このマルタ島共和国一人旅レンタカー運転ありは、

走って走って走って、運転から始まり運転で終わった。

「どうしたらマルタなんて小さな国でそんなに走れるんだ?」という走行距離だったと思います。




昔から、「マルタ共和国という国はどこだろう」と気になっていて、いつか行こうと思っていた国の一つだった。そんな中、ライアンエアーが当時住んでいたロンドンからマルタへ就航していたので、マルタ行きを決めました。




シチリア島に寄ったほうがフライトが安かったのでシチリアにも寄ったけど(シチリア旅行記は別カテゴリです)、マルタからロンドンへ帰るのも45ユーロで、当時4,500円ほどでした。2か国へ行って合計7千円ぐらいだった。






「安かろう悪かろう」という表現はEU格安フライトについては当てはまらないと思うけど、旅行自体には当てはまるかも。

しょっぱなからレンタカー屋に腹が立った上に到着したホテルでもご立腹だったので、日本から十万円ぐらいかけ、しかも長距離フライトで行っていたならもっと怒っていたと思う。






でも、海は綺麗だった。






その綺麗な海の穴場を探そうと、ずっとずっと運転していました。典型的な私の運転旅になりました。疲れようが具合が悪かろうが、ひたすら運転していた。






ナビを見て突き当りかどうかを確認しながら、行けるなら突き当りまでひたすら走って海を見る。

気に入れば車を停めて、そうでもないなら素通り。

でも、気に入って降りても写真を撮ったらすぐに場所を移動。

だからずっと走りっぱなし。






運転が好きじゃないと辛いと思います。






私は、最初から最後まで首都に入ることなく、ただただ運転で終わりました。






どこだか分からず走っており、どこに行ったのかも殆ど覚えておらず、写真と薄い記憶だけで頑張って書きました。当時はマルタのグーグルストリートビューがまだできていなかったけど、2019年9月、ストリートビューができていたようなので、追記しました。




場所が分からないところもあると思うけど、レンタカー会社とどんな風にもめたか、ホテルでどんな風にもめたか、そして綺麗な海の写真でも見て下さい。長い間写真が横になっていたことを知らずにすいませんでした。修正しながらリニューアルします。


次のページへ


シチリア一人旅旅行記へ

-マルタ島一人旅レンタカー運転あり

© 2020 一人旅運転日記 by Junko