この一人旅を振り返って(グリーンランド編)

Sponsored Link

グリーンランドは、世界一大きな島です。

でも私が行ったのは、西にあるイルリサットのみ。

東側なら、アイスランドから日帰りできます。それもやれば良かったかな。

でも、イルリサットだけでも、十分氷河は楽しめました。アイスランドでも氷河は見られますが、やはりスケールが違うらしいですね。

しかし、アイスランドとは違って、「もう一度行きたい」とはまだ思えていません。

理由は、まず、何件もあるとはいえ、ホテルの数の少なさ。

そして、飛行機の経路の悪さ。

それから、何よりも大事なことに、料金が高すぎて、生涯で何度も行ける場所ではありません。

チベットもそうだったけど、「感動した国に又行きたいと思うとは限らない」のです。

チベットの場合は、理由は単純に高山病です。けれど、素晴らしい旅でした。

そしてグリーンランドも、素晴らしい旅でした。

ツアーは好まない私だけど、珍しく成功したツアーでした。

でもこの旅で一番気になるのは、やはり氷河溶解。

私は「歩く災い人」で、行った国や行こうと思った国に災難が起きることが多いんだけど、グリーンランドの被害が一番大きかったかも。

私が行った一か月後、グリーンランド地表の氷が、95%だったか97%だったか、溶けてしまったのです。

そしてこの異常な現象は、過去200年振りだそうでした。

200年も起きなかったことが、私が行った後に起きてしまいました。

すでに氷が大分減っていたのが写真で見てとれると思いますが、その辛うじて残っていた氷ですら、もうないかもしれないと思うと悲しくなります。

また冬がやってきて、少しは戻ってるといいのですが。

でも二度とない氷の姿を見られて本当に良かった。

この旅で初めて北極へ行き、初めて氷河を見て、氷河クルーズをしました。初めてセスナにも乗って、初めて白夜の中眠り(アイスランドではちょっと陽が沈みますので)、生臭い魚も食べたけど、初めてトナカイも食べました。

こんな旅は、忘れられない。

大好きな車はなかったけど、犬ゾリもしなかったけど、ヘリコプターツアーも参加しなかったけど、氷河トレッキングも行ってないし、オーロラもグリーンランドからは見ていないけど、満足なのです。

グリーンランドは、そんな、「ほんの少し」滞在しただけでも満足できる場所でした。

是非多くの方に訪れて欲しいです。

そしてもう1つ、ブログを書いているうちに又気が付いてしまいました。

最初の記事にも書いたけど、ツアー会社からの請求が見つからなかったので、料金が分かりませんでした。

一度は違うカードで払ったんだろうなと思ったけれど、どう思い返してみてもおかしい。

ツアー申込の際、合計金額をカードで支払ったけど、うまくいかず、4,5回決済しました。セスナだけでも確か5万円近かったツアー料金を、何度もオーソライズしようとしたのです。

最後になってやっと支払が終了したけど、(イギリスに)帰国してからカードの限度額が低いことに気が付いてカード会社に電話したら、同じところから5回ほど売り上げが上がっていて限度額が下がってますと言われました。

すぐにグリーンランドに電話して、違う人でしたが、カード請求が複数回きてるので止めてくれと頼みました。

ツアー申し込んだ相手ではなかったので、意味分かったかしらと不安になりましたが、次の日電話したらまたその人が出て、(担当の)彼女から全てキャンセルしたから大丈夫だと伝えてくれと言われてますと言われました。対応早く感動。

担当の人とツアー申込の際に話したとき、イタリアのホテルでカードの番号を控えられて不正請求されたという話をしてたので、特に敏感になってくれたのかもしれません。

だけど、本当に「全て」キャンセルしてしまったのかも。

不正請求には1日かけずと気が付く私ですが、自分にプラスになる無請求には全く気が付かないみたいです。

なんかちょっと残高多いかなと思ったのは良く覚えてますが、それが何が分かりませんでした。

でもでも、私の勘違いで、実はちゃんと支払してますように。

あんなすばらしいツアーが無料だなんて・・・。

しかしブログってホント、書いてみるもんですね。なんて言ってる場合じゃないか・・・。

以上、アイスランドとはあまりに異なるので、一緒に行きましたが、別枠で感想を書いてみました。

この先もっと氷が解けたなら、この旅行の価値は何倍にも上がって行くと思います。

あまりに遠く、ためらっているなら是非ご検討を。

氷が融ける前に!

アイスランド白夜編最初のページへ

Sponsored Link