成都お勧めホテルと「Hello Chengdu International Youth Hostel」口コミ

Hello Chengdu International Youth Hostel

私が成都で泊まったユースホステルは、私が泊まった時は「Sim's Cozy」という名前でした。その後、「Hello Chengdu International Youth Hostel 」に変わったみたいだけど、今でもあるのかどうか確かめられません。

予約サイトでこの名前のホステルを見つけられるかもしれないけど、予約可能かどうか分からないので、支払前に確認したほうがいいと思う。






当時は、日本人の方が経営している、日本語・英語・中国語対応のゲストハウスでした。今は英語と中国語しか通じないと思う。

事前に日本語で日本からメールでやりとりをして、ラサへの入境許可証とフライトをお願いして、シャワーつきの部屋も予約しておきました。






ここはドミトリーが主だったけど、個人部屋もあり、レストランもありました。今も開業しているのなら、旅行代理店がゲストハウス内にあると思います。




ラサへ入る前日とラサから戻ってからの2泊をここで過ごしたけれど、ドミトリーは好きではないので、2泊とも個人部屋にして、1泊3000円ぐらいだったかな。

値段が値段なので贅沢は言えないけれど、国際色豊かな客層だったし、みんなチベットへ行く人たちばかりだったし、結構楽しかったです。当時は日本人も多かったし、日本語しか話さない人も安心して行けた場所だったと思う。






ホステルは結構広かったです。以下は当時の写真です。


入るとすぐ中庭で、

DSCF0427






この右にあるのが旅行代理店。

DSCF0428






レストランバーはこんな感じで、

DSCF0425
DSCF0159






全体的に竹がいっぱい使われていて、 このような路地を抜けて部屋へ行くようになっていた。

DSCF0130






肝心の部屋の写真がないけど。すいません。でも、改装されたはずなので、写真があってもあまり参考にならなかったと思う。






成都へ行く目的がチベット行きなら、ホテル云々よりも、チベット旅行手配に慣れたところに宿泊する方がいいと思ってここを選びました。

今はもっと厳しくなっているし、完全ツアーじゃないとチベットへ入れないのなら日本からのツアーを組んでしまう人が多いと思うけど、成都や香港までは自分で行ってそこからのツアーを日系・中国系のツアー会社に手配してもらうという読者もいるかもしれないので、成都を観光してからチベットに入る方々のために、他の成都のホテルもピックアップしておきます。





成都お勧めホテル

まず、本来ドミトリーはこのサイトではあまり紹介しないのですが、チベット旅行記なので、多くの旅行者と出会えるように、とても綺麗で国際色豊かそうなところだけ選びました。



こちら、「Chengdu Desti Youth Park Hostel 」。場所はかなり良く、しかも綺麗であり、その上1000円しないぐらいで安いです。



2つ目は、「シィシゥ ガーデン イン(Xishu Garden Inn) 」。ドミもあるけど、個室もあります。ドミは1000円しないぐらいだけど、個室でも2000円ぐらいです。新しさは上のホステルに劣るけど、充分綺麗。



3つ目は、「Chengdu Flipflop Hostel Poshpacker (Chunxi Road Metro Station)」で、上の2つより少し高いかなという感じ。でも、場所が良くてエレガントな感じ。






続いては、それなりに高級なホテル。

1つ目は、「The Hidden House (Chengdu Chunxi Branch) 」で、高級とは言っても、中国だから1万円しないぐらいで泊まれます。すごく綺麗で、中国人に人気なのだから、本当にいいホテルだと思う。部屋が独特。



高級2つ目は、上のホテルより少し高い「Chengdu Harbor Vacation Apartment - Ocean Taikoo Li Branch」。すごく近代的な部屋からの景色がすごい。とてもミスマッチだけど、「見下ろすと中国」みたいな感じで面白いです。



3つ目のこちらも「見下ろすと中国」な「ニッコロ チェンドゥー(Niccolo Chengdu)」。ここが3つのうち一番高いです。2万円を超えます。中国で2万円を超えたらものすごく高いと思う。でも、5つ星がいい方はこちらへ。






一時期は地震で大騒ぎだったけど、中心部はどんどん栄えて行って、いいホテルもたくさんあるようです。中国では5000円出せば十分いいホテルに泊まれるはずだし、行きたいところや「繁華街が近いかどうか」で判断するといいと思います。マップを貼っておきます。

Booking.com


次のページへ


< 前のページへ


最初から読む

-チベット一人旅(成都含)

© 2021 一人旅運転日記 by Junko(メンサ会員)