Sponsored Link

5日目④「死海は無理」

Sponsored Link

ペトラを出て死海へ行って夕陽でも撮ろう




そんな単純な発想だった。






泳いで水が目にでも入れば死ぬほど痛いし(塩分高すぎ)、大体、泳げないし。見るだけでいいんだ。






何故かグーグルでルートが出ないけど、ペトラから65号線を通って行きたかった。アンマンから南下した時は15号線をひたすらまっすぐだったので、帰りは違う道にしたかったし、死海には65号線の方が近いから。






ナビは、「死海(Dead Sea)」でセットしました。アトラクションで設定したのだったかな。死海のどこだか分からなかったけれど、あっちのほうへ行ったら標識が出てくるだろうから、死海のどのあたりでも良かった。




ただ、ナビは、「15号線に戻るルート」で出してきたのです。ところが私は、それを無視して65号線の方へ向かいました。勝手に軌道修正をしてくれると思っていた。




左の方へ行けば65号線で、地図を見てもらえば分かると思うけれど、間違うはずがないのです。西へ向かえば65号線へ乗れるはずだった。




65号線までの道は国道ではないし、一般道で街並みを見ながら走れて楽しいはず。私はそういうドライブも大好きだし、ナビが逆を示す中、完全に無視して出発しました。






4時前だったと思う。




走れど走れど田舎町。


楽しいけれど、人が見る。






車を運転中の人ではなく、街の人です。

通り過ぎる私をじっと見ます。






65号線に向かって走ってはいるのだけれど、うまくいかない。カーブが多く、余計に走行距離が増えていく。

でも、楽しいからいいや。






こんな田舎町に外国人が来るのは珍しいのでしょう。しかも、スカーフもつけていない女性。そして、一人。






ところが、大人はジロジロ見るだけで済んだのだけれど、子供はそうはいかなかった。




学校を終わって遊んでいる時間に当たってしまったのだろうけれど、集団で子供が遊んでいました。




そして、どれほど視力がいいのかしらと思うほど遠くから私を見つけ、私がそこに車で辿りつく頃にはもう道をほぼふさいでしまって、キャーキャー言っていた。






日本人だと分かったのではなく、多分、ただ外国人だから騒いでいたのだと思う。もう、ニッコニコして出てきた。






そして、あろうことか、ボンネットをバンバン叩くのです。




喜んじゃって、キャッキャキャッキャ。




焦ったのは、運転手の私。




危ないから車から離れなさいとジェスチャーするけれど、完全無視です。






窓を開けたら多分腕とかを入れてくるので、もっと危ない。車を完全に停止してしまったら完璧に包囲されてしまうので、ものすごくスローで進みながら、危ないから離れて頂戴とジェスチャーしながら進んで行った。






だけど、なかなか効き目がないので、最後に取った手段は、「バイバイ」でした。子供はバイバイが好きなので、バイバイと車の中から大きくみんなに手を振りました。




すると、つられてみんなバイバイしてくれるので、ボンネットから手が離れます。

そして、もっとずっとバイバイしていると、去って行くのだなと分かるので、ちょっとずつ車から離れてニコニコしながらバイバイしてくれる。






「助かった・・・」






と思いながら進むけど、又遭遇します。






子供が人懐っこいのは良くあることだけれど、ヨルダンの子供には参ってしまった。こっちは車だから、危ない。






だけど、今思えば、降りてしまえばよかった。この際降りてしまって、陽が暮れるまで一緒に遊べばよかった。

65号線に出ようと延々とドライブしているぐらいだったら、ドライブは好きだし楽しいけれど、それでもあの子たちと騒いでいたほうがずっと楽しくていい思い出にもなったはず。




「轢いちゃうかも」と怯えているぐらいなら、残された数時間、一緒にいれば良かった。




通学路か何かを通る度に子供が集まり、冷や冷やしながらすり抜けたけれど、いつまでたっても65号線には辿り着かない。でも、来た道を戻れば又同じ子供たちに遭遇し、ボンネットバンバンが始まるかもしれない。

だから、別の道を行ったほうがいい。きっともうすぐ65号線だから、もう少し走ろう。






ナビは間違っていたわけではなく、ちゃんと車と一緒に進み、現在地を出してくれてはいました。

ようするに、舗装はされているけれど、高速でもない道、住宅街を走るのは想像より時間がかかって、65号線に着くまでには数時間かかるようでした。ナビが65号線を行くルートを出してくれていたのなら別だけど、私が言うことを聞かなかったからめちゃくちゃになってしまった。






そして、もう諦めることにした。






もう、陽が暮れるし。






そう思って車を停めて降りました。

IMG_4826
IMG_4827






もちろん私はここがどこだか分からない。






もう死海は明らかに無理。諦めよう。月が出ているし。

IMG_4829






無事にアンマンまで帰れたらいいや。






そしてこれが、私のヨルダン最後の写真。

IMG_4830






この後は、おそらくナビに従ったと思います。

どうしても15号線に出ようとするナビに。






そしてさらに数時間走るのです・・・。



次のページへ

5日目⑤そして帰国「暗闇とは恐ろしい」
陽暮れというものを、のんきに考えていた。「死海さへ諦めれば、後はアンマンへ帰るだけ。反して走ってきたナビに従えば、きっとすぐアンマンへ帰れる。宿泊先は1日目と同じホテルだから、暗くても入口を見ればわかるはず。お昼はスナック菓子で終わったし、


この旅行記を最初から読む

このヨルダン一人レンタカー運転旅は、
残念ながら、完全なる一人旅ではありません。私にはヨルダン人の友達がおりまして、その二人が結婚するというので、結婚式に招かれました。従って、まず最初から一人旅へ「行く場所の選択の自由」がありませんでした。でも、ずっと行ってみたかったし、行くの
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました