5日目⑤そして帰国「暗闇とは恐ろしい」

Sponsored Link

日暮れをのんきに考えていました。

死海さへ諦めれば、後はアンマンへ帰るだけ。

反して走ってきたナビに従えば、きっとすぐアンマンへ帰れる。

宿泊先は1日目と同じホテルだから、暗くても入口を見ればわかるはず。

お昼はスナック菓子で終わったし、夜は小奇麗なレストランでも入ってちょっと高そうなヨルダン料理食べよう。

実は私、まだ一度もヨルダン料理を食べていませんでした。友達と結婚式の前日に食べたのはヨルダン料理ではなく西洋料理っぽかったし、結婚式でもフランス料理みたいなのが出たし。

昨日の夜はマックだし。一度ぐらいはヨルダン料理を・・・。

と思いながら、住宅街だからスピード落として進み、15号線へ向かいました。

だけど、日がどっぷり暮れても、15号線に着く様子もない。

距離が全くつかめなかった記憶があるので、もしかしたらナビは拡大表示できなかったのかもしれません(最初にもめたのはそれだったのかな)。

2、3キロぐらいで国道へ入れると思っていたので、焦りました。

日が暮れるということは、太陽の明かりがないということで、当然どこかに電灯があると思っていました。

が、そんなものはないです。

もう、ただ真っ暗。

 

 

まっくら・・・・

 

 

マックラ・・・・・

 

 

もちろん車のライトはついています。

でも、あんなもの数メートル先しか照らしてくれません。

ハイライトにしてみても、あれほど何もない真っ暗闇では、大した違いがありません。物があればライトに当たって距離感がつかめるだろうけど、ここは砂漠。住宅街からもはずれていたし。

夜暗くなれば子供がいないので危なくなくていいけれど、こうなると子供がいた時間が恋しい。

山奥を想像してくれると一番いいのではないでしょうか。東京に住んでる人にとっては恐ろしく暗い光景です。どこに住んでても同じか。

もうただただ手に汗握る暗闇との闘い。

何が怖いって、暗くて一人ぼっちで怖いとかそういうことじゃなくて、まず、数メートル先しか見えないので、人が出てきたら間違いなく轢いてしまうということが怖いのです。

でも早くそこから抜けたいから、40キロぐらい出しています。40キロでも急に人が出てきたらブレーキは間に合わず、轢いてしまうはず。そのスピードじゃ死ぬ確率は少ないけれど、致命的傷を負わせる可能性はあるし。

じゃあスピード落とせと思うかもしれないけれど、そんなことしたらこの暗闇から抜けるのにもっと時間がかかります。

そして、二つ目に怖かったことは、人を轢かなかったとしても、自分が崖から落ちてしまったりするかもしれないということ。

ガードレールなど全然ありません。もしも走っている場所に高低差があると、急カーブで見えなくてそこからヒョロヒョロ~と車ごと落ちてしまうかもしれません。

もちろん細心の注意を払って運転しています。でも、運転の腕も大事だろうけど、もはや多大に「目」の問題でもある状況。

眼鏡はかけてたけど、それでも足りない。視力2.0ぐらいあったなら不安は減ったでしょうが・・・。

そして私はそんな暗闇を2時間ぐらい走り、ちっとも見えない国道にだんだん不安になってきました。

助かったのは、どんなに暗かろうがGPSはちゃんと働いていて、私の居場所を出してくれていたこと。

遠回りさせられた気がしてしょうがないけど(従わなかった仕返しかな)。

そして更に焦ってくることに、ガソリンがなくなってきます。あと2ブロックです。

リッター結構走ったので、2ブロックでもすぐ国道に出ることができれば十分なガソリンの量なんだけど、15号線なんて見えやしない。

もちろん一般道にガソリンスタンドなんてない。店一件見当たらないんだから。明かり一つないし。

ただ、舗装された道だけを通ってたので助かりましたけど。

でも、ガソリン入れたい。

そこでピカピカ何か光ってるものが見えました。

何と、ガードレールでした。

ガードレールに、ライトを反射してピカピカ光らせるものを入れて危険防止しているみたいなんだけど、電灯が欲しい・・・・。

ガードレールがあったのはどうやらカーブだったからみたいで、まあないよりマシなんだけど、あんな短距離だけついててもな。

でもガードレールを過ぎてしばらくすると、高い位置に前を横切る光る線が。

 

 

15号線やっと登場!

 

 

あ~命拾いした。

と思って直進しますが、距離が縮まらない。

全然縮まらない。

まだまだ縮まらない。

何もないところに明かりだったので、かなり遠かったけど光が見えただけでした。

決してすぐそこなわけではなかった・・・。

一生距離が縮まらなかったらどうしようかと冷や汗。

ガソリン気になるし。

ここでガス欠になったら・・・。

こんな暗闇で車が止まって一人でトイレもなければ飲み物もない、既にガソリン節約のためにクーラーは消して外気にして走っているし。

ひからびるじゃないか・・・。

こんな場所にいたら、たとえ車内でも危なそう。

山賊に襲われるかもしれないけど、だいたいお化けが出そうだし。

 

 

ひええええええええええぇえぇえ

 

 

こんな旅行しているくせに、結局のところお化けが一番怖かったらしいく、急に60キロぐらいにスピードアップして15号線へ急ぎました。

そして15号線へ乗った時の私の安心感ときたら・・・。

ところが、残念ながら今度は高速(国道)、最高速度が何キロだか知らないけれど、ものすごい飛ばしているヨルダン人。

私のリミットは、130キロ。これ以上はどこの国でもどんな車でも絶対に出さないことにしています。

日本は高速100キロだけど、これって遅い方なので、海外では130キロでもあおられたりします。

そんな私をビュンビュン抜いていくヨルダン人。もちろんつられたりはしませんが、130キロをあれだけすぐに追い越すのだから、150キロぐらい出てるんでしょうねぇ。

でもこちらはまだ暗闇と闘っている最中で、スピードに気を取られている場合ではありません。

電灯はあるんだけど、ボチボチなのです。

130キロで走っている車に十分な明かりを供給する電灯の間隔がどのぐらいかは分からないけれど、数が少なくて明かりが足りないのです。

一般道の数メートルまでは短くないけれど、20メートルぐらい先までしか見えてない感じでした。

これは、スピードが速いことを考えれば、一般道の時よりずっとリスクが高く、人が出てきたら確実に轢き殺してしまいます。

高速に歩行者はいないだろうけど、日本のような有料高速と違うので、誰でも入ろうと思えば入ってこれます。確率低いですけどね。

でも、前の車が急ブレーキを踏んだら、私は間違いなく後ろから追突します。

130キロのスピードなら、20メートル車間では足りないですよね。そして私は即死。

だから再びハンドルしっかり握り、シートによりかかることなく体を前に出しての運転です。

これも怖かったなぁ。又見えない道路走るとは思わなかったから、もう疲れちゃって。

しかも、スタンドない。

しばらく行くとあったけれど、反対車線。Uターンして戻ろうかと悩んだけど、そのうちあるだろうと思って進みました。

でもその次も、次の次も反対車線。

結局私はアンマン国際空港付近の、電灯の本数も多くなったあたりになるまでガソリン入れずに行ってしまった。

ガソリンもってよかった。クーラー消してましたけど。一応タコメーターも気にしてましたけど。

ここのスタンド、カード使えなかったら涙だったけど、無事使えてジュースも一緒に購入。

やっとジュース!

やっとトイレ!

何時だったのかな。

もうそのコンビニは床掃除始めてました。

そしてそのスタンドからホテルまではそう遠くなく、すぐに着きました。

でももう、ご飯を食べる時間でもなければ、食べる気力もなく、体力も尽き果て、ただただシャワー浴びたかった。

夜中のフライトだったので遅くにチェックインした1泊目よりほんのちょっと早いだけの時間に再びチェックイン。

私の晩御飯は、「赤いきつね」。

私は大抵旅行にカップ麺持参で行きます。

こういうことになるから・・・。

シャワーを浴びて、クーラーきいたお部屋でやっと休めます。

次の日のフライトは11時50分発。8時半にはレンタカー返したいし。

無事寝坊することなく起きたけど、空港も近くて迷わなかったけど、空港でどこに車を返したらいいのか今一良く分かりません。

適当に路駐して、中へ入ってみたら、返すのはここでいいとのこと。車をチェックして、無傷な確認をとり、無事返却終了。

空港でお土産見ながら無事ロイヤルヨルダン空港でロンドンへ帰りました。

帰ってからヨルダンの友達になぜ運転中に飲み物を飲んではいけないのかと聞いてみたら、そんなことないよと言われました。

そしてやっと気が付きました。私が読んだブログを書いていた人は、おそらく英語が分からなかったのです。

Don’t drink という標識か何かを見て、ドリンクを飲み物全部を飲む行為と訳したのでしょう。ドリンクは動詞で、その後に飲み物の名詞がなくドリンクだけなら、通常はお酒のことを意味します。

I do not drink coffeeはコーヒーは飲みませんということだけど、I do not drinkと言ったら、通常は私はお酒を飲みませんという意味です。

昔々、イギリスに住むずっと前のこと、やはり誰かが運転中には飲み物を飲めないと旅行記に書いていました。何の話かと不思議になった記憶がありますが、今回もその話と同じことでした。

謎が解けて良かったけれど、どうしてヨルダン男子が既婚かどうか聞いてくるのかは彼女も知りませんでした。そんな話初めて聞いたと言っていたので、今でも不明です。

さて、私の短く長いヨルダン旅行は、こうして終わりましたが、次にお土産の記事を。

Sponsored Link