5日目②「パプアニューギニアバッグのビルムの中に赤ちゃん」



到着した村は、やっぱりどこだかさっぱり分からなかったけれど、やっぱりとってもいい人たちばかりでした。






洗濯物は外が基本。絶対洗濯物を外に干さない都心部住人の私とは違う。

2007_05180353






布団は丸干しが基本。敷布団は安いもので使い捨て、かけ布団でも全て洗って乾燥機をかけられるものしか買わない私とは違う。

2007_05180354






何か売っていました。ここでも何も買わなかったけど。フルーツを丸かじりするタイプの人でもないし。ぶどうなら食べるけど。

2007_05180355






そしたら、ゆらりゆらゆら揺れているビルムを発見した。売り物ではないのは分かった。






中には、お姫様のような赤ちゃんがいました。

2007_05180356






これは、ビルムの中にカメラだけ入れて撮ったものです。カメラで確かめてみてびっくり。かわいい。

2007_05180357






犬もいて、






テーブルなき出店もあって、

2007_05180359






干物も塩と一緒に売られていた。「好きなだけかけてください」みたいな。

2007_05180360






だけど、赤ちゃんが一番印象的でした。






もう一人いたよ。

2007_05180361






ちゃんと枕も入れてあるようです。

2007_05180362






何ていいアイデアなの。私も入れるかな。入れるかもしれないけど、出られなくなるかもしれない。レスキューを呼ばなきゃいけなくなるかも。膀胱炎で救急車でビルムに絡まってレスキューじゃ、もう二度と来ないで下さいと言われると思う。






ビルムはこのようにぶら下がっています。大人用を編んだら1年ぐらいかかるかも。






ここに赤ちゃんを入れようという発想が素晴らしいけど、良く見えなかったから、蛇かと思った。開けてびっくり。可愛かったな。






ハンモックビルムから少し離れると、ビルムを編んでいるおばあちゃまがいました。ゴロカではもっと多色を使っていたけれど、それは山の上の特徴。ポートモレスビーでは、シンプルなビルムも見かけます。

この時このおばあちゃまが作っていたのは、二色使いのシンプルビルムだった。珍しかったし綺麗だったので欲しかったけど、まだ編み途中でした。欲しそうに見ていたら、完成品があるよと言って持ってきてくれた。持ってきてくれたのは、少し大きめのビルムで、デザインは全く一緒のもの。

買おうと思ってふと中を見てみたら、どうやら蜂蜜か何かがついたままだったらしく、アリだらけでした。アリではちょっと困るので、サイズがもう少し小さいのが欲しかったのよとごまかしてお断りしておいた。

欲しかったけどね、アリを持って帰るわけにはいかないし。アリはもうゴロカでたくさんだったし。






さて、ここの後は、国立公園へ移動しました。

そして、生まれて初めての青空トイレを体験した。



次のページへ


< 前のページへ


最初から読む

-パプアニューギニア一人旅

© 2020 一人旅運転日記 by Junko