Sponsored Link

ミラノからスイスルガーノ日帰り一人旅その1「ルガーノ編」

Sponsored Link

まず最初に、ガイドブックを載せておきます。2019年8月現在最新版です。

私がケニアへの乗り換えのミラノで2泊したのは、スイスのルガーノに日帰りしたかったからです。スイスに行って泊まるのではなく、どうしても日帰りがしたかった。

しかも、ミラノのマルペンサ空港からバスで行けるので、楽ちんで好都合でした。

では早速ですが、泊まっていた空港ホテルシェラトンからは、そのまま地下道を通ってターミナルへ行けます。

バスのチケットは、出店のようなところでも売っていましたが、当時はカードは使えませんでした。カードが使える代理店のようなお店が空港内にあったので、そこへ戻ってチケットを購入しました。

次のバスの出発時刻は5分後ぐらいだったけれど、「間に合うよ」と言われ、その時間のバスのチケットを購入。バス乗り場は分かりづらく、行ってみたらバスがまだいなかったので尚の事分かりづらく、時間ギリギリだったからバスはもう行ってしまったのかと思って焦りました。

でも、ほどなくバスが登場。分かりづらいでしょうが、これが当時の時刻表です。
IMG_2899

ほとんど乗客がいなかった。どこでも座れたけれど、いつものように一番後ろへ。

赤い。
IMG_2893

バスはターミナル1を出て、
IMG_2894

まず、ターミナル2へ。
IMG_2897

ターミナル2で結構待たされたけれど、ルガノへ出発。

高速かな。

青い。
IMG_2900

順調にイタリアを北上しています。雪こそないけれど、まだ冬景色。湿気がすごい。
IMG_2907
IMG_2909
IMG_2911

これがラウンドアバウトの標識です。右側走行だから回り方も逆時計回り。
IMG_2913

そろそろルガーノが近いかな。標高が高くなってきている模様です。霧がすごい。
IMG_2915

やっとルガーノの文字が入った標識が出てきました。
IMG_2916

曲がるのかな。
IMG_2917

山の上が少し見える。
IMG_2919

霧がね。ヨーロッパの冬はすごい。運転したかったなと思いながら眺めています。
IMG_2921

さて、どこで国境を越えたか写真では全然思い出せないのでそのままきましたが、国境越えの時に一時停止しました。そして、全員パスポートかIDを見せるように言われました。

私は外国人なのでもちろんパスポートを見せたのですが、やはり私だけパスポートを事務室まで持って行かれました。私はバスで待たされながら、このままパスポートが返ってこなかったらどうしようと思っていた。

無事に返ってきたけれど、ターミナル2で待たされた時間より長かったので、たった一人の外国人のために他のヨーロッパ人に申し訳ないことをしてしまった。

そして、バスは無事にルガーノ駅到着。
IMG_2933

駅は山の上にあるので、下りは徒歩で、上りはケーブルカーで帰ってこようと思っていました。ケーブルカーが好きなので。

そして、行きはバスだったけれど、ミラノへ帰る時は電車かバスかどちらか帰る時に先に来るほうで帰ろうと思っていました。電車とバスの時刻を一緒に聞こうと思って駅のインフォメーションへ行くと、ケーブルカーは休止中だと教えてくれました。確か、かれこれ1年ぐらい停まっているとか。理由は、工事だったかな。いくら何でも、2019年には終わっていると思いますが、できればルガノ訪問の際は一度調べてみて下さい。足が悪い方々は、ケーブルカーなしで登るのは大変です(バスやタクシーはあると思います)。

道路を渡り、降りて行くところ。
IMG_2934

黄色い。
IMG_2935

階段を下り、
IMG_2938

ぐるりと坂を下ります。一直線には下れず、蛇行してかなりの大回り。
IMG_2939

ここから出るのかな。
IMG_2940

そして、更に町へ向かって下っていきます。
IMG_2942

ルガーノは、かわいい小さな町だった。
IMG_2944

でも、とても近代的。
IMG_2946

さて、この辺でお腹がすいたので、スイスの料理が食べられるレストランはどこですかと通りすがりの地元民何人かに聞いてみました。でも、ルガーノはイタリアとスイスの文化が混ざっているからか、特段スイスの伝統料理を出しているお店はあまりないようで、みんな首をかしげました。そんな中、尋ねているところを聞いていたおじいちゃまが私に話かけてきました。

「あそこのデパートのレストランへ行くといい。各国の伝統料理がたくさんあるから」

とは言うけれど、デパートという時点でちょっと信じられなかった。そのデパートとは、上の写真に写ってる建物です。名前はわからないけど、「マナー」?

そして、行ってみたら、「やっぱり・・・」。何て言うのでしょうか、良く、イーオンとかに入っている、色々なレストランがあって好きなところで買って広場で食べるみたいな、そんなフードコートでした。

がっくりきて外へ出て、諦めて適当なレストランへ。何料理でもいいや。

まだ食事には早いみたいだったけど。
IMG_2947

ここです。

寒いけど、テラス席にした。注文を聞きに来たウェイトレスさんにお勧めを聞いたけど、結局ランチメニューにしたと思う。

そして、コーラとお水。
IMG_2949

次にスープ。おいしかった。
IMG_2950

ラビオリ。
IMG_2951

イタリアンです。ルガーノでスイス料理を食べられるところがあったら教えて下さい・・・。

会計は、26.8スイスフラン。4,000円ぐらい。

「え?ランチで4,000円?」と思うと、「ディナーはいくら?」と続く。これはもう、高すぎるからスイスを出ようと思った。晩御飯はミラノで食べよう。

スイスは物価が高いって言うけれど、本当だと思った。この後にボディーショップに行って思い知りました。

食事の後は、とりあえずお散歩。散歩は無料。クリスマスシーズンだったので、可愛い物もたくさん売っていた。
IMG_2954

ルガーノでも、写真を撮りたくなるような綺麗なツリーを探していました。これは、全然インパクトなし。
IMG_2956

近くに寄ってもまだインパクトなし。
IMG_2957

夜にはキレイなのかな。夜までいないけど。
IMG_2960

マーケットも可愛いけれど、まだまだ少ないな。
IMG_2961

クリスマス飾りなので、特に欲しい物もなかった。
IMG_2963
IMG_2964

ちょっと離れてみると、
IMG_2966

スケート場があった。誰もいないけど、まだやっていなかったのかな。
IMG_2968

この広場には、バーガーキングがありました。それが「リストランテ」になっていたから笑ってしまった。
IMG_2974

広場はもう出よう。ちっちゃなツリーの方は、白くてかわいかったな。
IMG_2975

 
ミラノからスイスルガーノ日帰り一人旅その2「ルガーノ編②」とガイドブック
広場のすぐ前は湖でした。    のんびり座って鑑賞するには寒すぎるから、    少し湖沿いを歩いて、町の中心へ戻ることにしよう。    押しボタンがかわいかった。    工事中の鉄パイプまで絵になっていたような気もした。    おしゃれな通
アリタリア航空とミラノマルペンサ空港エコノミー、空港ホテルシェラトン口コミ
アリタリア航空前回書いたアリタリアの口コミは、ビジネスクラスのロンドン→ローマフィウミチーノ→成田でした。しかも片道ずつ。今回は、その複便でしたが、エコノミーでした(ビジネスクラスは行きだけで、帰りはエコノミーで購入してありました)。この組

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました