チベットへ行くなら「行き方・高山病・準備・ガイドブック」

Sponsored Link

チベットへの入国はバスか飛行機のみですが(頑張って隣国から徒歩っていうのを除いて)、飛行機の場合日本からの直行便はありません。

中国からなら経由地はいくつかあると思うけど、私は一番楽だったので成都からを選びました。チベット入国に慣れた代理店も多かったし、成都経由を選択する人はたくさんいると思います。

ああそうだ、今は青蔵鉄道走ってますね。北京から行けるのかな?

私が行った時は、チベットへ行くならビザが必要とのことでした。上海とか青島とか、普通に中国本土を旅行するなら長期滞在以外ビザはいらないけれど、チベットは別で、「中国」ビザが要るとのことでした。

ビザなしでも見つからなければOKとか、実際のところちょっと曖昧でしたが、私はちゃんとビザ取って行きました。一か月以上前に決めた旅行だったので、ビザ取る時間は十分ありましたし。大使館にパスポート郵送して取ったと思う(旅行会社経由だったかも)。こんなやつです。
DSC_0171

 

 

さて、中国ビザあればいいんだ。ってな具合に簡単に行かないのがチベットでございます。

このビザとは別に、入境許可証がいります。

こちらは、ビザと違って旅行代理店に頼まなくてはいけないもので、チベット発着の飛行機の手配も個人ではできないので、通常は許可証と一緒に代理店で申し込むと思います。私もそうでした。

その上、私が行った時は、個人としてではなく、団体ツアー客ととして入境しなくてはいけませんでした。その旅行代理店でチベット行きを申し込んだ観光客みんなでラサへ入るのです。

今はどうなっているか知らないけれど、私が行った時はまだこの「みんなでラサ入り」は表面上のものであって、バックパッカーやら個人旅行者らは、入るのは一緒だけれど、ラサに着くとすぐ解散でした。

結局空港からは同じバスに乗るんだけど、その後はみんな勝手にホテル探しやら観光やらに出て移動してました。

そして、入ってしまえば帰国も自由。もうみんなで一緒に出国する必要はありませんでした。

と、これは空路での話です。到着が早いし、飛行機の窓からの見晴らしも最高なので空路は楽しいのですが、重大な欠点があります。

ラサの高度は、富士山と同じぐらい。飛行機で行くと、降りるといきなり3800メートルぐらいの場所だということになるのです。これは、高山病を避けたければ止めた方がいい行き方です。

もしもバスでカトマンズとかから入るのならば、ゆっくりと時間をかけて3800メートルの高度までたどり着くようになるので、体が少しずつ高さに慣れていくはずです。なので、いきなり「降り立ったら富士山」は避けることができます。当然高山病の確率も下がるのです。

とはいえ、高山病とは現地の人でもなり得るものなので、バスで行ったら絶対大丈夫ということでもないです。そして、飛行機で行ったら必ず高山病になるというものでもありません。

さてその高山病、一応予防薬もあるけれど、効くとは思えませんでした。日本では処方が必要なはずです。私も飲んだかもしれません。っていうか、飲んだと思います。

こんな大事なことはっきり覚えてなくて大変申し訳ないけれど、自分で買ってないので、成都のホステルでもらったんだと思います。「飲んだ」記憶も「処方された」記憶もないけれど、「副作用」の記憶がちょっとあるので、飲んでるはずです。

高山病でフラフラのまま寝ながら、「この薬、手足がちくちくするなぁ」と思った記憶です。これは、日本でダイアモックスと呼ばれる高山病の薬の副作用のうちの一つらしいので。

結局効かずにフラフラだったけれど、もしかしたら効いていて、だからこそあの程度で済んだという考え方もあります・・・。

私が100%自信を持って言える、「やりました!」という高山病対策は、ポカリスエットだけです。それ以外確かな記憶はなしです。

高山病には水分が大事だそうです。しかもチベットの乾燥は結構すごいので、日本からポカリスエットの粉を持って行ってました。大活躍でした。皆様もどうぞお持ち下さい。

薬も酸素も水も現地で購入できるかもしれませんが、ポカリスエットは日本のものです。日本から買って行かなければいけません(海外の日系や韓系スーパーに売ってることもありますが、当時のラサでは見かけませんでした)。

私がいつも買うのはこの1リットル5包入りです。

そしてポカリと同じぐらい大事なものに、日焼け止めがあります。高地だからか、日差しがすさまじいのです。日焼け止めを必ず持参して下さい。

現地でも手に入るかもしれませんが、探すの大変だと思います。普通、常夏の国へ行く人とかは日焼け止め忘れないだろうけど、チベットはそんなイメージじゃないから私は気にしておらず、首がひどい目にあって薬局に入って軟膏買いました。

最後に、私は結局ラサにしかいなかったけれど、ラサから他の都市に行く人もたくさんいます。私も行く予定だったけど、高山病で体力年齢が90歳ぐらいになっていたため、断念しました。

他の都市に行くなら、許可証は基本、「ラサ」のみというのが建前ですので(なくても行けると思うけど)、他にどこか行きたい人はその都市への許可証が要ります。

どちらにせよ、電車やレンタカーがあるわけでもないし、いくつかある代理店に頼んで許可証と一緒に又ツアーを頼んで行かなくては無理だと思います。

さて、ガイドブックを下記に。

恒例の地球の歩き方です。下記リンクは改訂版です(2016年6月現在最新版)。

地球の歩き方には、四川省も一緒に載っているので、一冊で済みました(最新版↑も同じかどうかは分かりません)。でも、私が立ち寄った広州は載っていないので、別のガイドブックが必要でしたけど。

続いて、もちろんロンリープラネットです。2016年6月現在最新版で、次号は2019年3月発売だそうです。

 

 

ロンプラも成都とかちょっとは載ってました。だけど、都市名が全然読めない(英語表記ではない)ものがあるため、発音できずに現地でちょっと困るかも。その点に関しては、日本語の地球の歩き方の方が良かったです。

さて、次は、成都で泊まったバックパッカーご用達の宿の口コミを。

2016年6月16日 チベットへの行き方で検索してこのページに来る方が多いのですが、日本のブログは、私のブログを含めて最新情報とは限りません。私は数か月に一度ざっとビザが必要かどうか確認していますが、この先も確認するとは限りません。下記は英語なのですが、チベットの入境許可証申請が閉まっている日等もアップデートしてくれているようなので、英語の分かる方はそちらを見てみて下さい。次ページのホステルも旅行手配してくれると思いますが、一応英語のものも2つ下記にリンクつけておきます。

申請受け付けてない日等頻繁に更新しているみたいです。このページがリンク切れてたら、ビザのページ探してみて下さい。
http://www.exploretibet.com/visa-permits/

違う会社ですが、同じく更新してくれています。リンク切れなら上と同様に探してみて下さい。
http://www.tibettravel.org/tibet-travel-permit/tibet-permits.html

チベット一人旅カテゴリの最初のページへ飛ぶ

 

 

 

 

Sponsored Link

チベットへ行くなら「行き方・高山病・準備・ガイドブック」」への2件のフィードバック

  1. チベットへ行くのは大変なんですね。何を勘違いしていたのか、私の中でチベットとモンゴルを混同して頭では大草原をイメージしていて、はて、高山病とは?と思ってしまいました。チベット、高山病とやっとチベット旅行を読む準備が整った感じです。ラサなんとなく響きがワクワクとさせてくれます。それにしてもラサは富士山山頂と同じ高度とはびっくりですね。うっかり何の基礎知識もなく行った日にはエライ目にあいそうです。またまとまって入国も大変そう。

  2. そうだったのですね!モンゴルとチベットはそう遠くもないですから大丈夫です(/・ω・)/お互い中国の隣と中ですしね。高山病になるかならないかは行ってみないと分かりませんので、不運な宝くじみたいなものですね。当選確率高いですが・・・。まとまってと言っても、大した人数ではないですので。次に写真アップしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。