3日目②「チンブー族のフェースペインティングと弓矢」



登場から強烈なインパクトだったけど、村人の装いは、再現しているだけで、観光用です。普段は普通に洋服を着ているはずです。






さて、入口でダンスの次は、早速フェースペインティングを見せてくれました。






使うのは、絵の具ではなく木の実からの染料で、

2007_05180149






鼻筋と、

2007_05180150






目の脇に塗るようです

2007_05180151






女性も。

2007_05180152






男性はガイドさんで、普段はこんな風にみんな私服です。

2007_05180154






他の村人も普通に私服。

2007_05180156






この子、全然目をそらさなかった。強い。

2007_05180157






さて、続いては、何か作るところを見せてもらいました。結局何だったか思い出せないけど。






女性2人が、

2007_05180159






糸と

2007_05180160






棒みたいなもので、

2007_05180161






何かを作っていました。何だろうね。

2007_05180162






続いて、弓矢の実演開始です。






「部族同士の争いではこれで闘うんだと」言っており、

2007_05180164






それを、敷地内の木を的にして放ってみてくれました。

2007_05180166






私にも教えてくれたけど、実際に私の手を持って弓を引いてくれていた人の手が離れ、矢の後ろ側が私の頭に向かって放たれてしまい、えらく痛い思いをしました。説明しづらいから何だか分からないだろうけれど、説明がうまくできても何故に矢の後ろが私の頭に当たったのかは分かりませんが・・・。

2007_05180169






記念撮影。

2007_05180172






「敵が攻めてきたら弓を放つんだ」と一生懸命に武勇伝を説明してくれている時に、「でも今じゃやらないでしょ」と言ったら、「今だって敵が攻めてきたらもしかして・・・」と言ってたので、「攻めてこないでしょ」と聞くと、「まあそうなんだけど・・・」という返事。




「実際のところどうなの?本当に誰か殺しに来たらどうするの?」と不思議そうに聞くと、

「警察を呼ぶ」


と答えてくれました。



チンブー族は、とっても正直だと思う。


次のページへ


< 前のページへ

-パプアニューギニア一人旅

© 2020 一人旅運転日記 by Junko