1日目①「パプアニューギニアの首都ポートモレスビーからゴロカへ」


ポートモレスビー着は、とっても早朝。


そのまま国内線に乗り継いでゴロカへ行って3泊し、その後ポートモレスビーへ戻って2泊の予定でした。PNGジャパンに事前に現地ツアーとホテルを頼んであったことをこの旅行記を書き始めた時に思い出した。

支払いは日本円でPNGの銀行口座に振り込んで出発前に済ませていたので、現地では現金はほとんど必要ない予定でした。多少は両替したけれど、そのほんの少しの両替も、銀行に行った記憶がないし(銀行があったかどうかもわからない)、PNGの現地店でお願いした気がします。






乗り換えの国内線もこのPNGジャパンを通して予約していたので、PNGの方が空港まで迎えに来てくれて、ホテルに連れて行ってくれました。待ち時間はそこで待機。






ホテルに泊まったわけではないけれど、朝食を頂けた。ビュッフェだった。

2007_05180001






フルーツもあったよ。食べなかったけど。

2007_05180002






ひたすらヒマだった。他にも乗り換え待ちらしき日本人客は数人いたけれど、一人旅は多分私だけだった。誰かと喋った記憶はあるけれど、何を話したか覚えていないな。






つまらないからプールを撮ったりして。

2007_05180003






20人ぐらいはいたかな。

2007_05180004






カメラマンの人がいたのだけは良く覚えています。パプアニューギニアのフォトコンテストがあると言っていた。毎年やっているのかな。






さて、眠るでもなく退屈な時間を過ごしていたら時間になったので、再び空港へ戻りました。




ホテルは空港の近くだったけれど、車送迎をしてくれた。だけど、空港近所ですら歩かせてもらえなかった。危ないって。今はもう少し自由じゃないかな。まだダメかな。






国内線の空港には、現地の人がたくさんいました。

2007_05180006






カラフルなお洋服。

2007_05180007






やっと時間になったようで、ゾロゾロと飛行機のほうへ移動。






あれに乗るらしい。

2007_05180008






思ったより大きかった。本当に数人しか乗れないレベルかと思っていた。

2007_05180009






国際線では寝ていたはずだけど、国内線では起きていた模様。






写真を撮っているし。

2007_05180011






ついに秘境の地へ行くのだと喜んでいたはずです。







山だらけでしょ。

2007_05180013






今もそうだと思うけど、山が多いパプアでは、陸路より空路が主な交通機関となります。山地でなければ車の移動は可能だっただろうけど、ゴロカは山な上、長距離なので車での移動は無理でした。







さて、フライト時間も覚えてないけど、国内線だから短かったはず。2時間弱ぐらいかな。






無事に到着。

2007_05180015






ゴロカ空港は、小さな小さな空港でした。今はもう少し大きいのだろうか。

2007_05180016






覚えてないけれど、ゴロカ空港からも送迎があったはずです。徒歩送迎だったかも。

そして、パプア一泊目のホテルへやっと到着。


次のページへ


< 前のページへ

-パプアニューギニア一人旅

© 2020 一人旅運転日記 by Junko