3日目②「行動力ゼロなのか・・・」

Sponsored Link

二人を部屋に入れ、気持ちよさそうに南京虫が暮らしている壁を見せました。

この部屋は嫌だと言いながら、部屋ではなく、このホテル自体から出るという選択肢もありではないかとふと思いました。

刺されたかと聞く彼女に、まだ分からないと答えると、かゆいかと聞かれました。

まだかゆくないと言うと、じゃあ大丈夫良かったみたいに言うので、症状は数時間後に出ることもあるからと説明すると、納得してました。

なので、南京虫知らないのかな・・・と思ったのですが、そこで大事なことを思い出しました。

クアラルンプールのホテルどれにしょうかな~と、一応口コミを読んでいたのです。そして確かに、このホテルにはベッドバグがいたと言う口コミがありました(英語の口コミです)。でもその人は別に刺されたようではなかったので、別に気にしませんでした。

しかも私はまだ南京虫に出遭ったことがなかったし、事の重大さを分かっていなかったので、特に印象に残らず素通りしてしまった・・・。一つでもそんな口コミ読んだら絶対に予約してはいけないのに。甘かった。

そこで、「駆除するべきじゃない?」と言ってみたら、彼女、「壁紙はがしたりして、大変なのよ」と言いました。その返事の速さから、南京虫の苦情は初めてではなかったんだろうなと思いました。そもそも南京虫見てもそれほど驚いてなかったし、ホテルに南京虫出ることはやっぱり知ってたんでしょうね。

とりあえず、私はアトピー体質だし、免疫力弱いし、刺されたら大変かもしれないので絶対にこの部屋は嫌だと言いました。

違う部屋が空いているかどうか探してきてくることになったのですが、ついでに残りの2泊がキャンセルできるかできないかも一緒に調べてくれるように頼んでみました。

このホテルは事前に4泊の予約だったけど、マレーシア出発直前にオンラインでチェックしたときは、まだカード決済が上がっていませんでした。だから、もしもまだキャンセル可能なら、2泊だけで出るというのもアリだよなと思って、一応聞くだけ聞いてみました。

聞くだけね。願わくば出たくはなかったから・・・。

一度フロントへ帰ってどの部屋が空いてるか確かめるけど、キャンセル可能かはフロントでは分からないとのことで、ちょっと待ってと言われました。オフィスが別にあってそこで管理してるんじゃなかったかな。確か10時に始まるからそしたら聞いてくれると言ってたと思います。

彼女たちが戻った後、お風呂場に置いてあったシャンプーやらなにやら、化粧品やらあれやらこれやら、全部しまっていきました。

空き部屋についての連絡は早く、彼女はすぐ戻ってきました。部屋は空いており、壁に南京虫がいないことはしっかりチェックしてきたけれど、バスタブがないとのことでした。

バスタブ付の部屋は今日空くけれど、今はまだ宿泊客がいて、部屋を見せられないそうでした。もちろん見てもいない部屋に移動する決定はできません。南京虫いるかもしれないから。

キャンセルの件はまだ確認が取れないということだったので、南京虫の部屋で待つのは嫌なので、とりあえず一旦シャワーしかないというお部屋に移動しました。

昨日の夜洗濯してしまっていたスーパードライのパンツがまだ濡れていたけれど、そのまま持って行きました。昨日買って冷蔵庫に入れておいたジュースとかと一緒に。

移った部屋は、角部屋で、明るく、広くて、バスタブがないことを除いては申し分ないお部屋。

だけど、まだ荷物は出しませんでした。

部屋中をくまなくジロジロ見て、南京虫がいないことは確認したけれど、ベッドの下までチェックできないし、いないことを願うしかない。

だけど、一見いないのだから、この部屋じゃ嫌だとも言えないし。

だから、この部屋にいようか。ここに部屋を替えて後2泊しようか。

それじゃあ、こんな嫌な気分でもう2泊ここで過ごすのか。

でも、ホテル綺麗だしさ。いいよね。

大体私、最後の2泊の予定すらまだ立ててなくて、シンガポール行くかどうかすら決めていない。だから最初のこの4泊だけは落ち着いてゆっくり過ごして、それによって最後の2泊を決めようと思ってたのに。

ホテルなんか変えたら大変じゃない。またホテル探してさ。荷物持って移動する時間もったいないし。

しかも、今日、イブだよ?いくらムスリム国だからって、いくらなんでも、イブとクリスマスの2泊連泊なんて、ちょっとまともなホテルはみんな予約でいっぱいでしょう。

これから探して、予約して、荷物持って移動してって、大変じゃない。

楽しい海外旅行しに来たのよ。疲れてたから、気晴らしにさ。

何で更に疲れることするのさ。

当日これからホテル探して移動してチェックインしてって、大変だって。

 

 

 

 

 

 

 

 

何だい。

 

 

 

 

 

 

面倒くさいだけかい。

 

 

 

 

 

 

情けないな。

 

 

 

 

行動力ゼロだよアンタ・・・。

 

 

 

 

時間節約でちゃんと最初の4泊は連泊とったのよ。だけど、それが今、南京虫の登場で状況が変わったの。

柔軟に対応しなよ。

状況が変わらない前の選択に固執するな。

目的がこのホテルに泊まることだったら意地でも遂行するけれど、このホテルに何のこだわりがあるんだ。

何もないじゃないか。

 

 

アホ。

行け。

 

 

 

バスタブがないってのがいいチャンスなの。これがキャンセルするいい理由になるの。部屋キレイだけど、バスタブないなら部屋のグレード下がってるはずだし、予約した部屋と同等じゃないんだから、キャンセルする理由にはなるでしょう。

 

 

実は私、本当はちょっと泊まりたかったホテルがあったのです。

トレーダーズホテルという、ツインタワーが見えるホテルが気になっていました。だけど、町の中心地だったので、南下する時面倒かなと思ったし、何よりちょっと高めだったので、帰りが夜遅いだろうと思っていたこの旅行には高いホテルなんていらないと思ってやめたんです。

だけど、ちょっとトレーダーズホテル見てみよう。

まさかこんなツインワターが見えるようなホテル、イブの当日に空いてるわけないし。しかも連泊で。

他にホテルの記憶ないから、ここがダメならやめたらいいよ。こんなスマホで探してるの大変だしさ。

Wi-Fi無料だったので、スマホで見ていました。

トレーダーズホテルのHPに直接アクセス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空いてるよね・・・・・

 

 

しかも最後の一部屋って書いてある・・・・・

 

 

私のために空けてあるに違いないよね・・・・・

 

 

だけど・・・・。

移動時間もったいないよな。

・・・どうせ動物園の方向だから大した違いはないよ。

又スーツケース広げて出して大変じゃん。

・・・疲れたら風呂にでも入って休みなさい。

スーパードライのパンツまだびしょびしょ何だけどな。

・・・車に置いておけば乾くよ。

 

ここで、電話があったか電話をしたか、はたまた彼女が来たかどうか覚えてないのですが、キャンセルについて連絡がきました。

 

 

 

彼女 「カード番号を保存したのみで、まだ決済してないから残り2泊のキャンセルできるみたい。どうする?」

 

 

 「じゃあキャンセルで」

 

 

 

 

 

よっしゃ。良く言った。

じゃ、トレーダーズホテル予約しよう。

 

 

流れだろうなと思って受け入れました。私は到着した日、絶対に無理は済まいと思ったのです。

最初は、ホテル替える方が無理なんじゃないかと思ったけど、流れを見る限りは逆だなと思いました。

南京虫がいたのを症状が出る前に気が付き、部屋移動。すんなり部屋を代えてくれたけど、バスタブがなく同等の部屋ではない。キャンセルはできる。まだカード請求受けていない。2泊分でキャンセル料なし。そして何より、トレーダーズホテルが空いていた。その予約はホテルの無料Wi-Fiで完了できる。

ここで掴まない手はないですよね。これだけ条件揃ったら、乗らないのはバカだなと思いました。

心残りは、「まだびしょびしょのスーパードライどうするのさ・・・」ってことだったけど・・・。

 

 

男の子が荷物を取りに来てくれましたが、まだトレーダーズホテルの予約が終わっていなかったので、先に荷物だけ下に降ろしてくれるように頼みました。

そしてついでに、「いらないハンガーないよね・・。このパンツ、車で干したいけど、かけるもんないんだよね・・・」とブツブツ言ってみました。ここのホテルのハンガーは据え付けだったので。「ないよ」って言われたけど・・・。

部屋に残って予約をしている時、カード番号入れて何度かやったんです。それでカード番号流出したんじゃないかと思ったんですけど。ケニアじゃなくてね。だけどあれは多分ヒルトンで合ってるんだろうな(ケニア記読んでない方すいません)。

 

予約を終えるとフロントへ降り行って、2泊分の支払いを。結局316.24MYRで、9096円でした。一泊4500円ぐらいかな。安いしキレイなんだけどな・・・。

あーあ。トレーダーズホテルでは1泊3倍以上の値段じゃないか。

だけど、そうでもしなきゃトレーダーズホテル泊まってなかっただろうしね。

イブだから。クリスマスだから。ちょっとぐらい贅沢しなさいって神様が言ってくれたこととしようよ。

ということで、気を取り直し、荷物はそのまま入り口に置いて、車を取りに行きました。

車を入口前につけると、さっきの彼が私の荷物を持って来てくれました。

そして何と、私のびしょびしょのスーパードライをかけるべく、ハンガーを一本用意してくれていました。

すごい嬉しかったですよ。

本当、このホテルは南京虫さえ出なければ、「いいホテルでした」と口コミするところです。高層階だと窓から高速見えて気分いいし、部屋も広いし、安いし、スタッフも他のホテルと比べればいい人に当たる確率が格段に高かったし。英語分かる人多かったし。

だけどあんなに南京虫いたんじゃ、お勧めするわけには行きませんので・・・。

 

 

そういうわけで、ありがたいハンガーを頂き、私は旅行を続けることに。

 

 

じゃ、行くかな。
IMG_1127

Sponsored Link

3日目②「行動力ゼロなのか・・・」」への2件のフィードバック

  1. はぁ・・ そうでしたか。 スーパードライのパンツって・・・
    私の若いころは スラックスと言ってました。
    パンツと言うから 下着のパンツかと思っちゃってました。
    娘に言ったら 怒られるところです。

  2. そこ、迷ったんです。パンツで通じるかなと思って。英語で書いたほうが良かったですよね・・。ズボンにしようかなとも思ったのですが。次からカッコで「下着じゃないです」って入れておきます・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。