4日目③「フィンランド記の終わり」

 

 

 

なんだか分からないけど、ここから選ぶのかな。

 

何グラムでいくらとか書いてあったから、量で計算するようなので、そんなに食べないからそのほうが助かるよね。

飲み物もあるし。これ、懐かしい。イギリスで良くこのオレンジジュースの大きいのを買ってきて飲んでいた。

 

 

懐かしいからフルーツジュースにしようと思ったら、カフェ系を発見。2ユーロだ。高いな。

 

 

まあいいか。どうしてもカフェ系を飲んでみたいし、飲み物はこっちにしよ。

じゃ、食べ物を取りに行くか。

 

 

上に一応名前が書いてあるので読んでみたけど、分からないよね。こればっかりは、食べてみないとね。

 

 

やっぱり、お肉ばっかりよね。しょうがないのかな。

 

レジに持って行き、会計を済ませて出てみたら、ちょうど目の前のテーブルが空いてくれたので、すぐさま着席。

 

 

私のランチ。13.66ユーロ(1827円)。マッシュポテトと茹でポテト、サラダ少々、ロールキャベツだと思って取ったやつ、ローストチキンみたいなやつ、ミートボールのクリーム煮だと思って取ったもの、豚の角煮に近いのかと怪しんで取った四角いもの、もういっちょチキンの何か、遠慮がちに取ったサーモン、かな。飲み物が2ユーロだから、食事は1500円ちょっと。これがフィンランド値段なのかエストニア値段なのかは良く分からない。

 

 

時刻は11時53分。珍しくお昼前に食事だ。

 

 

おいしいともおいしくないとも思わなかったカフェラテ。だけど、次にあのフルーツジュースと迷ったら、あっちにする。

 

 

そして、食事の最初だけすごくおいしいと思ったけど、段々と気持ちが悪くなってきました。

カフェラテのせいではなくて。

 

 

 

多分、これ。

 

 

だと思ったの。最初は。

ロールキャベツなんですが、すごく甘かったんです。たっぷりたっぷり砂糖が入ってるのは分かったんだけど、油っぽくもあり、この白いの、何でしょうか。ライス?自分の頭の中にあるロールキャベツのレシピとは違うものが入っているので、ピンと来ず、想像力も働かず、何だか分からない。

だけど、ロールキャベツだけじゃないですね。今思えば、疑わしいものがたくさん。サーモンでしょ、豚でしょ、そしてクリーム煮のミートボール。安心なのは、マッシュポテトとローストチキンだけだ。

 

 

今日もまたナウゼリン(吐き気止め)。

 

 

おいしいのに、合わないのだろうか、フィン料理。

トナカイは全く大丈夫なのに。

 

 

薬が効くまで休みながら、Wi-Fiへせっせとつなぎます。フェリー内は無料のWi-Fiがあるのですが、最初に5分ぐらいつながっただけで、後は全然つながらなかった。

しばらくやって諦めました。帰りのエッケロラインではしっかりずっとつながってたよ。

 

 

ちょっとトイレへ行ってみる。

 

 

あまり船内のメンテナンスにはお金を費やさないのだろうか・・・。ドアノブというか、鍵の上部が取れちゃってるし。

 

 

上手に引っ掛けて鍵を閉めました。

 

 

キレイではない。

 

 

車椅子用のトイレは別にあったのかな。これじゃあ入れないしね。

 

 

さて、ちょっと、外へ出てみようか。

 

 

ここからは出られないんだ。

 

 

又6階まで下りて、

 

 

外に出られそうなドアがあったので、開けてみました。

 

 

 

ああ、きれいだ。

 

 

フェリーに乗ってるって感じだな~。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポンチョが5枚あっても、無理。

 

 

 

 

8月でこれじゃ、7月でも無理だな。やっぱり北欧のフェリーは寒いよ。

 

 

 

 

 

 

さて、あっさり戻ってしまった私、今度は、到着までゆっくりできる場所を探さなくてはいけない。

窓側に座ってる人たちが結構いたので、私も真似してみよう。

 

 

やっと見つけた小さな一画。

 

 

ここにしよう。

 

 

ペタリと座って、すぐさま立ち上がる。

大理石もどきか何かのこの素材、氷のようにひんやりしている・・・。

ポンチョを腰に巻いて、敷いて座るようにしたら、全然冷たさは感じませんでした。あったかいんだろうな、このポンチョ。

 

 

12時42分。私の一画を我が家とし、ボーッと海を眺める。

 

 

 

 

疲れたな。

さっきもスーツケース持って大急ぎだったし、回復する気がしないな。

 

 

まるで、今から国へ帰るようだ。

とてもとても、今から10日間の1人ドライブ旅行をするとは思えない。しかも、もう3時間ぐらいでいきなりドライブ開始だし。

 

 

この前の彼女たち、ウノをやっていました。懐かしいな。もう何年も見ていなかったよ。UNOですよUNO。もうやり方も覚えてないよ。

 

 

あ、貨物船かね。

 

 

フェリーには見えないしガガガガガグー、きっと何かを運んでグー。

 

 

 

 

落ちたな。

 

 

 

 

眠いんだもの。ガックリバッタリドッサリきてるよ。

 

 

 

 

一度ふと目が覚めた時、ウノの彼女がスマホで正面を撮っていました。確実にあれに写ったよ。下を向いてこっくりじゃないですよ。上を向いて口をアングリの時ですよ。今頃フェースブックにアップされてるに違いないよ。恥ずかしいな・・・。

 

 

だけど眠いので、懲りずにガーグーギー。

 

 

重かった。子泣きじじいが5人ぐらい乗っているみたいだった。

この先10日、マイペースで行こう。ノロノロノロノロでいいよ。

これからは車だから、自分の運転だから眠れないから、やっぱり今寝ておこう。

 

 

 

グー。

 

 

 

1時15分。何も見えない。まだまだ着かないな。もう少し寝よう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グー。

 

 

あ。なんか、到着している。

 

 

寝たり起きたりだったけど、やっぱり休んじゃうと、どっとくるな。だるい。

 

 

ノロノロ下りたけど、こんなです。

 

 

もっと遅くに下りれば良かった。

私はスーツケースを取りに行きたいのに、人が多すぎてラゲッジルームへ行けない。

 

 

やっと進みだしてから、ラゲッジルームへ。もうあんまり残っていませんね。

 

 

 

時刻は2時16分。ここはもう、エストニア。

 

 

スーツケース、右側のところ、ちょっと欠けてるけど、無事です。どこでやったんだろうなこれ。

 

 

あっちへ歩いて行くんだね。

 

 

急いで乗ったから外からなんか見なかったけど、あんなに大きいフェリーだったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

2時19分。出口を出たら、新しい旅だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして私は、無事エストニアへ入り、フィンランドとは全く異なるバルト3国一人車旅をしてきました。

そしてそちらは、販売書籍のみの旅行記となります。

まだ書き始めてもいませんが、バルト旅行記の冒頭には、できればフィンランド記から読んで下さいと書いてあると思います。それを読んでこちらへ来て下さった方々、これが、私が旅行のしょっぱなから疲れ果てていた理由です。

だけど、とても幸せな旅行でした。

 

 

そして、ブログ組の皆様、これから数か月をかけてバルト記を書いていきますので、この続きが読めるのがずっと後になってしまいます。ごめんなさい。販売するころにはフィンランド記を忘れているかもしれないので、そんな時はもう一度読んで下さい・・・。

でも、フィンランド旅行とバルト旅行は、全然違います。

私の旅行なので、私らしさは持続していますが、今フィランド記を書き終えて、やっぱり全然違うなと思いました。

 

 

バルト記は、簡易版として、カテゴリを設けて、ビデオ集の他、行き方等を先にブログに出すと思います。

その後、書き終えるまでしばらくお待たせしますが、たまにトップページに訪れて、進行具合を確かめて下さい。

 

 

フィンランド記、8万文字ぐらいかなと思ったけど、そこまでは行きませんでしたね。7万4000ほどです。3泊でそのぐらいだと、9泊のバルト記は、やはり軽く15万は超すんだろうな。2017年内に出したいというのが、願望です・・・。

では、こちらフィンランド記のほうは、このまま旅行が続いていますので、ほぼ毎回書くはずの〆記事は書かず、ここで終了とさせて頂きます。

 

-フィンランド結婚式お呼ばれほんの3泊一人旅

© 2020 一人旅運転日記 by Junko