スポンサーリンク

4日目最終日「散歩の後マルタへ」

Sponsored Link

今日はシチリア最終日。




マルタ行きのフライトは夜8時半で、空港で夕食を食べたいから、空港に6時頃には着くように5時頃のタクシーをフロントで予約してありました。






スーツケースの整理をして、いつものように大量のいらない服を部屋のゴミ箱へ捨てて行く。だけど、今回はその量があまりに多かったか、心配したハウスキーパーさんが忘れ物じゃないかとフロントに言ってきたらしかった。チェックアウト中に、洋服はどうするのかと聞かれてしまった。






さて、チェックアウトの後は、再びのんびり散歩。






北側の海沿いを、今日は右側へ行ってみた。

IMG_0361






似たり寄ったりの風景。

IMG_0362






犬も水遊び。

IMG_0363






ここで、あの写真ではない、違う犬を散歩中の男性に声をかけられました。英語を少し話すと本人は言うけれど、かなりの片言で困ってしった。

彼は、昨日の夕方海沿いで犬を散歩中に私を見たと言っていました。何をしてるのかとか、お茶を一杯とか色々言われたけれど、私は今日マルタへ発つので時間がないのでごめんねと一生懸命説明して納得してもらった。






理解してもらえないのでどうしていいか分からず犬の写真を撮ったりしていたけれど、

IMG_0364






私が写真を撮っているとこの彼がずっと一緒にいるようだったので、仕方がなくどこかへ歩いて行くことに。 もう少し海沿いで写真を撮りたかったけどね。






とりあえず西へ向かって歩き、ビル街に入ってみました。






まだ早いけど、ブランチでも食べようかな。






最初に入ったカフェでは、飲み物だけしかないと言われました。因みに、英語は全然通じなかった。






2件目に入ったカフェにはサンドイッチやスイーツがあったので、そこに決定。

ここでは少し英語も通じて、トイレも借りられました。






私の昼食。両方とも、適当に指をさして選びました。

IMG_0365






絶対甘くて気持ちが悪くなるだろうと思っていたこの左側のチョコのお菓子は、もう1つ食べたいと思うほど美味しかった。

これに味をしめてこんな感じのチョコのお菓子をイタリアで見かける度に食べてみたけれど、こんなに美味しいものにはこれ以来出会ったことはない。






食事は、イタリア本島より、島のほうが絶対においしい。ここよりサルディーニャのほうが美味しかったけど。






さて、ここで日向ぼっこをしていたら、チンピラ風の数人が隣のテーブルへ座りました。何を言っているか分からないので気にしなかったけど、段々とうるさくなってきたから、それでもやっぱり何を言っているかは分からないんだけど、出ることにしました。






ブラブラ歩いてB&Bへ。スーツケースを預けてあったから、一度戻らないと。






そして、タクシーの時間までネットで調べものをしていました。






タクシーが予定より早く来てしまったので、それに乗ってトラーパニを後に。






あっけなかった。あまりに平和すぎる旅行だった。

タクシーからの夕陽も綺麗でしたが。どっかで言ったようなセリフだな・・・。前日に晴れてくれたら良かったのに。






今度行ったら、絶対に車を借ります。もっともっと海のきれいなところがあるはず。ドライブだったらすごく楽しいはず。






さて、到着したトラーパニ空港は、小さな空港です。




ライアンエアーは日本人だとパスポートにスタンプを押してもらわなくてはいけませんが、チェックインのカウンターとは別でした。

後ろの窓口でスタンプを押してもらってくれと言われ、そこで結構待たされた。やっぱり早く出て正解だったかも。






やっとセキュリティを通って中で食事をしようと思いきや、ろくなお店がなかった。すごく小さな空港で随分待たされてヒマなだけだった。




では、いよいよマルタの運転旅へ。



マルタ島レンタカー一人運転旅へ

このマルタ共和国一人旅レンタカー運転ありは、
走って走って走って、運転から始まり運転で終わった。「どうしたらマルタなんて小さな国でそんなに走れるんだ?」という走行距離だったと思います。昔から、「マルタ共和国という国はどこだろう」と気になっていて、いつか行こうと思っていた国の一つだった。


この旅行記を最初から読む

https://www.female-traveller.com/category/24225493-1.html

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました