Sponsored Link

2日目②「マルタ島ポパイ村、マルタでの私の運転」

Sponsored Link

まず、海沿いの素敵なレストランでお昼を食べよう。






ホテルはマルタ島果ての果て。どこへ行くにも少しはドライブが必要。






でも、少し高地を走ると綺麗な景色が見えて、優雅なドライブ。

IMG_0381






完全に路駐だけど全然大丈夫みたい。車、小さいでしょ。すごく走りづらかった。






このまま下りよう。いい見晴らしだと思って撮ってみたけれど、

IMG_0383






結局毎日どこへ行くにもこの丘を越えなければならず、新鮮なのは最初だけだった。






そしてまた、今日は、毎日通ることになる道でランチをとりました。2019年、このお店はもう閉店しているらしいけど、この辺りでした。






駐車場というか、空地だったので、そこに停めておいた。






海をバックに、テラス席。お客さんは私だけだったけど。






コーラも頼み、

IMG_0386






お水も頼む。日差しが暑いし、車で飲む水もなかった。

IMG_0388






シーフードパスタにした。地中海だし、美味しいシーフードを期待していた。でも、あまりおいしくなかったよ。この辺はまだ田舎だしね。夕食に期待しよう。

IMG_0394






誰もいない。今思えば、その後閉店しても不思議ではない。

IMG_0391






右手は海で結構ロケーションは良かったと思うけど。

IMG_0389






現在このレストランは閉店ですが、この少し先に違うレストランがあり、そこはやっています。海沿いのすごくいい場所だから、食べていないけど、「海を眺めて食べるのにはいい」ということで、お勧めにしておきます。






さて、ランチの後は、まず近場から行こうと思って、ポパイ村へ。すぐ近くでしょ。






ここで一つ、私がやったことなのですが、マルタに限らずヨーロッパに夏旅行する人は一度気にして欲しいことがあります。それは、「方角」です。写真を撮ると逆光になるし、夕刻に西にいれば綺麗な夕陽も見えるし。

私は夕陽を撮りたかったので、それまでには西のどこかのポイントへ行く予定で動いていました。






さて、このポパイ村には、ちゃんと駐車場がありました。もちろん無料。下記にリンクを貼っておきますが、2019年9月現在、開きません。リンクを変えた様子もないのですが、皆さんがアクセスした時には開けるかもしれませんので、クリックしてみて下さい。

http://www.popeyemalta.com/






車が一台も停まっていなかったし、中には入っていないのでやっていたのかどうかは良く分からないけど、きっとやっていたのだと思う。






こんな風に、

IMG_0397






駐車してから車を降りて

IMG_0399






崖のところまで行ってみたら、

IMG_0402






かわいい村が

IMG_0407






下に見えたのですが、

IMG_0408






ここについて良く読んでいなかったので、何だか知らなかった。まさか本当にポパイだとは思わなかった。ポパイの映画の撮影で使われたらしいです。






偶然にポパイという名前がつけられたただの町だと思って行きました。ほうれん草が売っているとかそういうものではなく、可愛らしい村が出てきた。

それでも帰国してこれを書くまで知らなかったので、見た目からして、子供の遊び場だと思った。私が行く場所ではないと思って入るのをやめていました。






あんまり興味がないので、知った今も行かなかったことを後悔していないけど・・・。






さて、ポパイ村に入りもせずに外から眺めただけだけど、ポパイ村は、やはりこのように外から眺めた方が綺麗です。実はビューポイントはこの少し先にあります。そちらに駐車場もあるので、写真を撮るならビューポイントにも行ってみて下さい。ここです。






では次に、ポパイ村を後にして、自分が気に入る海岸を探しに行こう。






そして、さっきの写真の約一時間後にこの場所の写真を撮っています。

IMG_0409






だけど、






全然どこだか分からない。






最初にも書いたけど、「走って走って」の旅でした。あんな小さな車で。

ポパイ村では降りたけれど、行った大多数の場所では降りもしなかった。






走りながら、それほどキレイだと思わなければ降りず、ちょっと良さそうとだと思ったら降りる。

でも、降りても写真を数枚撮って終わり。

という、一番私らしい運転旅だった。






何故か運転中に車の中を撮った写真があったので、手ブレしているけどアップします。ついているのは私の私物ナビです。






良く見えないので、ナビを拡大します。ぶれているから見にくいけど。

道が海へと続いているでしょ?見えてるといいのですが。

こうやって、ナビを見ながら、行き止まりになるまで行きました。目的地はセットせずに、ナビだけ見て走りました。






そして、行き止まったら降りてみて、海がきれいなら数枚パシャリ。






海岸線などがあるとずっと海沿いを走れるけれど、マルタでは、海岸線は30パーセントぐらいだったんじゃないかな。だから、海を見ながら優雅なドライブはずっと続いたわけではありませんでした。

その上、結構悪路だった。






つまり、ドライブはハードだった。信じられないだろうけど、これに比べれば、ヨルダンのが道路はまだ整備されてたと思う。






そして、もう1つナビのところを見て欲しいのですが、道路名が、「Driving on Road」になっている(見えませんね)。

つまり、無名の道だから道路名すら出なかった。そんなところばかりを走っていました。






さて、この写真はナビの写真と同じ時に撮ったものですが、あの分からない海の写真から再び1時間後です。






どこを走っていたか分からないけれど、もう喉が渇いて冷たいものも飲みたいし、一か八かカフェがありそうな崖へ行ってみることにして、迷ったあげくに選んだ道で丁度綺麗なカフェを見つけたのは覚えています。


そして、カフェへ到着。


次のページへ

2日目③「マルタおすすめカフェ、夕陽は曇り」
海の見える綺麗なカフェで冷たいものを飲みたいと思いながら目的地も設定せずに走っていたら、ここらへんに何かあるかなと思って(というか願って)行った突き当りに、待ってましたの駐車場。そしてその先にはカフェレストラン。2019年にはお店の名前が変



この旅行記を最初から読む

このマルタ共和国一人旅レンタカー運転ありは、
走って走って走って、運転から始まり運転で終わった。「どうしたらマルタなんて小さな国でそんなに走れるんだ?」という走行距離だったと思います。昔から、「マルタ共和国という国はどこだろう」と気になっていて、いつか行こうと思っていた国の一つだった。
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました