WAIS(ウェクスラー知能検査)を受ける前の注意点と選び方



WAISとは、ウェクスラーの知能検査のことですが、アメリカではV(5)が使用されている中、日本ではまだIV(4)までしか出ていません。なのにその4ですらまだ普及率が低く、III(3)を使用している機関が大多数です。

私は3も4もどちらも受けており、何だったか分からないけど、他にも多分受けています。子供用の「WAISC」の検査経験はないはずだけど、この記事の内容としてはWAISCの場合でも同じだと思うので、お母様やお父様方にもお読み頂けるものだと思います。

※ 検査内容の詳細については別の記事で書きます。




どこで受けるか

検査機関の種類や地理的な違いと探し方、保険適用かどうか等に分けて考えます。



検査機関の種類と地理的違いと探し方

検査機関は病院である必要はなく、発達障害等の「診断」を受けたい場合は医療行為なので医師でなければダメですが、知能指数を知りたい又はその数字の証明書が欲しいだけなら、医療機関が発行した検査結果でなくても有効に使用できます。メンサ入会時も同様で、医療機関発行の証明書である必要はありません。

病院で検査を行った場合でも、検査自体を医師が行うとは限りません。人がいなければ別ですが、心理士でも検査ができますので、診断は医師で、実際の検査は心理士という場合が多いと思います。

病院でやる場合は、「心療内科」や「精神科」などになるので、そういった科がある総合病院か、そういった科の開業医のところへ行くことになります。

そうなると、病院の代表に電話をして、「WAISをやっていますか」と聞けばいいだけなので、探す時もそれほど困難ではないと思います。



では、病院でなければどこで受けるかというと、WAIS検査ができる人がいればそれでいいので、その人がいる場所ということになります。

なので、結構探しづらいかもしれません。



検査機関の数の問題ではなく、「名前」です。「〇〇院」とか「クリニック」などは医療機関でなければ使ってはいけない名称だけど、それ以外だと自由となるため、その検査機関名に規則性がないため、ネットでも検索しづらいです。

例えば、発達障害をサポートするボランティア団体等もWAISをやっていることがあり、そのような団体だと、「子供を守る会」だったり、「大人の学習の悩みを解決しよう」とか、はたまた、「レッツ エンジョイ ライフ」とか、全然WAISをやっていそうな名前ではない可能性が高いため、望む検索結果は得られないかと思います。



私は、検索の際は、通常は「WAIS 料金」で検索します。病院でなければ自費なので、料金は検査機関が自由に設定できます。なので、料金をきちんと出しているのが通常です。逆に、このやり方だと保険診療である病院はあまり検索にはひっかからないので、より希望に近い検索結果になると思います。

居住地を入れて「WAIS 料金 大阪」などとするとより近いものがヒットしますが、私は東京都民ですが、埼玉や神奈川などの近隣県でも検索しています。住所を絞って選択できるほど多くの検査機関があるわけではないので、地理的範囲は拡大したほうがいいと思います。



何事も都心部が有利なことが多いけど、東京都心部は医療機関は多いかもしれないけど、自費で知能検査をしている機関が多いかと聞かれると、少なくはないけれど、それほどでもないと思います。あまり需要もないだろうし。

それでも、関東や大阪、名古屋等は検査機関を見つけるのに有利だと思う。因みに、実際に物を使用しますので、リモートでは無理です。




保険か自費か

保険を使うと多分4000円あれば収まるのではないかと思います。

自費だと、ピンキリ。と言っても、最高で4万円ほどのところしか見たことはありません。見た中での最低額は約1万円でした。



「病院だと必ず保険適用」というのは間違いで、保険が適用されるのは、病気や疾病ですので、何の問題もなく「ただ知能指数が知りたいの」と言って行けば、やってくれるでしょうが、誤魔化してくれる場合でない限り、保険適用は断られると思います。

逆に言えば、おかしい振りをして受ければ、保険適用になります。ただ、その場合、張り切って「小学校の教科書が読めないと友達に言ったら知能検査をしろと言われた」等、何を言ったかによっては、そのおかしさの度合いによりMRI等の違う検査も必要と判断されて結局高くなる可能性もある上、本当におかしいと診断が下ってしまう可能性もあるので、ご注意を。



私の価値観で言うと、「2万円以上は高い」と思っているので、自費なら、2万円以下のところを選びます。

基準は、時給です。検査自体が約2時間。結果作成が、能力によっても3時間あればできるのではないかと思うので、5時間と推定します。2万円で5時間なら、時給4000円です。1万円なら、2000円です。時給が4000円を超える仕事って、殆どないですよね。

そういうわけで、よほど詳細な結果のレポートを作成するという場合でもない限り、2万円以上は許容できないかな。



そして、その「レポート」ですが、要するに「解説」のことで、知能指数という数字以外で、言葉にして問題点を書いてくれるようなものです。解説なしだと安くなるところもあります。

私は解説は不要なので、上記1万円という最低額は、「解説なし」のものです。また、病院で保険適用でも、解説については自費な可能性もありますので、事前に総額を確認したほうがいいと思います。





検査機関を選ぶ時の注意点(一番大事なところ)

検査者と、検査結果についてです。



所詮は人間がやるものだということ

検査者は医師でなくてもいいと書いたけど、心理士である必要もありません。心理系の博士課程修了者から医師まで様々です。私が受けたところのうちの一つでは、団体はWAISをやるにふさわしい部類の団体だったけど、結果に資格名が書いていなかった上にHPにも掲載されていないので、実際検査をしたのは何の資格もないただWAISの講習を受けただけの人だったかもしれません。

知能検査を使用する用途によっては資格名が大事になるので、有資格かどうかは確かめたほうがいいと思います。例えば、メンサへの入会には、検査者の資格を書くところがあります。もしもこれが心理士でない場合にどう受け入れられるのかは分かりませんが、何かで使用するつもりで知能検査を受けるなら、必要な資格を事前に確かめ下さい。


選んだ際、一番安心なのは「臨床心理士」か「公認心理士」だと思うけど、資格があったらそれでいいのかと言うと、やはり、所詮は人間がやることなので、確実に差が出ます。本来は計算方法が同じにならなくてはいけないけれど、人によって変わってしまうのです。



仕事柄と人生の都合上、心理士資格を持つ人に知能検査以外で何人かお会いしましたが、大人になってから何かしらの理由で心理士になる人が多いような印象でした。

学習等に困難さがあったとか、生きづらかったとか、そういったきっかけがあり、人生の岐路を変えて心理士の資格を取ったような感じです。つまり、ご自身が発達障害タイプというか、知能指数の誤差がありそうなタイプが多い気がしました。



実際に受けて困った相手としては、言語性知能指数が多少低く、処理速度も遅そうな検査者でした。言語性知能検査に「数唱」というのがあり、検査者が数字を言ってそれをこちらが繰り返すのですが、私は処理速度と数唱が高いため、この人の遅さについて行けず、数唱が低く出たことがあります(と言っても130以上ではありましたが、私にしたら低いです)。「私は、7時に起きました」を聞いているのと、「わーーーーーたーーーーーーーしーーーーーはーーーーしーーーーーちーーーーーじーーーにーーーー」を聞いているのでは、必要集中レベルが違います。

本来、数唱で数字を言う速度も決まっているらしいのですが、あの方は非常に遅く感じました。中くらいの問題で途中で集中力が切れ、その後難しくなったので「意図的に」集中して正解したけれど、回答者が頑張らないといけないような検査者では合わないので、自然にできないような相手ならやめたほうがいいです。

と言っても、検査が開始しないとどんな人かは分からないので、事前の選択は無理ですが。



上記検査者は、後半意図的に集中して正解したので、難しい問題のほうが解けるタイプの人だと私を解析しました。そうですねそうですねと言っておいたけど、私が順唱と逆唱を全問正解しないなど、ちょっと考えられない。この検査者は、その他、知能検査で数字が大事なのにも関わらず計算を間違え、後で間違いを告知されましたが、「全体数値に影響はしない」という言い訳付でした。数字を知るために知能検査をしているのにその数字を間違えるような人の言うことを誰が信用するのでしょうか。

その他、最初から障害があると言っているのに、手の震えを緊張しているとされ、自分の処理速度が遅く私の多い話について来ることができず、私を多弁と解析していました。他の心理士にはあそこまで処理速度が遅く、回転が遅い人はいなかったので、そのような解析はされていません。



そういうわけで、人に寄り結果に影響することは覚悟しておく必要があります。特に、その人に解析された解説が入るので、合わない相手からのものなら最初から解説はもらわずに数字の結果だけを受け取る方が精神的にストレスがなくていいと思います。



検査結果をもらえるのかどうか

これは驚きだったけど、結果の全部を教えない検査機関があるようです。

本人がショックを受けるといけないとか、知能指数が全てではないとか、そういう理由らしいですが、非常にバカらしい考え方です。



今時は癌でも告知が当然で、医療においても、「知る権利」が重視されています。自分の問題点が分からないようでは解決の糸口が掴めないのに、検査者が勝手に知能指数を隠すような真似をするのは、権利侵害です。しかも、自費で何万円も払っているのに、数字を書いた結果内訳の紙を出さずに口頭で全検査の数字だけ告げておしまいなんて、高額なお金だけ払わせて、それはないでしょう。

と言ってもあるらしいので、特にメンサ入会などで結果が必要な方は、必ず事前に問い合わせてください。自費で3万円でも結果なしかもしれないので、金額に惑わされないように。また、保険適用の場合でも病院によっては結果を出しませんので、医療機関でもご確認を。ただ、医療機関でメンサに入会したいから結果が欲しいなどと言うと断られるかもしれないので、「書面でないと覚えられないので」とか、「別の病院に転院した時に証明できるので」とか、違う言い方をしたほうがいいかもしれません。



全検査の数字だけ出されても困ると思います。理解するには内訳が大事です。全検査知能指数と、群指数全ての数字が記入されたものが作成されるかどうかは、必ず確かめた方がいいと思います。

そもそも、「10種類の項目の知能指数が分かる」のがWAISの特徴なわけだから、WAISに申し込んだのなら、その10種類の項目全ての数字を知る権利があります。検査機関が開示しないのはおかしいと思う。



以上、人により多少数字が異なることを覚悟で、結果内訳詳細が書面で作成されてそれを本人がもらえるかどうかは、必ず事前に確認して下さい。





WAISは3と4どちらがいいか

最後に、3と4では、結構違うと思います。3で高知能だった人が4で高知能となるとは限らないかなと思うほど違う部分もありました。

因みに、今主流なのが3なので3を受ける人が多いかもしれませんが、個人的には、4のほうが好きであり、楽でした。



詳細は別記事を書く時に説明しますが、WAISの3と4では、群指数で言うと3から4、知能指数換算で15から25ぐらいの差が出る可能性があるなと思いました。どちらも受けてみるのが一番いいかもしれません。




それと、最後になりましたが、「ワイス」と書いている人がいましたので一応ここで書いておきますが、「WAIS」は、「ウェイス」と発音します。



では、良い結果でありますように。



「知能指数」カテゴリトップへ

-知能指数

© 2021 一人旅運転日記 by Junko(メンサ会員)