このページは

読者が退屈しないようにと思って始めたSNS的に最新情報を伝えるものですが、書き替える度に容赦なく完全に更新されます。1分で421文字タイプするプロな私の殴り書きです。どれほどついていない人生で脳無しにばかり会うかを臨場感を持って体験できる一番中毒性のあるページだと思いますが、突然読んでも何の話だかさっぱり分からないかもしれません。※過去に読んでいなかったため内容が分からないという個別の質問は遠慮してね。

2017年 リトアニアにて

2022年9月30日23時39分(日本時間)

急に感染者数3000人減少とか、おかしいでしょう。東京以外はどうなのだろう。こんな不規則なのかな。完全在宅をきわめている私には感染の心配も少ないけれど、できるだけ信頼度の高い感染者数を出してくれないと世の在宅同行の現状が想像しづらい。

段々外に出たい気にもなってきたけど、在宅的ワークに日本がシフトするのであれば、やっぱり多少田舎に住んでいてもいいのだ。コロナが終わって在宅から出社に戻るのか戻らないのか、その辺、とっても気になるじゃないか。




いよいよ終わりましてん。

これが。

2週間、長かった。腕にとっては。良く貼り付いたまま取れなかったと思う。絶対取れると思ったのに、シャワーでもびくともしなかった。取ろうと思ってもなかなか取れないんじゃないかと逆に心配になった。

でも、力を入れてはがしたら簡単にとれた。そして、やっぱり針穴が大きいと思った。

14日間、刺しっぱなしなわけだし。針がずっと刺さったままで動くから、刺された部分は広がっていくよね。

明らかに人工的というか、傷口みたいになってるから、不衛生にしているとかるーくバイキンが入っていける大きさ。かなり大きな、目で見て分かるほどの虫でも入っていけるよね。はがれないほどだから密閉されてるからいいけどさ。

2週間が限度だろうと思った。これ、放っておくと化膿するかもじゃない?もちろん毎回違う場所になるけど、1日2日で消えるような傷じゃないから、腕に針穴だらけで、覚せい剤やった人みたいじゃないか。

とりあえず絆創膏を貼っておいた。

もう1つ買って試そうと思ったけど、やめておいたよ。血糖値がめちゃくちゃな事だけは分かったので、もう解放してもらった。

何せ、年がら年じゅう計測していなければいけない気がして、束縛感が強かった。糖尿病でつけているわけじゃないからさ、放っておいて大まかな波が分かればいいというわけではないのだし。食べては測り、何度も何度も測るだけじゃなくて、それをエクセルに全部つけていった。食べたものも具合の悪さも全部書き、どんな時に血糖値が上下するかを調べた。とりあえず分かったのは、高温期はインシュリンがちゃんと出ないので上がりっぱなしだということ。これは男子はないだろうから女子だけの話。

だけど、低温期でも突然上がっていたし、何もないのに突然下がる事もあった。下がれば具合が悪いというわけでもないし、上がればぐったりというわけでもなかった。ただ、顎だと思っていた耳や頭のボワボワや痛みは血糖値の特に上昇と関係あることが分かった。私は耳栓をつけてないと作業ができないんだけど、血糖値の問題が大きいと知った。

そして、麺は怖いということ。ジュースなどもう気がひけて飲むのが怖くなったし、意外にも小さなチョコのつまみ食いは大した問題ではないと知った。米は食べ過ぎみたいだし、血糖値下げるお茶なんて嘘で、実際血糖値を下げるものなどないのだろうと思った。

だけど、リブレの一番の功績は、食欲がなかった私が、

毎日色々なもので試す事により、食欲が出て食べられたということ。

どうもありがとう。食欲の秋になるから、このまま続くといいね。

良かったら試して。






期限を9月末にしておいたけど、民生委員からは返答なし。今日出したとしたら到着は月曜日か火曜日になってしまうので、来週届く可能性もなくはない。そうでなければ、無視して返信なしだ。まあどっちでもいいけど。来週まで待ち、それから審査請求と議員軍団への手紙を出す。ほぼできてるから、後は清書と細かな事務仕事で、1日でできるんじゃないかな。

とりあえず、ギリギリまで放っておいてしまったこちらの裁判所用文書を本日これから徹夜的に仕上げます。

ずっと悩んでいたんだよね。葬儀費用は何なのかと。葬儀費用の管轄はどこなのかと。あの判事はうちじゃないと言い、でも地裁もうちじゃないという。知らんよ私はと思うが、地裁は正しい。相続ではない。でも、扶養でもない。さてどうする。

たった一つだけ、処理方法がある。それは、葬儀費用を単独で立て替え金として本人に直接請求する事。それであれば香典を相殺できる。だから、請求額など100万どころか50万にも満たないかも。書類作成代に相当する程度だと思う。下げようと思えばもっと下げてあげられる。別にそんな必要もないが。

とりあえず、今回はそこまで作れないので扶養の必要性の証拠を出すだけにして、裁判当日に持って行く。黙って判事の話を聞き、もしもまた根拠を言わないのであれば、少々怒らせて頂いた上で、一部取り下げ書を渡し、葬儀費用は普通請求として送付する旨告げ、ついでに本人に渡してくれと言う。

今日から来週までは、結構大変。3種類仕上げないといけない。




そんな中、珍しい朗報。先日しくじった弁護士会、合格させてくれた。ありがとうございます。

ただ、面接中、「引っ越しって、どこに引っ越すつもりですか」と聞かれ、ドキリとした。

〇〇の方とかでも行けますか

とか言われ、既にその○○がどこだか分からんかったが、あの人、読み方間違えている気がする。漢字、そう読むのではない気がするけど、違う場所かも。

とりあえず、どんなであれ、行く気だけは満々だ。

太陽が水星太陽に60度の日であった。安心した。

じゅんこさん、範囲拡大。一応、上辺だけ・・・。






で、実は気に入った部屋があった。だけど、写真と情報が違って、今問い合わせている。何で気に入ったかと言うと、屋根裏部屋があったから。これを物置にして災害に備えられるので。そして、出窓だったから。その上、敷地内駐車場で、駐車場代が1万5000円と安かったから。

窓から車は見えないけど、妥協できる。屋根裏部屋は強い。しかも、屋根裏部屋に小窓があった。あそこから夜覗いていたら、さぞかしたまたま通った人が見上げたら顔だけ見えて怖いだろうと思う。

でも間取りを見ると、2つの部屋の仕切りがあるんだよね。隣の部屋に行くのにいちいち部屋から出ないといけない。写真だとふすまを開ければつながってるんだ。この辺も調べてもらっている。

部屋の仕切りがあるならやめるよ。角部屋ではなく窓も1つならやめる。






食事や食事関係は、買い物時のじゅんこさんの写真に至るまで全てこちらへ移動しました。

 

© 2022 一人旅運転日記 by Junko(メンサ会員)