三脚を取りにホテルまで戻ったはずです。






その前に又ちょっと観光しているけれど。



次のページ




この旅行記を最初から読む

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました