2日目②「黄大仙占い、北京英語? 九龍寨城公園へ」

Sponsored Link

楽しみにしてた占い、どうして知ってたのかな。

多分子供の頃とかにテレビで見たんでしょうね。20代からどんどんテレビ大嫌いになって見なくなったし、おそらく昔見た記憶の印象でずっと占いやってみたいなと思ってたんだと思います。

占い師さんがたくさんいて、英語も通じて・・・という当然な期待をして行ってきました。

(当時は)屋内にずらっと占いブースが入っていたのですが、「どの人にしようかどうやって決めようかな~」なんていらないことを行く前から迷いながら行ってみたけど、ガラガラではないですか・・・。

しかもシャッター閉まってるブースもあれば、開いてるけど占い師さん含めて誰もいないブースもたくさん。
IMG_3941

 

 

土日や休日ならもっと混むのかな。

とりあえず中国語全然分からないので、英語できる人を探しました。Englishの看板見つけるのに一苦労。

香港滞在まだ数時間しか経ってないのに、ここにくるまでに既に「英語思ったよりずっと通じないな」と思ってたところ、占いブースで更にちょっとショック。

占いは商売だから英語話す人がいるのだろうと思ってたけど、当時は全然でした。「日本語通訳を雇ってまで占いをしに行く日本人がたくさんいます」とかいう宣伝が多かったのは、もちろん私も含めて広東語が分からない人ばかりというのもあったけど、そうでもしないと英語でも通じないという意味も含んでいたのかも・・・。

今は大丈夫だと思いますよ。日本語話す人だっているんじゃないでしょうか。きっと・・・と、願っています。

さて、私は人気少ないこのブースをうろうろしながらとりあえず一周しちゃいましたが、
IMG_3943

 

 

並んでるような占い師さんは英語話せないみたいだし、迷いながら歩いていました。
IMG_3944

 

 

結局、英語ができる人が3,4人しかいなかったので選んでる余裕もなくとりあえず入った気がします。それとも、一応3,4人の中から選んだのかな・・・。

名前とか誕生日とかを書いたと思うのですが、タロットとか出してた記憶はないですね~。何で占ってたんだろう。

何で占ってたにせよ、何を言われたかぜーんぜん覚えてないのですが、それ以前の問題で理解できなかった。語彙は少なく、発音は、今思えば北京訛りの英語だったかも。

留学中に、上海の子が北京の子たちの発音を聞いて、「英語が北京訛りだ」と言っていたことがありました。そういえばえらくこもった喋り方するなと思ってたのですが、あれと似てた気がします。香港だから広東訛りなはずなんだけど、マンダリン(北京語)スピーカーだったか、私の記憶違いかどちらかです・・・。

因みにその「北京訛り」とやらは、あまり口を開けずにしゃべるような感じのものです。北京出身の子のうちの一人は相当にひどく、講義中にプレゼンをやった後、「中国人を含め、誰一人として彼の英語を分かる人はいなかった」という歴史に残るプレゼンをし、他の中国の子に、「同じ中国人でも分からないような英語でかばいようがない」とまで言われてました。

さて、訛りはともかく、「英語、話しませんよね」と占い中にまじまじと言ってしまったぐらいにひどかったです。だけど、どうやらその私のセリフすら分かっていなかった模様でした(本当は分かってたのかもしれないけど)。

楽しみだったのにショックだ~と思って出た後、性懲りもなくもう一軒行ってみました。

そして、性懲りもなく同じ目にあいました・・・。

二人とも何か書いたピンクの紙をくれて、ずっと持ってたんだけど、今探したらないからもう捨てたらしいですね。

全く記憶にないながら、この占い師さん二人は違うことを言ってたような気がします(占いの結果が違ってたと思います)。単語だけ聞いて何となく分かったことが、「二人とも違うこと言ってるみたいだな」と思った記憶は少しあります。

それと、占い師らしからぬところもあったと思います。「私はイギリスに行きたいんだ」みたいなことを言ったはずなんですが、「行けるよ」みたいな感じで、「それ、占い?」みたいな。

「私が今散財したものは一体何だったのか・・・」と思いながらここを出て、九龍寨城公園(くーろん又はきゅうりゅうさいじょうこうえん)へ向かいました。

写真の場所がどこだか覚えていなかったので今地図を見たら近かったので、どうやら歩いたようです。人に聞きながら歩いて行ったのを覚えていますので。

 

 

ここへ行く途中、やっと英語で話そうと思ってくれた初めての人に会いました。高校生の男の子でした。学校で英語を習っている子たちというのは、結構使いたがってるので頑張って答えてくれたりします。

でも、私の言ってることは分かるんだけど、全然しゃべれなくて、最終的に私を公園の入口まで連れて行ってくれることになったのを覚えています。

この写真は公園へ行く途中だと思うんだけど、多分その子に会う前だと思います。
IMG_3945

 

 

彼を余分に歩かせてしまって申し訳ないけれど、無事到着しました。またしても人がいない場所に・・・。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。