1日目「成都到着日、望江楼公園へ」

Sponsored Link

 

中国南方航空にて、広州乗り換えで成都へ行って、それからチベット入りでした。

 

 

運悪く、私の場合は往復広州で一泊でした。成田発は朝だと南方の口コミに書いたけれど、今見たらコードシェアではない南方の便は15時発だった。ちょっと私の記憶とは違うけれど、私の間違いだったらすいません。

 

 

朝方に広州を出るので、空港で朝食でした。中国のお粥、大好き。
DSCF0125

 

 

そして、広州から成都へ。国内線なのでフライトは短いです。
DSCF0128

 

 

到着は昼頃で、ホステルへ行ったのは車だったけど、それがホステルの送迎者だったのかタクシーだったのか良く覚えていません。かなり高い確率でホステルからのお迎えの車だったはずだけど。

 

 

到着後は、チベット行きの手続きもあったし、しばらくホステルの旅行代理店で書類等を書いていた気がします。

そして、終わってからお出かけ。これは、泊まったホステルを出た右側の風景。ローカル感たっぷり。
DSCF0131

 

 

ちょっと近所を歩いて、
DSCF0133

 

 

タクシーでどこかへ。夕方までに帰りたかったので、あまり大きなところへは行きたくはなく、パンダも見ることなく、地元の地図を見て適当な公園へ行きました。

 

 

行った場所を覚えていなくて申し訳ないけど、川の近くで、のんびりしていて、現地の人がたくさん集まる場所でした。

竹がたくさんあったのが印象的。
DSCF0134

DSCF0135

 

 

昼食の残りがいつまでも残っていたりして。
DSCF0138

 

 

かけじくを、飾っているのか売っているのか・・・。誰も見張っていなくて大丈夫なのかと心配しつつ、
DSCF0140

 

 

ここでお水を買いたかったけど誰もいなくて買えなくて、
DSCF0141

 

 

仕方がなく又竹を見ながら、
DSCF0142

 

 

傷をつけてはいけませんよと思いながら歩いていたら、
DSCF0143

 

 

楽器を練習している人たちに遭遇しました。
DSCF0144

 

 

その音色に聞き惚れていたけれど、みんなが集中している間にこっそりと楽器を撮影(みんな気が付いていたけれど)。
DSCF0145

 

 

演奏から離れると、まあ何とかわいい竹の椅子かしら!と座りたくなった椅子を発見。麻雀用ね。
DSCF0147

 

 

こんな感じで。点数は分からないけど、一応麻雀のルールを知っている私は(今は忘れたけど)ジロジロと後ろから眺めていました。
DSCF0150

 

 

一生懸命麻雀族に話しかけてみたけれど、全然英語が通じず無視され、仕方がなくその場を去りました。

 

 

「あ、ボートだ。乗ろうかな」、と思ったけれど、どこから乗ってどこへ行くのか分からないのでやめました。
DSCF0152

 

 

そしたら綺麗な女の人に会ったので、ちょっと離れてズームで撮ってみたらしっかりカメラ目線をくれていた・・・。モデルさんかな?記念撮影かな。
DSCF0155

 

 

(どこだか分からないけど)、それじゃあさようならと外へ出て、
DSCF0158

 

 

タクシーでホステルへ戻りました。

 

 

ここのホステルのロビーにはバックパッカーが誰かしらいますので、話し相手には困りません。

私が戻った時も、オーストラリア人の男の子が一人でいて、話かけてきました。一緒にビールで雑談。彼は成都で英語教師をしていると言っていました。

その彼とホステルのレストランで働いていた男の子は友達らしく、その二人と一緒に夕食をとることにして、後で待ち合わせの約束をしました。

 

 

その後私は違う旅行者と話をしていて、おそらくその時出会った日系中国人の人が私に高山病の薬をくれたはずです。その人だけがチベットへ行くところではなく、帰ってきたところだったので。もう薬はいらなかっただろうから。

 

 

その他、ドイツ人の女性バックパッカーとも知り合いになり、彼女も一緒に食事に誘い、後に4人で四川料理を堪能しに行きました。

行先は徒歩圏内のローカルな中国レストランでした。

辛かった。チンジャオロースとか、日本では辛くないけど、四川のは辛かった。というか、ご飯と飲み物以外、みんな辛かった。
DSCF0160

 

 

4人でシェア。みんな上手にお箸を使っていました。
DSCF0161

 

 

会計は4人で割り勘だったけど、ドイツ人女性が「誘ってくれてありがとう」と私の分を払ってくれました。私は決してそんなつもりではなかったんだけど、何だかごちそうになってしまった。合計1600円ぐらいだったから、4人で割っても400円ぐらいなんだけど、そんな風に気を遣ってくれたことがすごく嬉しかったです。400円の数倍の価値をもって、今でも私の記憶に残っています。

 

 

もう外は暗くなっており、夜道を4人でホステルへ帰りました。

到着すると、中庭のあたりで、演奏をしていました。演奏会の日だったのかな。
DSCF0162

 

 

 

確か、11時過ぎぐらいまでみんなで飲んでました。今なら考えられない。

そして、部屋に戻ってシャワーを浴びていざベッドへ入ったら、何かがムズムズ。

どうやら、アリと一緒に寝ていたようです。

何匹かいたみたい。大きなアリだったよ。

ほとんど眠れなかった。

 

 

だけど、翌日ちゃんと4時前に起き、朝5時ぐらいに出発しました。

いよいよ、チベットへ。

 

 

追記:2016年2月
この公園が望江楼公園だとコメントを頂いていたので、あらためてタイトルに追加させて頂きました。

Sponsored Link

“1日目「成都到着日、望江楼公園へ」” への4件の返信

  1. 成都の大きな公園らしきところはゆるい雰囲気がいいですね。異国にやってきた感があります。平日ですかね。楽器を奏でたり麻雀をしたり、中国三千年の歴史といいますが、文化というのはゆるい雰囲気から生まれるものかも知れませんね。私も中国を学生時代旅行した時に、西安で途中下車をして兵馬俑へ行ったのですが、西安の街中では大の大人が平日の昼から麻雀をしている姿をみて驚きました。しかもランニングにサンダルみたいな格好で衝撃を受けるとともに旅っていいな。日本では絶対にお目にかかれない光景ですし、面白いなと思った記憶があります。それにしても社交的な性格が羨ましいです。旅での人との出会いはまさに醍醐味ですからね。豪華な食事で2千円足らずとは。。夕食時で中華が食べたくなりました。楽しいブログをありがとう!!!

  2. そういえば成都は他の中国の都市と違って、しつこい物売りとかがすごく少なかった気がします。観光客としてジロジロ見られることも少なかったような。のんびりしているのかもしれませんね。
    西安へ行かれたのですね。私も行ってみたいなと思っていました。北京でもマージャン族は裏路地で見かけました。のんびりしてていいですよね。
    社交的と言われると考えちゃいますけど、物怖じしない性格ではあると思います。今でこそレンタカーの旅が多いので出会いは全くと言っていいほどなくなってしまいましたから、何だか懐かしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。