Sponsored Link

4日目①「いざ運転」

Sponsored Link

ろくに眠れなかったけど、遅めに起きて、ドレスだのヒールだのをしまいました。




ああ、昨日の結婚式は本当に良かったなぁ。




新郎新婦は、朝まで踊った後、新婚旅行に出たらしいです。行先はギリシャ。タフだ。






さて、私に残されたのは丸二日。行きたい場所は、ワディラムとアカバとぺトラと死海。

一番遠いのはアカバで、今日は一気にそこまで南下するつもりでした。アカバの手前にワディラムがあるので、そこへ寄ってからアカバへ行って泊まろうと、アカバのホテルを予約してあった。あまり何も考えていなかった・・・。






お昼は、又してもこのホテルで。1階のレストランへ行ったから、多分食べたのは又イタリアンです。まだお昼には早い時間だったので誰もいなかったけど、頼んだら調理してくれた。






一人で食べていると、二つ向こうぐらいの席に、年配の男性が座りました。酔っている。まだ昼なのに。飲酒しているところをみると、イスラム教ではないらしい。




日本人かと聞かれ、そうだよと答えると、もちろん、「結婚しているのか?」




今日一発目からきたね。まだ食事も来てないというのに。だけど、飲酒しているのならヨルダン人じゃないかなと思ったけどな。

まあいいや。酔っぱらっているから、適当に相手にしておこう。




この人、色々と質問してきた。何を話したか全然忘れちゃったけど。

チェックアウトはもうしてあったので、食事を済ませたらすぐこの酔っぱらいとお別れして、出発。






さあ、長距離ドライブの始まりだ。






私のいたホテルからワディラムまでは、このぐらいの距離です。






車にスーツケースを入れて、ナビをセット。「ワディラム」としか入れられなかったので、とりあえずそれをセットして出発。






首都を少し離れ、これからしばらく一本道かなと思ったところで、「アカバ」との標識が右側に。ナビは何も言わなかった。




何でだ。

いいのかこれで。






ヨルダンの首都と空港あたりはまだまだ工事中で、道もそれに合わせてくねくね変わります。でも、ナビは全然違うところを指していた。

これが国道15号なら私はそれで着くはずなんだけど。






とりあえず、昨日のジェラッシュでガソリンが既に半分ぐらいになったし、クーラーをガンガンにかけているから、スタンドを探そう。






まだ首都を離れてすぐだったし、スタンドはすぐ見つかりました。





私 「カード使える?」

店員さん 「使えるよ」

私 「じゃあ満タンで」




ここはセルフではなかった。そういえば、ヨルダンにはセルフスタンドはないのかな。




ガソリンを入れ終わった後、カードで払おうとしたら、使えないもよう。




店員さん 「カード使えないみたいだ」

私 「使えるって言ったじゃない。現金ないよ」

店員さん 「だってこのカード読み取らないんだよ」

私 「何とかして下さい。現金ないってば」

店員さん 「じゃあお店の中入って店長と話して」




車から降りてオフィスの中へ行き、店長さんとやらにカード払いじゃなきゃお金ないよと言ってみる。

すると、カードマシーンを裏から持ってきた。




カードで払えるじゃないか・・・・




因みに、店長さんにも日本人かと聞かれた。

そうだと答えながら、またもや既婚か聞かれるのかと身構えたが、店長さんには聞かれなかった。今日はいい日かもしれない。






無事にカード払いを終え、ワディラムに行くのだけどこの通りでいいのかと聞いてみた。大丈夫だと言われたので、信じて直進。






ひたすら直進。






段々車が少なくなる。






そして、通り過ぎる車の運転手が、






すっごく






私を見ていく。






それはそれはもう、身を乗り出して、






すっごく






見る。






何なんだろう。外国人がそんなに珍しい?それとも、車から火かなんか出ている?






しかし、火と言えば、すごい日差しだ。逃げようがないし。

手がめちゃくちゃ日焼けしそう。手袋もないし、何か買いたい。






すると、お土産屋らしきものを発見しました。なので、急に右折して入ってみた。


次のページへ

4日目②「スカーフの意味」
このお店で死海のパックとかを買ったけど、それは後ほど写真をアップしますね。とりあえず、私が買いたかったのはスカーフです。手袋はないだろうし、スカーフでも手に巻いて日焼けを防ぎたかった。お店に入ると、店員さんは開口一番「日本人か?」と聞いてき




この旅行記を最初から読む

このヨルダン一人レンタカー運転旅は、
残念ながら、完全なる一人旅ではありません。私にはヨルダン人の友達がおりまして、その二人が結婚するというので、結婚式に招かれました。従って、まず最初から一人旅へ「行く場所の選択の自由」がありませんでした。でも、ずっと行ってみたかったし、行くの
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました