Sponsored Link

パプアニューギニアガイドブック

Sponsored Link

私が行った頃は、ガイドブックなるものはほぼありませんでした。

現在でもあまり変わりはないようで、地球の歩き方からも出ていますが、2009年11月発売のもののままです。しかも、もしかしてそれすら中古しか手に入らないかも。






私が使ったのは、日本語ガイドブック2冊とロンプラでした。

1冊目はこちら。2006年の12月に出たもので、まだ新版はないようですが、こちらも中古でしか買えないかも。カラー写真がいっぱい入っていて、見やすかったです。






でも、どちらかというと、もう一冊のこちらのほうが出番が多かったかな。「パプアニューギニアソロモン諸島トラベルガイド」。

DSC_0526

こちらのガイドブックは、新版が出たけど、やはり中古でしか購入できないみたいです。


新しいガイドブックが出ているだろうと思って定期的にチェックするのですが、出ていません。パプアにはダイビングスポットがあるので、それで検索してもあまり出てこないの。






これが数ページダイバーのためにパプアの一部を載せているみたいです。これはまだ中古になっておらず、在庫ありなので定価で買えるようです。






その他、こちらも古いですが、あの辺の島々全てということで、中古ならこちらも購入できそうです。






そして、 ソロモン諸島と合同ですが、英語でいいという人はロンプラ。英語が多少分かるのなら、英語のガイドブックも買うことをお勧めします。英語ですらちゃんとしたのはこの1冊しか見つけられなかったけど。






それにしても、やはりまだいつまでも「秘境の地」なのでしょうか。こんなにガイドブックの数が少ないなんて。






私はガイドブックに載っていた日本の現地ツアー会社に現地ツアーを申し込みました。もちろん日本発着のツアーも組めると思います。






情報が少ないまま行くのは大変だと思うけど、日本のツアー会社がありますから、そこに頼むなら言語は日本語で大丈夫です。高いと思うけど。多分、純粋な情報としては、ネットの旅行記やブログのほうが量が多いと思う。

それと、今回は英語のツアー会社は探した記憶もないですが、多分そちらのほうが安いと思います。円高時は特に。






私が使った日系の旅行会社です。

パプアニューギニアトラベルガイド
パプアニューギニアでのダイビング、サーフィン、自然観察、観光、慰霊ツアーの情報をはじめ、パプアニューギニアに関する様々な情報を発信しています。




英語のものでもそれほど数はなさそうですが、現地に支社があるらしいこの会社のサイトだけ貼っておきます。

PNG Tour Operator - PNG Tour Agency - PNG Tours
PNG Travel and Tours: Safe and Affordable PNG Safaris and Tour and Transport Services






さ、次は交通手段を。


次のページへ

パプアニューギニアへの行き方とビザ
まず、ビザについて。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});ビザは私が行った時も必要で、観光は今でもビザが必要なようです(2019年10月現在)。日本を出る前にビザを取得



この旅行記を最初から読む

このパプアニューギニア一人旅は、
私にとって、チベットに続いて2番目の「難しい国」。すごく疲れていて、旅行すらしたくないほどに疲れていた私は(特に仕事ね)、「先に航空券を買っちゃえば、どんなに行きたくなくたって、もったいないから行くでしょ」と思い、航空券を予約。そして、予想
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました