一人ご飯で今日もコロナで自炊で何食べてるの(過去編2021年)

2022年より記事にするようになりましたが、それまでの分を写真と主菜の名前をアップします。スマホが古いので写真がダメダメですが。

現在の記事はこちらです。

一人ごはんで今日もコロナで自炊で何食べてるの(2022年現在編)




2021年

生きた父親の臓器を勝手に切る医者と民間人を虐待して喜ぶ警察官と専門用語も分からず証拠もろくに見ずに在宅勤務で仕事をさぼる検事のお陰で触るとあばらが分かるほど痩せた後、母上が入院しその病院でコロナクラスターで生きた心地もせず、11月に母上が転院したけれど、結局2月に亡くなってしまった。

そんなわけで食事もちゃんとしていない生活が続いたけれど、3月からの職場が在宅ではなかったため外食が増え、一気に太った。女優さながらの体重人生。見た目は変わらないけど、当時の写真はプロフィールを参照のこと。現在在宅なので貴重な写真集となっています。



5月、IKEAでコケモモソースを買ってきたため、少しやる気になった。

5月30日 「豚肉のコケモモソース」。サラダは玉ねぎに代わっている。きゅうりの梅シラスが箸休め。お皿もIKEAの78円の皿に変更。



6月6日 去年とは変わって高カロリーを食べている。「麻婆茄子」とレンコンのきんぴらかな。



6月13日 「鮭のバター醤油」とピーマンきんぴら。



6月14日 「はまぐりの醤油豆腐ソース」かな。名づけるなれば。。残ったピーマンきんぴらと梅シラスかな。



6月15日 さっぱりしたかったらしい「ズッキーニのノリ明太」。めかぶしらすをまだ食べている。シラスを食べるようにしている。



6月16日 「さつま揚げとマイタケのバター焼き」と梅きゅうり。熱を落とすのにきゅうりも食べようとしていた。



6月末、静岡へ行った。帰りに下道を通って道の駅によってできそこないかも的なほど大きなキュウリを買ってきた。そしてそれをどうしようかと思ったけど、きゅうりだけで食べる事にした。



6月24日ランチ きゅうり1本をレッドオニオンと一緒にサラダに。たんぱく質がなさすぎなので、鶏肉も炒めた。

できそこないに見えたきゅうりは、ものすごくおいしかった。新鮮なものはおいしいのね。東京のスーパーじゃダメなんだよ。



6月25日ランチ  今日も1本。美しく並べてみた。真ん中には、無限ピーマン。

又してもおいしくて一本さらっと食べ終わった。



6月25日ディナー  「太刀魚のレモンバター」と残った無限ピーマンとつけてみた残ったキュウリ。

太刀魚とは、なんと脂っぽい魚か。二度と食べない。きゅうりはやはりこの大きさでは漬物だと辛かった。サラダがいいや。



6月26日 ランチ  「豆腐シラスサラダ」とコーンスープ。温かいものが欲しかったので。これできゅうりは終わりかな。



6月26日 カブ消費。株のとろろ昆布に、カブの茎とひき肉とじゃこを炒めて丼的に。





ここからスマホを変更したと思ったらまだだった。



7月5日 白菜消費を頑張り出した。「白菜と豚肉のピリ辛炒め」かな。いんげんが副菜で、高野豆腐とシイタケの煮物も見えるな。



7月6日 続く白菜消費。「白菜と竹輪の梅炒めゆかりがけ」と、ひじきの煮物と、残ったいんげんん胡麻和えと高野豆腐とシイタケかな。



7月7日 まだある白菜消費。「豚肉と白菜のしゃぶしゃぶ」に、ひじきの余りときゅうりの酢の物かな。ワカサギもおまけで。



7月8日 疲れてきた白菜消費。「エビと白菜のコケモモソース」。ひじきの色合いが全く合っていない。わかめの酢の物も作り過ぎた。



7月9日 白菜を一度諦めた。でもまだあるわかめ酢の物。「アスパラと鶏むね肉の色からして醤油で炒めたであろうもの」。



7月10日 「豆腐ステーキのガーリックニラ乗せ」。副菜がないから、あまり食欲はなかったと思われる。



7月11日 「パプリカたちと最後の白菜を昆布の佃煮炒め」。これでやっと白菜なくなったと思う。



7月13日  「たまに食べたくなるマーボナス」。アスパラとえのきのお浸しつき。



さて、ここからが本当にスマホ変更後で、カメラが良くなった。



7月18日ランチ  「東京のきゅうりでやってみたサラダ」。全然違うと思った・・・。



7月18日ディナー 「ズッキーニとベーコンのガーリック炒め」と、もやしナムルに、たこきゅうにんにく塩麴だと思う。



7月19日 「フライドオニオンを買ってみたのでそれとシラスのサラダにした」。なんかこれ、ディナーらしい。食欲なかったかな。



7月20日 「目鯛のアンチョビソースとナス」と、残ったナムルと残飯処理の豆腐かな。



7月21日 「大根と鶏ひき肉の鶏ガラ炒めフライドオニオンがけ」と、あさりの酒蒸し。



7月26日 「鶏モモ肉のスーラーチリ」と、カブの卵綴じ。この写真はここで初掲載。他にも数枚ここだけでアップしているけど、どれだか忘れちゃった。



7月27日 「ピーマンとウィンナーとフライドオニオンのケチャップ炒め」と、油揚げと昆布の煮物かな。オニオンを色々使ってみていた。ケチャップにも合うよ。



8月1日ランチ これはここで初UPじゃないかな。残っていたご飯が少なかったので具を色々入れて増やした「彩りチャーハン」。お味噌汁はインスタント。

卵、緑と赤ピーマン、ハムにフライドオニオンを乗せてついでにうにいかも



8月3日 「残ったピーマンと多分かまぼこを炒めて又してもフライドオニオンを入れている」。冷凍の残りのエビとシイタケと高野豆腐を煮てあったかな。きゅうりもつけたみたい。



8月4日 「急いで食べた期限が切れた焼きそば」。卵を別に炒めて上に乗せるのがじゅんこ流。本日もフライドオニオン。焼きそばにフライドオニオンは最高だと思った。

具は赤と黄パプリカ、ウィンナー、青梗菜に乗せた卵



そしてここでじゅんこさん専用のお箸を買い、食事人生が変わった

赤になった。

クマちゃんも登場した。

箸に名前を入れたものを作ったことで、「自炊」に対して「我が家」という愛情が増えた。名入りの箸は、人の家に置くものではない。そこに絶対に帰るのだと思っている人間しかそこに名入りの箸を置く意味がない。私だって、人の家に自分の名前を彫った箸があったら気持ちが悪い。尻軽男が遊ぶだけの女の家に箸を置きたがらないのと同じこと。将来がない家には名入りの箸など置く意味がない。自分の将来は、自分の家にあるのだから。



8月6日 「エビとアスパラとブロッコリーの中華炒めコーンスープ」、残っていたぜんまいの煮物も。



箸を入れるために箸置きはなかったかと探してみたら、全く買った覚えのないクマちゃんを見つけた。私はキャラクターものが好きではないので、もらったものなはず。でも、いかにも母上が気に入りそうだったので、もしかすると母上が誰かからもらって大事にしていたものかもしれないので、何となく使ったつもりだったけど、捨てられなくなってしまった。



8月7日 「作り過ぎためちゃくちゃおいしかったアスパラ肉巻きバターポン酢」と、ズッキーニの明太子和え。まだクマちゃんおらず。



8月10日 「青梗菜と卵の中華炒めガーリックがけ」と、ナスの何かだな。煮びたしかな。今日もクマちゃん登場させず。



8月13日 サラダ中心にしてクマちゃん正式に登場。副菜であり大好物のきんぴらと、キャベツと豚肉の鶏ガラ煮。



8月15日  本日も何とかクマちゃんを写真に入れることに成功。「焦げるまで焼いたアジ」と少しのきんぴらに、シラスと何かだな。



8月16日 本日もサラダ中心。「マイタケとアスパラのバター醤油」と、「丸こんにゃくとしいたけの煮物」。



8月18日 クマちゃんの存在感が大きくなっていく日々。「白菜と油揚げの梅干し炒めという大好物」と、残ったごま豆腐かな。数日あまり食欲はなさそう。



8月20日 「トマトと卵の中華炒め」、「なめこと何かのサッと煮」。



8月21日 「豚肉と玉ねぎの生姜焼きフライドオニオンがけ」と、なめことなんだろうな。ほうれん草かな。



8月24日 「ぶりの照り焼き」と厚揚げ味噌田楽にゼンマイの煮物。味噌汁はインスタントだね。



8月27日 少々クマちゃんをアップに。これもまた好物の「肉みそごぼう」。「もずくタコ」。



8月28日 めずらしく牛肉で「ハラミの自家製オニオンソースがけ」ともやしのナムル。



8月31日 クマちゃんの頭にピンとが合ってしまって頭が光って怖い感じになっている。「厚揚げとピーマンの昆布佃煮炒め」ともずくオニオンに、自家製梅肉冷ややっこ。



9月1日 うま塩ドレッシングをからめていたので、サラダに似た主菜を作ってみた。手前がサラダで、奥が主菜で「キャベツとアンチョビ炒め」。



9月2日 「豚の冷しゃぶをわかめと玉ねぎ添えで盛り過ぎた感じ」。



9月4日 豪勢だな。「目鯛のレモンバターソース、梅ごぼう煮、豚肉とキャベツのやわらか煮、刺身わかめとシラスのごまポン酢和え、キュウリの浅漬けに長ネギと豆腐の味噌汁」。



9月5日 「ささみの梅巻き焼き、たこときゅうりの塩にんにく」。残した。多かった。



9月8日 「アスパラとウィンナーにただケチャップをかけたもの」、「おいしくて又してもやった梅ごぼう」、「小松菜の卵とじ」かな。



9月9日 「鶏むね肉をうま塩ドレッシングに絡めて生玉ねぎを乗せた」、後は残り物と箸休め。



9月17日「油揚げと白菜の梅干し炒め」と、シラス冷ややっこポン酢がけかな。



9月19日 「かれいの照り焼き、ひじき煮、竹輪と赤ピーマンと豆苗のペペロンチーノ炒め」。



9月28日 「赤ピーマンの肉詰め、人参のグラッセ」。



9月30日 「ぶりの照り焼きと残った人参のグラッセとあっという間になくなったからもう一度やった野菜炒めペペロンチーノ」。



10月3日 食欲がなかったようで、さつまいもサラダを作ってさらにサラダの上に乗せ、パンで食べた。



10月4日 残っていた豚肉をみそ焼きにして丼にしたらめちゃくちゃしょっぱくて悲しかった。



10月5日  「エビと大根と小松菜の塩炒め」と、ぜんまいの煮物だな。



10月9日  「好物の肉みそゴボウ」と、あさりの酒蒸し、シラスサラダに残った大根をただ煮て味噌田楽みたいにした。



10月10日  ギリギリデパートで半額品勢ぞろい。メカジキは、片栗粉でとろんとさせて焼いてスーラーパウダー。これが一番おいしいと思う。





この辺から就業時間も休憩時間もきちっと決められた在宅の副業が始まり、終わって面倒になり適当に食べる事もあれば、次の日の副業時のお昼に食べる分も前の晩に一緒に作ったりするようになった。








10月12日  「なすとベーコンのニンニク炒め」に、翌日用の主菜でもあるレンコンのキンピラ。



10月14日  「鮭のバター醤油焼き」にほうれん草のお浸しも追加で、キンピラも。



10月15日  「鶏もも肉とアスパラのバターポン酢白玉ねぎつき」と、シラス。



10月16日  面倒臭いので、とろろに卵を入れ残ったもずく処理でもずくも入れてシラスも入れて丼にした。アサリは佃煮を作っておいた。きゅうりもつけてあり、ほうれん草も残っているな。



10月17日  「ゆで豚の梅肉ソース白玉ねぎつき」で、ほうれん草がまだ余っていたようで、白あえにしたか。



10月20日  残った豆腐処理で、「豆腐ステーキゆかりがけ」で、ゆかりだけで食べたみたい。副菜と翌日のお昼に3色ピーマンキンピラだな。



10月21日  「メカジキのガーリック醤油ソース」と、冷ややっこにうにいかを乗せているのかな。



10月23日  「豚ニックえのき白菜のキムチ炒め」と、小松菜と油揚げのさっと煮かな。



10月25日  「さといもとベーコンのガーリック炒め」、少しキャベツとエビを煮たかな。もやしのナムルも。



10月30日  「デパートの立派なぶりの照り焼き」と、竹輪の梅煮だな。



11月1日  「久々に食べたかった牛の柳川」と、デパートの半額のサラダとか。伊勢丹だったけど、伊勢丹の食品はあまり良くないと思う。



11月2日  「タラの鰹節トッピング」と、又白菜と油揚げの梅干し炒めをしている。シラスはごっそり残っていたらしい。



11月9日  縦に撮ってみたけど横の方がいいね。「ズッキーニと厚切りベーコンの塩炒め」と、副菜キンピラにいんげんのごまあえ。どちらも好物。



11月11日  真上過ぎ。影ができて何だか分からんな。豚肉と小松菜の生姜焼きかな。味噌汁は明らかにインスタント。違うよねやっぱり。サラダにイワシの甘露煮を乗せている。



11月12日  これは初公開。「めかじきの明太子乗せ」、余った豆腐を肉豆腐かな。



11月13日  デパート半額勢ぞろい。はまぐりに泣いた・・・。大好きなのに高すぎるから滅多に買わないのだ。はまぐりをただ焼いて醤油をぽたりとたらしてとっても美味しかった。肉はオーストラリアのガーリックたれつきで焼くだけのやつで、大したことはなかった。刺身もおいしかったけど、はまぐりにはかなわなかった。



11月15日  まだ残っているらしい明太子で「竹輪と小松菜と白まいたけの明太子炒め」で、乗せただけでなく絡めている。シラスの底に何が入れたか。ほうれん草だろうか。



11月16日  昨日の残りの明太子炒めを処理しつつ、ポークソテーコケモモソースにザワークラウト。シラスおろしつき。



11月17日  デパートで半額だった牛肉。珍しい牛肉のステーキ。ソースは醤油におろしにんにくを入れただけ。疲れていたので作る気もせず、焼くだけだったのでこれにした。



11月19日  デパートで半額のいいスズキ。レモンバターにしたはず。ほうれん草のお浸しと、翌日昼用のキャベツとベーコンのガーリックアンチョビ炒め。



11月30日  いんちきです。左はライフで買った大好きな砂肝とブロッコリーとニンニク丸ごと塩炒めをレンジでチンして皿に乗せただけ。上はぜんまいの煮物。



12月1日  「豚肉と白菜のスーラーパウダーがけ」と、エビの卵とじゆかりがけだね。



12月3日  「レンコンの肉みそ炒め」に、エンガワが登場してきた。真ん中にクマちゃんを入れてみた。



12月5日  「鮭を普通に焼いた」。珍しく。切干大根の煮物かな。



12月7日  「メカジキに期限が切れそうなシラスをソースにして乗せて」。ついでにいわしの甘露煮も。パプリカと株の茎のキムチ炒めかな。



12月9日  「再挑戦した鶏モモ肉とアスパラのバターポン酢」。マイルド減塩のポン酢は味が違うと思う。炒め物には普通のポン酢を。



12月13日 これも多分初公開。目鯛かな。スズキじゃないと思うんだよな。バター醤油かな。



12月16日  これも載せなかったはずなので、初公開。「メロ」という、銀むつらしい魚のチリ産かな。焦げて見えるけど、塩こうじをつけたからこうなっただけ。次に出会ったら違う味つけにしよう。それから、竹輪と空心菜のガーリック炒め。



12月20日  「珍しくハンバーグ」。焦げているように見えるが、そうでもない。キャベツと油揚げの梅炒めつきかな。翌日のお昼用だろうな。



12月26日  「鮭を多分普通に焼いている」。冷ややっこで豆腐をたいらげ、あまり食欲もなさそうだ。



12月27日  「ナスとベーコンのニンニク炒め」。ずっと気に入っているご様子のガーリック炒め。



12月29日  これも初公開。目鯛のソテーゆかり味。残ったナスをひき肉と炒め煮。



12月30日  本年最後のまともな食事。ゆで豚の自家製梅肉ソースがらめ。ほうれん草のお浸しだと思うものと、エンガワ。




というところで、2021年を終え、翌年よりいよいよタイムリーに食事の写真をアップし始めるのです。脳のための魚を食べ続けようとする2022年が始まります。



2021年版はこちらです。

2020年版

-美容・健康

© 2022 一人旅運転日記 by Junko(メンサ会員)