スポンサーリンク

6日目③「ケープタウンお勧めライブハウスのママアフリカ」

Sponsored Link

さて、別の場所へ行こうということになり、選んだのは、ママアフリカでした。HPはこちら。

Home | mamaafricarestaurant.co.za






ライブハウスというか、レストランバーのようなところ。中心部にあります。多分どのガイドブックにも載っているはず。






3人は車だったので、一緒に乗せて行ってもらいました(この数日後事故を起こして壊したそうです)。ママアフリカの近くに路駐したら、見張り番みたいな人たちがいて、いくらか小銭を渡さなくてはいけなかった(渡したのは帰りです)。






ママアフリカもいいカフェなので、大混雑だった。テーブル席はもうとれなくて、カウンターに4人で席を取りました。

声も聞こえないほど騒がしかったけど、隣の人とは何とか話せた。






ビールか何か飲んだかな。当時はまだお酒が飲めたし(ワイン、シャンペン、日本酒は昔からダメだった)。

食べ物は、ワニを注文したのを覚えています。生まれて初めてのワニは、「鶏のから揚げじゃん」というのが素直な感想だった。ワニだと言われなければ絶対分からないと思う。






だけど、ワニはどうでもいいくらいアフリカンミュージックで楽しみました。すごかった。






店内にはジャンベもたくさんあったし。

CIMG0944






ミュージックは、いきなり始まったの。マイクなしだよ。声量がすごいから、マイクは本当にいらないなと思った。

CIMG0941






何故かすごく木琴と合っていた。

CIMG0948






木琴とジャンベのハーモニーが最高だった。

CIMG0957






楽しくって、しばらく踊っていた。3時間ぐらいいたかな。アフリカンミュージックだったのだろうか。何だか分からないけど、めちゃくちゃ格好良かった。最高だった。






閉店だったのかもう疲れたからやめたのか、帰る頃にはもう結構遅い時間でした。






帰りは近いから徒歩で帰ると言ったら、3人が、危ないから送って行くと言ってくれました。刑事らとは大違い。男らしいね。






でも、4人で車まで戻り、見張り番君にお金を払おうとすると、違う見張り番君がやってきて、「俺のテリトリーだ」と始まった。

「何なのどっちなの」という私に、二人は私たちの目の前でちょっとした諍いを始め、私が割って入ったら、日本人グループの一人が少し私の前へ出ました。見張り番君が何故口論しているか分からなかったので、危ないかもしれないと思って、女性の私の前へさっと出てくれたのだと思います。






「まあ男らしい・・」とは思ったものの、かばってもらうシチュエーションではなかったので、男らしい彼に事情を説明しました。ところで、刑事らのお陰で腰抜け男に強烈な嫌悪感を持つようになったけど、今も日本男子の中にはこのような男らしい人たちがいるのだろうか。






さて、見張り番君たちをなだめ、「友達なんだから仲良くしなさい」ぐらいのことを言って、「お金を渡すからどっちがいくらとるかは後でやってちょうだい」ということで終わりにしました。

危なそうなら会話で分かるし、あの二人は誓ってそんな感じじゃなかったのです。むしろ、「何をそんなかわいいことでケンカしてるんだ・・」と思ったら友達になりたいぐらいだった。






ホテルへ帰ったのは、深夜0時を過ぎていたかな。汗をかいたからか、「もうカゼ大丈夫かな」と覚え書きに書いています。




翌日はいよいよ最終日。

テーブルマウンテンへ行って、ジャンベサークルへ参加の日です。



次のページへ

7日目①「南アフリカ博物館&プラネタリウムから相乗りタクシー」
今日は最後の日。やりたいことは全部やっておかなくちゃ。朝は、日本人グループからホテルに電話があるのを待っていました。携帯なら出かけられたけど、ホテルへの電話だったので、かかるまで待たなければならなかった。やはり、携帯はあったほうがいい。旅行



この旅行記を最初から読む

https://www.female-traveller.com/article/406643056.html

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました