Sponsored Link

3日目②「アイスランド現地オーロラツアー申込んでみる」

Sponsored Link

おいしいお寿司を食べ、ホテル付近の、昨日の夜開いてそうだったけど閉まっていたツアー会社へ行ってみました。 オーロラツアーを現地で申し込んでみようと思って。






オーロラは、出てくればもちろん街中でも見えるはずなのですが、ツアーなら、もっと離れた、雲が少ない所まで車で連れて行ってくれるだろうと思って。車がない私は、遠出できなかったし。






ツアー会社へ行って色々聞いていたら、オーロラツアーのガイド兼フォトグラファーさんが来たので、更に色々と聞いてみました。






日本からオーロラツアーに参加しているのなら、もちろん全部込みでしょうから、オーロラツアーなんて心配しなくて大丈夫です。

現地ツアーに参加する場合、出発は遅い場合があります(私のツアーは確か夜10時とか11時ぐらいの出発で、深夜2時か3時ぐらいの戻り予定でした)。それまでに寝ておくか、次の日の朝にフライトを予約するなら、早朝は避けておいたほうがいいと思います。万が一寝坊したら大変だし。






オーロラツアーも、ホテルまで迎えに来てくれて、ホテルで降ろしてくれます。交通手段は心配しなくていいのですが、天候によってツアー自体がキャンセルとなる場合があります。しかも、ギリギリになってキャンセルしてくることもあるので、知らないでホテル前で待つことのないよう、ホテルの受付でキャンセルになってないかどうか聞いてみて下さい(電話して調べてくれるはずです)。

キャンセルになった場合は、次の日に延長です。次の日もキャンセルならその次の日・・・と延長してくれるはずです。でも、旅行者には時間の制限があるので、旅行期間等は明確に告げておいて下さい。そうでないと、ツアーは決行されたけど現れなかったからといって料金だけ取られる可能性もあります。もし希望日にちゃんとツアーが決行されなければ料金は返金されるはずですが、ツアー会社に返金可能かどうか、また返金方法も確かめておいて下さい。

というのが私のツアーでしたが、レイキャヴィックには、出発しても「オーロラが見られなければ」又次の日にバスに乗せてくれるというツアー会社もあるらしいです。






さて、私はこの日の晩と翌日の晩しかなかったので、その二回ともキャンセルになったら料金を返金してもらわなくてはならないとしっかり告げ、後はフォトグラファーの人と話し始めました。

まず、どこへ行くのかと月並みな質問。どうやら、「雲がないところ雲がないところ・・・」、と追いかけるようにバスを進めるらしく、行き場所はまだ分からないよと言っていました。

ただ、オーロラ撮影には、何かがバックにあったほうがいいので(例えば家とか、山の影とか)、絵になる背景のあるところへできるだけ行くようにするとのことでした。

そして、フラッシュ制限はしているかと聞いてみたら、参加者にカメラのフラッシュをたかないでくださいとは言えないと言われました。何故そんなこと聞いたかというと、写真に影響するかもしれないので。取り越し苦労だったけど。

と言うか、「誰か、懐中電灯がないなら、フラッシュでもいいからたいてよ」というぐらいに真っ暗で、歩くのもどこを歩いていいかわからなかった。

彼が写真を見せてくれましたが、修正する派だったので、見せられた写真は全部修正してあり、実際どのぐらい暗く、どのぐらいオーロラが見えたのか良く分かりませんでした。私が修正するつもりがないと告げると、ちょっと困ったムードになってしまって、「そうか。でもフラッシュは止められないよ」と言っていました。

それ以前の問題で、オーロラが出るか出ないかが大事なのだろうけど、もう「出るでしょ」と思って質問していた。見られると思っていた。






下記が私が頼んだツアー会社のリンクです。いくつかツアーがあるので私が行ったのと同じツアーがどれかは分かりませんが、ツアーが決行されたにもかかわらずオーロラが見られなかった場合、翌日無料で又ツアーに参加できると書いてありますので、今は大丈夫なようです(2019年確認)。

Saga Travel - Iceland Tour Operator. Day Tours from Reykjavik, Akureyri and Lake Myvatn.
Iceland Tour Operator. Day Tours from Reykjavik, Akureyri and Lake Myvatn.






そんなこんなで、しばらく雑談も兼ねて2人と話しをしていたら結構時間が経っちゃった。

どこかへ行くには微妙な時間だったので、一度ホテルへ戻り、メイン通りでちょっとショッピングをすることに。






部屋に戻ると丁度ハウスキーピングの女性がいたので、何となく喋ってみました。

「ツリーの写真撮りたかったけど、ツリー点灯まだなんだよね。どこかほかにもツリーあるところ知ってる?」と聞いてみたら、他の人にも聞いてくれて、どうやら両者一致で「知りない」とのことだった。

アークレイリの大きなツリーは1つで、それはやっぱりどうしても明日点灯だということでした。

「じゃあ、ショッピングセンターは?ツリーあったりするかも」と聞くと、ショッピングセンターの場所を教えてくれたので、地図の上にマークしてもらった。大したショッピングセンターじゃないよとのことだったけど、は翌日行ってみることにしました。






そして、何も買わなかったけれど、本日のショッピングへ出かけた私。メインストリートの商店街のあたりだけしか見ていないけど、可愛いものがいっぱいありました。北欧って、本当独特だよなと思った。

では、夕食へ行こう。



次のページへ

3日目③「お勧めレストランその3とアイスランドバター」
夕食は、ずっと気になっていたホテル前の角にあるレストランへ行くことにしました。何となく雰囲気が良さそうだったから。お店の名前は、Bautinn。ここにはサラダバーがあって、サラダバーにはサラダだけでなく、パンと山積みのバターがありました。私


この旅行記を最初から読む

このアイスランド一人旅オーロラ編は、
「冬のオーロラ編」で、夏の白夜編は別カテゴリです。白夜は夏季にしか見られません。オーロラは本来は冬だけです。ですので、両方見たかったので、同じ年にアイスランドに二度行きました。夏なのに「オーロラツアー」のタイトルで販売している旅行会社の宣伝






関連記事

アイスランドガイドブックと現地ツアー会社
ガイドブックですが、当時の地球の歩き方ではちょっと足りませんでした。2019年現在は、アイスランドだけで一冊出ており、大分充実した本になっているようです(↓2019年8月現在最新版)。こっちも出たようです (↓2019年8月現在最新版) 。
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました