Sponsored Link

到着日①「ヨルダンガイドブック」

Sponsored Link

ロンドンヒースロー空港を夕方5時頃発のロイヤルヨルダン空港にて出発し、ヨルダンのアンマンへは夜中の0時ちょっと過ぎ頃に着きました。

一応の予定は立っていたので、ホテルはその道順で全て事前予約してあり、行く場所も何となくガイドブックで決めていました。






ヨルダンガイドブック

今回使ったガイドブックは、地球の歩き方だけでした。当時はまだヨルダン・シリア・レバノンの3カ国で1冊だったけど、2019年現在はちゃんと「ペトラ遺跡とヨルダン」になっています。



だけど、ヨルダンは人気があるはずなのですが、日本語のガイドブックが他に見当たらない。1冊じゃ足りないだろうから、英語ですが、是非ロンプラも持って行って下さい(2019年最新版)。






空港到着

さて、空港で降りると、暑い

8月だったけど、イギリスと全然温度が違った。夜中だったけど、やっぱり暑い。






降りると、イミグレでぞろぞろ並んでいた。手前にATMがあり、お金のない人はここでビザの料金をおろすようにと誰かが指示していました。

「日本人って無料じゃなかったっけ?」と思いながら列に並んでいたけれど、一応日本のパスポートだと分かるようにわざと表側を出してポケットから出してみておいた。

そしたら、突然男性がきて、「君はこっちに」と言って違うカウンターへ連れて行ってくれました。やっぱり無料らしい。






フライトがロンドンからだったので、まさか日本人がいるとは思わず、最初はみんなと同じように並ぶように指示されていたみたい。

無料で良かったと思っていたら、その男の人がそのままずっとついてきていた。






どこに行くのかなこの人。






感じのいい中東人と雑談をしながらスーツケースが出てくるのを待っていたけれど、なかなか出てこなくて、立っているのも疲れるのでちょっと座っていた。

そしたら、さっきの男性が、「まだかまだか」と聞いてくる。

「まだだまだだ」と答えるけれど。






誰なんだろうこの人。

悪い人ではなさそうだが。






やっと出てきたスーツケースを私がベルトから取り上げると、その男性が私のスーツケースを代わりに持ってくれて歩いて行きました。






何で私の荷物を持ってくれるのだろう。

まあ、悪いことではない。






空港を出る前に、何故か再びスーツケースのX線チェックがありました。降りるときまでチェックするって珍しいなと思っていたら、その人が私の重いスーツケースを持ちあげて置いてくれたので、ああ、セキュリティーの人だったのかと思い、お礼を言ってX線を抜けて行く。






だけど、彼、まだいる。

そして又、私の荷物を持つ。






誰なのだろう。

まあ、別に迷惑ではない。





そのまま空港の出口まで一緒に行き、何してるんだか知らないけれど、タクシーかなんかの押し売りかな。






 「私、空港ホテルを予約してあって、そこが無料で迎えにきてくれるからここでいいよ。ありがとう」


 「うん。だからいるんだよ。もう1組くるからここでちょっと待ってて」






ものすごく手前まで迎えに来てくれていたらしいが、通常の出口出迎えで大丈夫だと思う。






この空港は、そんなに簡単に中に入ってこられるのか・・・。






ヨルダンでは、今でもホテルの人がイミグレ手前へ来られるのだろうか。






眠いところ、荷物を持ってくれたからありがたかったけど。



次のページへ

到着日②「アンマンエアポートお勧めホテル」
空港ホテルはすぐそこで、5分かからなかったんじゃないかな。本来なら空港からすぐレンタカーを借りるのですが、到着が夜中だったので運転は避けたかったのと、帰りのフライトが朝なので一泊余分にレンタカー料金払うのを避けるため、次の日の朝空港へ戻って


この旅行記を最初から読む

このヨルダン一人レンタカー運転旅は、
残念ながら、完全なる一人旅ではありません。私にはヨルダン人の友達がおりまして、その二人が結婚するというので、結婚式に招かれました。従って、まず最初から一人旅へ「行く場所の選択の自由」がありませんでした。でも、ずっと行ってみたかったし、行くの


関連記事

ロイヤルヨルダン航空とアンマン空港
2016年7月 変更確認したところ、変わってたところもあったので書きなおしてあります。これはヨルダンのアンマンへの往復で使った航空会社ですが、ロンドンからの往復でした。残念ながら日本就航はしていません。日本語のHPもありません。ロイヤルヨル
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました