Sponsored Link

4日目①「アークレイリを昼散歩」

Sponsored Link

昨晩はオーロラツアーからの戻りが遅く、疲れていたし眠かった。






なので、この日の出発も遅く、ブランチ。行ったのはホテルを出てすぐのカフェのようなところだけど、どうやらバーでもあったみたいです。

特にブランチとかブレックファーストとかいうメニューではなく、パンとハムとチーズと紅茶、と言って注文したはずです。私のお決まりの朝食なので。そして、ここは包装されたいつものバターではなく、お皿にたっぷりと出してくれました。

116






おいしかった。紅茶もおいしかった。しかもお店は暖かくて気持ちが良かった。ほかほかで又寝そうだった。






さて、本日は早くもアークレイリ最終日。気が付けば写真なんてほとんど撮っていない。




このままではいけない。



まずは、ショッピングセンターにツリーを探しに行こう。というわけで、本日の最初の場所は、昨日聞いた1号線沿いのショッピングセンターです。

近そうだけど、大分遠く感じた。






大通りを歩いている時、前からアジア人の女の子が来ました。珍しいので、声をかけてみた。




 「ハロー」

彼女 「ハロー」

 「旅行してるの?」

彼女 「違うよ。留学してるの。ここに住んでるんだ」

 「そうなんだ!何勉強してるの?アイスランド語?どこから来たの?」

彼女 「英語の語学留学だよ。中国から来たの」



英語圏じゃない国で英語留学生を募集しているところってたまにあるけれど、アイスランドもそうらしい。

彼女とFB友達になるのを忘れていた。無事卒業していることを願っています。






さて、大して距離もないのに恐る恐る歩いていたので随分時間がかかったけれど、ショッピングセンターに到着。

137




何て読むのか分かりませんが、ここです。

Glerártorg






残念。言われていた通りただの庶民的なショッピングセンターだった。

まあいいや。ちょっと温まろう。






でも、入るとすぐに、サンタさんではないですか。

122






カメラに気が付いてポーズをとっているのかな。

124






と思っていると、もう一人サンタさんが。






闘うのかと思ったが、仲間意識が強かった。

128






あら、もしかして、これがここのツリー?可愛いけど、小さい。

131






狭いショッピングセンターをぐるっと回って戻ってくると、サンタさんが子供に囲まれて楽しそうに歌っていた。

136






ここでは、サンタさんを見られただけで儲けものなのだということで納得した。






港へ向かって歩いてみたけど何もいので、住宅街かなと思って逆側を通って戻ることにしました。






するとまあ、何と可愛い。みんなすごい。お金をかけて飾っている。首都だけじゃないのだ。アイスランドの人たちにとっては、クリスマスに飾りつけをするというのは普通のことなのでしょうね。

142
145
149
153






 
だけど、道路はこの状態なので、歩きは慎重でした。

144






とりあえずもう戻ろうとホテルの方へ向かうと、 何やら町の広場で人だかり。






そうか。今日はクリスマスツリー点灯の日だ。だからみんな集まっているのかな。

164






と思ったけれど、それだけじゃなかったと思う。サンタさんがステージにいたし。

マーケットも出ていました。土曜だったし、家族連れも多かった。

165






私もマーケットでちょっとショッピングをしました。欲しいものが沢山あったけど、スーツケースに入らないと困るし、カード払いができなかったので断念した。

でも、記念にネックレスを一つだけ買いました(お土産の記事にアップします)。






この広場にしばらくいたけれど、結局ツリーの点灯は始まらなそうだったので、後で戻ってくることにしてホテルへ三脚を取りに帰りました。




今日は、教会を撮りながらオーロラを待ち、ツリーも撮るのだ。



次のページへ

4日目②「アークレイリ教会、ツリー、オーロラ待ち」
ホテルへ戻り三脚を取って、近かったので最後にしていたアークレイリ教会の夜景を撮りに行くことに。町の顔だからか、だから町の顔なのかは分かりませんが、とにかく目立つこの教会。高台にあるし。まずは真正面。でも斜めからの方が好きだったな。一番好き.



この旅行記を最初から読む

このアイスランド一人旅オーロラ編は、
「冬のオーロラ編」で、夏の白夜編は別カテゴリです。白夜は夏季にしか見られません。オーロラは本来は冬だけです。ですので、両方見たかったので、同じ年にアイスランドに二度行きました。夏なのに「オーロラツアー」のタイトルで販売している旅行会社の宣伝






Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました