一人ごはんで今日もコロナで自炊で何食べてるの(2023年前半現在編)

とりあえず紹介 (2023年1月時点:現在版)

=栄養学が好きな女性、身長155センチぐらい、体重41キロから45キロをウロウロ、在宅多く行動は車でジム通いは一切なしだが多少ストレッチはする、アレルギー多し、顎が悪いので固いものはつらい、お酒は飲まない、お菓子はそれなりに食べる。基本的に20分ぐらいで作れる晩御飯が希望であり、晩に作ったおかずの残りを翌日の朝か昼に食べるため、1日一回しか作らない。とっても無精である。

自宅=一人暮らし、魚グリル付きの2口別売りコンロ、オーブンなしで基本フライパン、蒸し器もなしで基本蒸さない、炊飯器3合炊きで2-3日分を一度に炊く、味噌汁も5杯分ぐらいを一度に作って鍋ごと冷蔵庫に入れておく、食器は一部を除き全部100円。

購入場所=基本は100円で野菜を売っている「100円スーパー」と呼んでいるお店かライフで購入。たまに遠出して直送野菜を買う。その時に味噌も一緒に購入するが、味噌はいつか自分で作るつもりでいる。閉店ギリギリ時間にデパートへ行って高いものを半額で買う喜びをたまに味わうのも好きだが、田舎に行き新鮮な野菜を購入したいと思っている。コメはアレルギーとGI値の問題で高価なササニシキ玄米をネットで購入して自宅で精米。

料理やメニューの好み・こだわり=食事と一緒にお酢の水割りを飲む、砂糖は料理には使わずはちみつかラカントを使用、砂糖も含めて発がん物質を避けたいと思っている、お味噌汁は基本的に必ずほしいが夏バテだとそうでもない、箸置きのくまちゃんを写真に入れたいが入れるチャンスがなくて悲しんでいたら本当に登場しなくなってしまった。




2023年1月
(年越しは海外だったため、エジプトから始まります)

1月1日(日) 元旦の朝は、まだエジプト。泊まっていたホテルには朝食を食べる場所がなく、他の建物の屋上を借りてそこのホテルで朝食を出してもらっているみたい。

ピラミッドが見える屋上で、場所はいいけど、外だと寒くてしょうがない。

その上、座ったらいきなりこんなものが出てきて、絶対まずい朝食であろう事が予想された。このどろっとしたスープのような物体は、ちっとも温かくなかった。

調理された卵焼きが出てきたのが唯一の救いだった。出来立てなので温かかった。中には何も入っていなかったけど。前のホテルのオムレツがいかに美味しかったかが良く分かった。

良く分からんコロッケが出てきて、温かいかと思ったらとっても冷たかった。そして、まずかった。ソラマメコロッケかな。とても食べられないので一口でやめたけど。

フレッシュオレンジジュースを頼んだらオレンジはもうないと言われ、マンゴーならあると言われた。嫌な予感がしたけれど、それにしておいたんだ。色はオレンジなんだけど、

変なやつだった。どろどろ気持ちが悪かったので、これ以上飲めなかった。

私の元旦は、こんな感じでした。ホテルの朝食なので無料ですが、わざわざ寒い思いをしてまだ食べに行くほどのものではなかった。

新年早々いい思い出になったし。






1月1日(日)遅めのランチ 「フレッシュオレンジジュースと串焼き」。

グリルで焼いており、焦げ焦げだった。とても味があるとは言えなかったけど、ついていた野菜はそれなりに味がついていた。決して美味しかったわけではなく、残した。オレンジジュースは美味しかった。

すぐおなかがすくだろうと思うほど残したよ。






1月1日(日)遅めのディナー 「セットなのでなんだか分からん」。ビュッフェでなければセットで、セットのほうが安かったのでセットにした。まずサラダが出てきたけど、ドレッシングがかかっていなかった。

又今回もエジプトの何とか何とかが出てきてくれたので、これをサラダにかけたらおいしくなったけど。

スープが温かくて良かったと思う。豆がいい感じに美味しかった。自宅では水に浸しておくのが面倒でなかなかやらないけど。

それから立て続けに出てきたメインたち。肉をチキンとビーフとポークの3種セットにしたんだけど、間違ったと思う。チキンだけでよかった。やっぱり他は臭かった。見た目もひどいよね。

モロヘイヤスープかな。好みではなかった。

トマトの何とか何とかで、今回はオクラが入っていた。食べられないでもないけれど、こうなるとネバネバがないから、知らないとオクラだと気が付かないだろうな。

もちろんフレッシュオレンジジュース。果物の高い日本で頼んだら一杯1000円ぐらいしてしまう。フレッシュじゃなければ頼まないけど、これ、普通のオレンジジュースだったと思う。

その後、なんとデザートまで出てきた。

ものすごく甘くて食べられなかった。

あまり、食べないもので。こういうの・・。







1月2日(月) 「朝食兼昼食は無印のバーム」。

ミルクがないけど、紅茶が飲みたかった。これで十分。






1月2日(月)夕食 「再び同じレストランへで食べ納めでアラビアータを食べたかった」。もう二度とエジプトに来ないと思ったので、おなかいっぱいアラビアータを食べたかった。飲み物は、ファンタアップルがあると言われたので、頼んでみた。

ファンタアップル、日本でも売ったほうがいいと思う。ファンタの中では、ライムと並ぶほど美味しかった。日本のファンタって、まずい。

サラダも食べてみようと、シーザーサラダを頼んだんだ。そしたら、今までで一番シンプルなシーザーサラダが出てきた。レタスとチーズだけだった。パンはスープにもついてくるので、別にサラダ用ではないから。チーズも大した事はなく、

失敗したと思った。ただ、すごい量のレタスではあった。

そして、待ちに待ったアラビアータ。前回はチキンだったけど、今回はシーフードにしてみた。

変わらずめちゃくちゃ美味しかったけど、シーフードよりチキンがいいと思った。どちらにせよ、辛さとトマトが絶妙な事は変わらない。その後タイで辛すぎて食べられなくなったことを考えれば、食べきれる辛さがいかに素晴らしいか良く分かる。

それでも、なんでこんなに違うのかなと思ったけど、すっごい量なので、私は初めて、やっと初めて、海外のパスタは100グラムではないという事に気が付いた。日本のレストランでは、たいてい80グラムから100グラムだ。パスタを満腹になるまで食べた事はない。量が多いほうが美味しいような気がした。トマトも良くからんでいたし。これ、200グラムだったと思うよ。

ああ、こんなアラビアータに又出会いたい。どこに行ったら食べられるのだろう・・・。






1月2日(月)夜食 「夕食早すぎたので、夜食のプリングルスパプリカとりんごジュース」。






1月3日(火) 「朝食兼昼ご飯」。海外の果物は甘いからいいね。

期限昨日までだったみたいだけど、問題なく美味しかった。甘くてさ。いくらだったかな。安いんだよ。完食。ぶどうジュースはそれほど好みの味ではなかったかな。

その後紅茶を飲み、本日は引きこもりなので、ホテルの夕食を食べに行きました。






1月3日(火)夕食 「ノボテルビュッフェ」。入ったレストランではそれしかないって言われたからさ。ビュッフェの方が好きなだけ好きなものを食べられるからいいかなと思ってそこにした。

まず、寒いのでスープと、サラダ。普通に合格。

メインなんて、大したものなくて、はずれなさそうなのは、チキンカレーだけだった。エジプト風味を期待していたが、完全にインディアン味だった。右にあるのは魚の揚げ物。これは失敗。まずかった。

だけど、チキンは美味しかったよ。鶏肉、ホロホロだったし。

この後、寒いのでスープをまだ飲みたくて、それとゴマパンをもってきた。どんぶりでもあればどんぶりに入れるのに。入れ物が小さいから足りなかった。

デザートは、オレンジ。だって、絶対甘いと思ったから。切り方が日本の普通のやつと違うよね。

ものすごく甘かったが、もっと食べたいほうの甘さだった。

いやあ、おいしいかったなあ。全体的に高いけど、好きなものを好きなだけ食べるのなら、ビュッフェはいいと思う。種類が少なかったのが残念だけどね。






1月4日(水) エジプトからタイへ向けて出発の日。カイロ空港のラウンジにて無料のビュッフェ。プライオリティパスに入ったので、空港では全てラウンジで無料の食事にすることで無駄な空港食費を減らす事にしました。

ここは結構美味しかったよ。パンはどうしてもパサパサだけど、カレーなんて、バタチキだけど、すごい美味しかった。ファンタアップルがあったからそれにしたし。無料なんて、プライオリティパスに入って良かったと思う。

それからサウジアラビア行きの飛行機に乗り、鶏をどうにかしたらしい機内食。エコノミーなので、こんなもの。

それから今度は、サウジアラビアからタイ行きの飛行機。こちらはビジネスクラスで、食事がグレードアップ。薄暗いので写真が撮りづらかったけど。

まず最初の軽食は、サラダを選んだ。予想と違うサラダがきたけど。アラブな感じ。

パンとバターとお水もレベルが違った。だけど、一番嬉しかったのは、

本物の紅茶が飲めたこと。ミルクティーがいいけど、牛乳ないでしょうと言ったら、ありますと言われた。砂糖は黒砂糖がいいと言ったらちゃんとそうしてくれた。

この紅茶だけでもう満足だった。






1月5日(木) バンコク到着前のディナーは、揺れがすごくて撮りづらかったけど、こんな感じだった。エジプト料理を選んでいた。

すごく丁寧に作られていたのは分かったけど、少なくないだろうか。

フライト時間が短かったからかな。それでも、7時間ぐらいあったんじゃないかな。そんなにないか。もうちょっと量を増やしたほうがいいと思った。

概して、ビジネスでこのレベルでは、エコノミーではあれだったし、サウジアラビア航空(サウディア)の食事は、とってもダメだと思う。特にエコノミーはまずいと思う。もう乗りたくない航空会社だ。






さて、1月5日、いよいよタイに到着。






1月5日(木)夕食 「海鮮ガパオとさつま揚げ」。感動するほど美味しかった。

エビがプリプリ。だけど、めっちゃ辛かった。

さつま揚げは、多分揚げたてだと思う。スイートチリにきゅうりが入っていた。いい案だと思うので、帰ったら真似しよう。

それにしても、辛すぎて残した。もったいないので、さつま揚げはテイクアウトにしてもらい、夜食に食べた。ソースどうするのかなと思ったけど、それもちゃんとビニールに入れてつけてくれた。

タイ初日の食事、大変満足。美味しかった。






1月6日(金) 「朝ごはんはこんなもの」。到着後イレブンでパンとかを買っておいた。タロイモらしい。

菓子パンが苦手なので甘すぎたけど、パンだけまわりを上手に食べた。

それと、ヨーグルト。

ナタデココとのことだったので買ってみたけど、日本で食べるプチスイーツのナタデココの味とは違った。味というか、触感か。ぶにょぶにょな感じがした。




因みに、金額を含めた詳細及び追加の写真は、すべて旅行記に書きます。こちらはご飯繋がりでのインスタント的仕上がりページです。






1月6日(金) ランチで初の「カオマンガイ」。これは、国道のサービスみたいなところの安いやつ。走りっぱなしだったので、サービスインター食頻発です。

どうするのかなと思ったら、ピリ辛ソースがちゃんとついていた。

とっても辛かったけど、全部かけたよ。今思えば、これは結構おいしいカオマンガイだったのだろうなと思う。サービスインターにしては。






1月6日(金)最初の夕食 「パッタイ」。オレンジジュースもね。

パッタイに何が入っているか、まじまじと研究。

個人的には、玉ねぎはいらないと思った。玉ねぎの味だけどうしても浮く。甘味があるし、火が通っていない感があるので。そもそも、その昔は存在していなかった紫玉ねぎを入れるのはちょっと不自然だと思った。伝統的タイ料理だし。

ただ、エビやイカはどこで食べても柔らかくプリプリで、これがあるだけでもう日本で食べるパッタイでは足元にも及ばない。日本でこれは無理だなと思った。

だけど、麺がちょっとね。あとでわかったけど、麺はやはり個性があるというか、店によって違うのだと思う。今思えば、ここは相当美味しかったのだ。

タイ2日目で、ガパオとカオマンガイとパッタイという、私が好きな三大タイ料理を味わいました。そしてその後もその繰り返しとなっています・・・。






1月6日(金)二度目の夕食 「イカ揚げとエビチャーハン」。おなかがすきましてん。

パッタイなど、前菜だなと思った。満腹感がなかったため、二度目の夕食。海鮮が美味しいからイカを食べてみた。やっぱり柔らかかった。エビチャーハンにした。この時点から、タイでエビを食べると、基本的に尾だけでなく殻もだいぶついてくるのだと理解した。パリポリ感があり、味を邪魔するので殻はつけるべきではないと思った。だけどやっぱりエビもイカもおいしい。ご飯も全然嫌じゃない。だけどやっぱり、玉ねぎはいらないと思ったよ。触感が浮いていた。






1月7日(土)最初のランチ 「サービスインターで不明食」。頼み方が分からないので、これとこれと言ったらこうなった。

インゲンのほうはめちゃくちゃ辛く、鶏肉かと思ったら違った黄色のカレーみたいなやつは変な味だった。魚のすり身ではないかと思う。サービスインター的な味だったと思う。

ただ、コーラはがっつり飲んだ。ほとんどランチを残したので、コーラでおなか一杯になった感じだった。氷があったから美味しかった。一気に寒くなったけど。






1月7日(土)二度目のランチ。「よお食べまんのう」。移動中なんでね、又サービスインターで。今回は麺にしてみた。

ここでも、一応決まったメニューがあったんだと思う。この麺にはこの具みたいなのが決まっていたと思うけど、何だか分からないから色々しゃべっていたら、麺を見せてくれたので、一番太い麺を頼んだ。

麺はこれで正解だったと思うけど、なんというか、非常にチャラチャラした味で、合成着色料感があった。不思議に赤くて嫌な感じではあった。そして、これも辛かった。

麺だけは食べた。






1月7日(土)夕食 「夜の屋台マーケットでパッタイと海鮮ディップ」。ディップと書かれていた上、ディップのソースが緑だったので、何だろうと思って頼んだ。ゆでたシーフードと白菜だった。

ディップは全然緑ではなっく、ただのスイートチリだったよ。

だけど、海鮮がものすっごく柔らかくて、とろけるようだった。日本では食べられないだろうと思った。

パッタイは、チキンにしてみたんだ。何とも言えないけど、海鮮のほうがいいかもしれない。だけど、肉のほうが腹持ちはいいと思う。

でも、味としては、これが一番美味しかったかもな。

オレンジジュースは、フラッペになってしまった。暑いから普通にフラッペにして出すのだろうけど、これを飲んだら寒くなってしまった。美味しかったけどね。






1月8日(日) 「朝ごはんは絶賛のみかんそのまま」。

初めてタイに行った時かれ惚れ込んでいるみかん。まさか丸ごとパックでしかもセブンイレブンで売っているとは思いもしなかった。素晴らしい朝食だ。






昼は運転中で、お菓子だったと思う。






1月8日(日)夕食 「なぜこんな姿になったかは旅行記に書くシーフードガパオ」。

やっと飲めたフラッペじゃないオレンジジュース。だけど氷はいらなかった。






1月9日(月) 「なんと、サブウェイ」。朝はスマホで撮らなかったみたいだ。しかも、食べ途中に思い出してスマホで撮っている。

サブウェイは、やっぱりヨーロッパじゃないとダメ。まずくて驚いた。






1月9日(月)夕食というか深夜近く 「ついにラーメン」。

もうどこもやっていなかった。半屋台だったけど、中国人だったと思う。ワンタンだし。それなりにおいしかったけど、間違って唐辛子を入れ過ぎて大変な事になった。

少ないように見えるだろうけど、タイのチリだから、とっても辛かった。

でも、麺はやっぱりこういうのがいいね。米麺はあんまり好きじゃないかな。






1月10日(火)ランチ 「ファミレスで小籠包」。ついに一旦ファミレスへ。理由は旅行記にて。

デザートも食べた。これは結構おいしかった。






1月10日(火)夕食 「シーフードガパオ」。チリを少な目にねと言ってあったが辛かった。

一番目玉焼きが上手だったところな気もする。

美味しかった。






1月11日(水)朝 「みかんね」。それと、レーズンパン。こればかり。

ヨーグルトも食べたけど、そちらは旅行記にて。






1月11日(水)夕食 「夜になってしまった」。走りっぱなしで、又サービスインター。

ここのカオマンガイは、生姜がきつかった。おまけに、鶏肉が骨付きだった。色々あるもんだなと思ったよ。






1月12日(木)朝 「昨日の残りでんねん」。

ヤクルトもどきも加わっています。






1月12日(木)昼 「見るからに辛そうな麺」。サービスインターです。

「これとこれ」と言って、麺とシーフードを組み合わせてもらった。こんなところでもエビがおいしい。






1月12日(木)夜 「さてこれは何でしょう」。

ついに入ったケンタッキーで最悪の食べ物を頼んでしまった。

残しまくったため、おなかがすいて夜食を食べることになった。






1月13日(金)朝 「だんだん嫌になってきたがしょうがなかった」。






1月13日(金)昼 「目玉焼きが苦手な人が作ったガパオ」。

味はいいけど、下手すぎだ。






1月13日(金)夕食 「最悪だったと思う」。超高かったよ。エビチャーハンと、

ポークカレー。ご当地料理とか言って、騙されたな。






過去編へ

2022年後半

2022年前半

2021年版

2020年版

-美容・健康

© 2023 一人旅運転日記 by Junko(MENSA会員)