Sponsored Link

到着日④「レンタカー屋ともめる③、ホテルともめる③」

Sponsored Link

「とりあえず今晩だけ」と諦めた生暖かい部屋で、まずレンタカー屋に写真を添付したメールを送る。




それから電話。満タンでもないくせにお金を払わせて何なんだと再度の文句。




「わかったわかった。四分の一お金返すから」という嫌そうな返事。




カード払いなので、お金を戻すのに数日かかるから待っててくれとのことでした。






そして、適当な仕事をしている人間を信用できないから、絶対に返却のときに空港に来てねと言うと、渋々了解した。絶対にいなさいよと何度も念を押す私。






そして次は、スカイスキャナーだったかグリーンモーションだったか忘れたけど、予約したところに電話をしておきました。

第三者なので直接は関係ないのですが、ただ私は、あちこち巻き込んでおくのです。あとあと証拠にもなるし、そのような会社だと知ったら予約会社もその会社との契約を切ってくれるかもしれないから、後の被害が減るかもしれないし。






電話して、「別に何してくれるわけでもないのは承知の上だけど、コンピューター上に苦情があった旨残しておいて」と告げておきました。とてもいい人で、結局その子会社がお金を返さなかったら又連絡してと言ってくれました。






さて、次はホテル。これがややこしい。アメリカの会社なので、アメリカに電話しなくちゃいけない。アメリカ、今何時だろう。

おそらく24時間オペレーターが働いているんだろうなと思って、すぐに電話してみました。国際電話は高いので、もちろんスカイプ。これなら国内通話と変わらないぐらい安い(スカイプの支払をポンドにしていたので実際は円高でもっと安かった)。






久々のアメリカ英語を聞きながら事情を説明し、明日ジュニアスイートに行けるかどうか分からないけど、とりあえず今日はジュニアスイートじゃないからその分返金してねと言っておいた。

明日ジュニアスイートにちゃんと部屋を変えてもらったら又電話してとのことでした。






ガソリンもホテルの部屋の差額も大した額ではないのだろうけど、私に支払う筋合いはなく、妥協していたらきりがないので。






そして、私の海外旅行のルールのうちの一つが、




「何かあったらその場で処理しろ」




です。






その国を出て時間をおいてしまってからメールだのなんだのと連絡しても、大抵は無視されます。だから、多少の旅行時間を費やしたとしても、その場で処理したほうが勝利の確率が高いのです。






というわけで、やっとのことで安心してお風呂へ。

今にも壊れそうなガラス戸のついたお風呂だった。






何だここは。だらしがない・・・。






そして、夜中の2時過ぎ、やっと眠りへつきました。



次のページへ

2日目①「ホテルともめる④、レンタカー屋に再び文句」
のんびり支度をした後、フロントへ電話。「今日ちゃんとジュニアスイートに部屋交換できるよね」と確認。大丈夫だと言うのでフロントへ降りて行くと、この日はマネージャーがいたので、マネージャーと交渉でした。昨日の普通の部屋の分の差額を返してねと言う



この旅行記を最初から読む

このマルタ共和国一人旅レンタカー運転ありは、
走って走って走って、運転から始まり運転で終わった。「どうしたらマルタなんて小さな国でそんなに走れるんだ?」という走行距離だったと思います。昔から、「マルタ共和国という国はどこだろう」と気になっていて、いつか行こうと思っていた国の一つだった。
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました