スポンサーリンク

お問い合わせ(Contact)

Sponsored Link

恐れ入りますが、お問い合わせはプロフィールをご覧になり人物像が想像できてからお願いします。その上で、下記を読み、ご質問等があれば、掲載のメールアドレスまでお願いします。


読者及びここのサイトオーナーとして私と出会った方

検索やシェアにてこのサイトを見つけた方、又は、どこかで私と出会い、私から「一人旅運転日記のJunkoです」と自己紹介されたかたは、こちらをお読み下さい。




携帯のアドレスには一切返信いたしません。パソコンからでも、「To」で送信されているもの以外には、基本的にご返信致しておりません(CC, BCCで送信されているものへはお返事は出していません)。

内容ですが、まず、「旅行記読んだよ、何してるの?」、「車好きなん?」のようなものへは返信致しません。毎日更新のあるページを読んでいると知り合いな気になるのかもしれませんし、文章の書き方からして軽いのりでからかっていいように勘違いされる方もいるかもしれませんが、私はあなたの友達ではありません。

それと、女性の方は堂々としていらっしゃいますが、男性はニックネーム等でご連絡を下さる方が多いです。実名でなくてもいいのですが、メールアドレスぐらいは本物を使って下さい。私に出すためにわざわざメールアドレスを新しく作り、私からほんの数日返事が来なかったぐらいで、恥ずかしくなったのか、アドレスを削除してしまい、私がせっかく返事を書いたのにメールが戻ってきたことがあります。その方はその後又気が変わって新しいアドレスで私にご連絡下さったのでそのメールも一緒に送信しましたが、その時は何も言いませんでしたが、非常に嫌な思いをしました。たかがメールですが、本気で書きますので、私の文章を無駄にしないで下さい。ただの文章でいいのなら、他でお願いします。

そして、おそらく同名の他者と勘違いされたのだと思いますが、その方はその後「じゅんこさんの年が分かっちゃった」という気持ちの悪い一文の入ったメールを下さったので二度と返信しませんでしたが、年齢や居場所を調べようとしたり、一人で想像を膨らませるような行動をした結果としてのメールも、強くお断り致します。現実を見て生きて下さい。

読者かどうかは不明ですが、しばらくピンポンダッシュも来ていましたが、何がしたいのか知りませんが、「雲の上の人」だと思って諦めて下さい。

以上、人に優しくすると逆に嫌な思いをさせられる人生なので、もうはっきりとさせて頂くことにしました。



さて、それ以外の通常の読者様、お急ぎなこともあるでしょうが、一度書いたものをもう一度説明となりますと、再び時間がかかりますし、コメントも含め、旅の質問はまず記事を全部読んでからにして頂けますとありがたく存じます。

知りたいことが見つからない場合は、気にせずにご連絡下さい。又、記事にも書いていますが、団塊世代以上の方の海外旅行大賛成なもので、行きたいけどHPが英語で分からないとか、困ったことあったらいつでもどうぞ。ここに旅行記を書いていないけれども運転したことがある国もありますし、旅行した国もありますので、解決できなくてお困りのことがあれば、お気軽にご連絡下さいね。女性トラベラーも大歓迎です。

femalesingletraveller@gmail.com



私の読者ではなかったけれど、外で私と出会い、このサイトを訪れた方、私の連絡先を知らなければ、このメールからご連絡頂いて構いません。多分覚えているはずですが、今一度会った場所とお名前を書いて頂ければ幸いです。又、取材などでもご連絡頂いて構いませんが、私はテレビには出ません。

femalesingletraveller@gmail.com






私を知っている方

私を知っているが、何らかの検索や記事などで偶然このサイトを見つけ、「じゅんこじゃない?」と思って連絡を取ろうとしている方は、できましたら連絡はご遠慮頂きたい方がほとんどかと思います。




あなたがこのサイトを知らなかったのなら、私がこのサイトを教えなかった相手です。教えたからと言って知り合いだというわけではありませんし、教えても知り合いだと思っているわけでもありませんが、何年も知っているのにこのサイトを教えることがなかった方とは、おそらく、私のほうはお付き合いをしているつもりではないと思いますので、ここ数年以上「私からは」一度も連絡をしていないはずです。

長い間我慢しました。二度と自分を落として話すのも嫌ですし、考える力のない人たちや心ない人たちに合わせるつもりもありません。プロフィールが私自身の大部分を表現しています。経歴も才能も脳力も考え方も、「こんな人だと思わなかった!」と思うのでしょうが、あなた方が見ていたのは、あなた方が勝手に当てはめた私です。あなた方に合わせるために落として変えた私の姿です。

今はもうブチ切れていますから、容赦ありません。あなたが私を知っているのなら、ラインなりメールなり、あなたが知っているやり方で私に連絡してみて下さい。それで返事がないのなら、ここから連絡をしてきても同じことです。上記同様、「雲の上の人」だと思って諦め、同じレベルで話せていた時期を懐かしむか、いつもの口汚い陰口を叩いて下さって構いません。私はあなた方とはレベルが違いますので、距離を置いたお付き合いしかできません。



この話が何だか分からない私を知っている人は、ご連絡頂いて構いません。何となく分かり、何年も私から連絡がない方々は、そのまま私と距離を置き、いつか書く「蝶園へ行く」の続編を終わりまで読んで下さい。






広告等の貼り付けをご希望の方々

恐れ入りますが、特定の商品等の広告はまずお断りする可能性が高いかと思います。

自分が紹介したいものだけを書きませんと、読者からの信用を失います。商品やお店を褒めるのも、「文章表現」を使います。ですので、心から褒められない場合は、そもそも記事を書くことすら難しいです。

すいません。お気持ちだけ頂いておきます。






警察不法行為及び医療事件について

こちらをお読み下さい。




プロフィール

プロフィール
最終更新2020年7月7日※ 「患者の同意などいちいちとっていられない」と言って全身麻酔下の患者の臓器を勝手に切ってしまう狂った医者や、狂った医者を庇った上に嘘をついて被害者女性に10時間以上も食事も休憩もなしで嫌がらせを続ける異常な警視庁




Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました