スポンサーリンク

到着日③「マルタお勧めホテル、ホテルともめる②」

Sponsored Link

ジュニアスイート何てとんでもない、普通の部屋だった。しかも、一人なのにツイン。

頭にきてフロントに電話しました。






私 「ジュニアスイートの予約なんだけど。何この部屋。しかもツインだし。一人でツインいらないし。今降りるから本当の部屋の鍵下さい」

フロント 「あいにく今日はジュニアスイートいっぱいなんだ。明日なら空くよ」

私 「明日なら空くじゃないよ。一杯な予約のうちの一つは私の予約なはずでしょ。私、何日も前にジュニアスイートで予約したんだから」

フロント 「こちらのコンピューターにはジュニアスイートの情報はきてません。予約した会社から来た情報は普通の部屋だったから」

私 「だけど私の予約はジュニアスイートなの。ちゃんと予約ヴァウチャー持ってるから」




こういう時のために、私は必ず2部予約ヴァウチャーを持って行きます。書面で見せれば、相手は逃げようがないので。




フロント 「だから今日は空いてないから、明日部屋移動しよう。今日だったらダブルルームにしてあげる」

私 「それはただのダブルでしょ。ジュニスイートじゃないでしょう。一人でツインはおかしいけど、だからと言ってダブル出されてもジュニアスイートじゃないことには変わりないの。しかも何時だと思ってるの?疲れてるのに又部屋変えて明日も又部屋変えるの?早く寝たいんだけど。それからこの変なエコノミーの部屋じゃ料金違いますからちゃんと返金しててね」






私がなぜ今回ツインを嫌がったかというと、珍しくシングル二つだったから。ダブルベッド二つなら別にいいのです。ヨーロッパのシングルベッドというのは、日本のシングルベッドより幅が狭く(長さは長いはず)、ゆったりと眠れないから嫌なのです。






そして、生暖かい、クーラーもろくにきいてないこの蚊が飛んでいる部屋の窓から見えるのはホテルの入口。全然オーシャンビューじゃない。この部屋は30ドルの部屋。スイートより20ドルも安い部屋です。






私の闘いはまだもうちょっと続きますが、このホテルはあまり勧められないし、他のホテルをいくつかピックアプしてみました。

まずは、車があるとして、また、ゴゾ島フェリーに近い所だとすると、私が泊まったホテルの近所のホテルを2つ(どちらも私が泊まったところより高いです)。

★★★★ ラムラ ベイ リゾート, メーリッハ, マルタ
マルタ島の最北端に位置し、コミノ島とゴゾ島の景色を望むRamla Bay Resortは、プライベートビーチ、緑豊かな庭園、屋外プール2つ、屋内プール1つを併設しています。...
★★★★ LABRANDA Riviera Hotel & Spa, メーリッハ, マルタ
メーリッハ、LABRANDA Riviera Hotel & Spa – 予約はすべて最安値保証!Booking.com:クチコミ2892件、 写真45枚を提供。






そして、車がない派。大きなショッピングモールの「ポイント」もある、スリーマのあたりのホテルを2つ。首都のヴァレッタもいいですが、私がもし次に行くなら、車がなくてもこちらのスリーマ側にします。フェリー港もあるし。すごく栄えてたし、食事にも困らないと思います。

窓からが絶景だろうなと思う「The Seafront Tower Suites」。

ベストな宿はどれ?ヘルプ!
Booking.com で良さそうなホテルをたくさん見つけました。どのホテルを予約したらいいかヘルプしてください!




同じくこちらも絶景だと思うけど、ショッピングセンターからは少し離れてしまいます。徒歩圏内だけどね。「Sliema Marina Hotel」です。

★★★ スリーマ マリーナ ホテル, スリーマ, マルタ
スリーマの海辺にあるHotel Marinaは、スリーマ・バスターミナルとバレッタ行きフェリー乗り場のすぐ近くに位置しています。ハイドロセラピープール付きのサンテラス、港を一望する屋上朝食ルームを提供しています。 Sliema Marina...






マルタは、車があるとないとじゃ全然違うと思う。車があるならホテル移動をお勧め。ゴゾに泊まるのもありなので、ゴゾのホテルは又後で紹介します。とりあえず、こちらはマルタのほうのホテルマップ。泊まるなら絶対に海が見えるところがいいと思う。私の部屋はちょっと違ったけど、本来の「オーシャンビュー」の部屋がいいと思う。マルタまで行って、内陸の安いホテルじゃもったいないと思う。あの海は、ヨーロッパならどこでも見られるというわけじゃないだろうし。

Booking.com



次のページへ

到着日④「レンタカー屋ともめる③、ホテルともめる③」
「とりあえず今晩だけ」と諦めた生暖かい部屋で、まずレンタカー屋に写真を添付したメールを送る。それから電話。満タンでもないくせにお金を払わせて何なんだと再度の文句。「わかったわかった。四分の一お金返すから」という嫌そうな返事。カード払いなので



この旅行記を最初から読む

このマルタ共和国一人旅レンタカー運転ありは、
走って走って走って、運転から始まり運転で終わった。「どうしたらマルタなんて小さな国でそんなに走れるんだ?」という走行距離だったと思います。昔から、「マルタ共和国という国はどこだろう」と気になっていて、いつか行こうと思っていた国の一つだった。

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました