到着日「香港お勧めホテルとシルカシービュー口コミ」

私が予約したシルカシービュー(Silka Seaview Hotel)は、当時はDorset Seaview Hotelという名前でした。この次にマレーシア旅行記を書いたのですが、「なんて偶然・・・」と思いながら苦笑いしてしまった。皮肉です(詳しくはマレーシア記で)。






ホテルを探している時、九龍側に泊まろうと思いながらエクスペディアを見ていたら、このホテルが「キャンペーン」として4000円から4500円ぐらいで出てきました。

だけど、いつもいつもキャンペーンと書いていることもあるし、「どうしようかな」なんてのんきにしているうちに、次の日に見たら1000円ぐらい値段が上がっていました。逆のパターンがマレーシアに行く前にフライト料金で起きたけど、この時は本当にキャンペーンだったみたい。先着順でいくつか売れたら少し値段を上げるという、EU格安航空のようなことをしていたのかも。






焦った私は、5000円ちょっとでもまだ安いと思って次の日即座に予約し、クレジットカードで前払いしました。ホテル代がそんなに安いんだから、タクシーで同料金かけてホテルまで行くとは思えないのよね。




一時期は一番安いプランでも1万円ぐらいしていたこともあったけど、今見たら、何と3000円ぐらい(朝食なし)だった。大分安くなっていますが、ブッキングコム経由の値段です。ここはその値段なら断然お勧め。






部屋は今も昔も狭いのです。トリップアドバイザーの口コミで、部屋がすごく狭くてスーツケースも開けられないと欧米人が何人か書いていたので、承知の上だった。当時のスーツケースは小さかったし、私自身が小さいので、全く問題なし。広くて汚いよりも、狭くてキレイなほうがいい。






昔からバスタブはありました。全然お風呂に入った記憶がないけれど。香港、暑いからね。冷蔵庫もちゃんとありました。他のお勧めホテルは記事の最後に紹介しますね。






さて、どうやってか到着したシルカシービューホテルだけど、チェックインに待たされた記憶があります。「もう夜なのに」と思いながらロビーで待っていた。






そうは言っても、チェックイン後は、そんな時間に無事に食事に出ています。このホテル、立地がとてもいいの。飲食店はあちこちにあるし、コンビニも近いし。






そして、近所でワンタンメン。おいしそうだな。

IMG_3918






これは当たりだった。というか、あまりはずれないかも。次の日の朝からパクチに苦しむけど。確か、200円か300円ぐらいでした。露店じゃないけど、深夜にやっているようなファミレスみたいな感じのところだったと思います。






そして、ホテルへ帰って写真を。






確かに狭いでしょう?入口から入ってすぐ撮っています。右は浴室です。写真ないけど。因みに、これは改装前なので、今は比べ物にならないぐらい綺麗です。ブッキングコムの写真を見て下さい。

IMG_3919






一応机的なものもありました。確かに大きなスーツケースは今でも広げられないはず。右にはパプアのお土産バッグ。懐かしい。

IMG_3920






さて、ここで、他のホテルをいくつかご紹介。と言っても、さすがは有名観光地、すごい数のホテルです。どうやって選ぼうか迷ったけど、口コミ人気が高いものからまず選んでみました。「安さ」と「見晴らし(高級)」の2種類を基準にしました。場所は、「九龍側」と「香港島側」です。






まずは、「九龍側」の、「安さ重視」の「口コミがいいホテル」の1軒目、「Big Wave Travel (Little Deer Branch)」。3000円しないぐらいで、立地よし、清潔。海外の学生寮みたいに見える。安いけど専用のシャワーがついています。香港は、「トイレにシャワー」という、アジア特有というわけじゃないのだけれど、トイレとシャワーが別になっていないような宿泊場所もあるのですが、ここは安いけれどもちゃんと別になっていると思います。シャワーキュービクルだと思う。他の同料金の場所だとどうもシャワーがトイレシャワーみたいで怪しいので、超格安ではこちらしかお勧めしません。これより200円から1000円高い料金を払えば、私が泊まったシルカに泊まれる可能性もあるので、エコノミー派は時期によって値段を比べてみて下さい。






「九龍側」の、「安さ重視」の「口コミがいいホテル」の2軒目、「Homy Residence」。5000円から1万円ぐらいで、シルカより広い部屋。かなり清潔。立地の点では若干劣ります。




3軒目は、少しお値段上がって、大体12000円から20000円ぐらいの「Hotel Stage」。清潔で駅から3分というのはいいけれど、正直、だからと言ってとりわけ何だという違いはなかった。ごく普通のホテルに見えます。デザイナーズホテル的なことを考えたら安いのかもしれないので、一応中間料金ということで紹介しますが、個人的には、格安に泊まるか超豪華かどちらかのほうがいいと思っています。






さて、それでは「九龍側」の「高級ホテル」。実は高級ホテルは香港島のほうが多く、九龍側だといくつもありません。そして、「眺めがいい」ところを選ぶと言っても、「夜景」のことです。あの夜景を部屋から眺められたら素敵だなと思って。ただ、実際にはおそらく外へ出て見ていると思われます。なので、高級ホテルを眺望目当てで予約して高いお金を払い、実際は部屋からは夜景が見えなかったなんていうことがあるともったいないと思います。まず1軒目に紹介する「ペニンシュラ(The Peninsula Hong Kong)」も、海が見えない部屋もあります。超セレブ地区にありますので、そういう買い物にはいいと思う。






「九龍側高級」の2軒目の「K11 ARTUS」。ここはペニンシュラよりはいくらか安いけど、やっぱり高い。そして、見えたとしても、どちらも眺望は香港島です。






「九龍側高級」の3軒目、最後に紹介するのは、「Hotel ICON」。ここも部屋によっては夜景は見えないのですが、ここだけは立地が少し違って、香港島だけではなく、九龍側の夜景も角度によっては少し入ると思いますので、部屋によっては「当たり」だと思う。前の2軒より少し離れているので、値段も3分の2ぐらいに落ちます。ただ、サービスも少し落ちるかも。






さて、次は香港島側ですが、こちら側は、格安で紹介しようかなと思ったものは見つけられませんでした。とりあえず、九龍側真正面の「Grand Hyatt Hong Kong」。後ろにもう1軒高級ホテルがあるけれど、位置的にこちらのほうが眺望がいい部屋がある気がした。ただ、ハーバービューだとやはりどんなに最低でも3万円。






香港島側では、こちらのほうが良さそうです。「Four Seasons Hotel Hong Kong」です。九龍側のホテルアイコンと一緒で、少し角度が違うため、当たりの部屋なら最高の夜景が見られるかもしれない。






やはり、予算が大事。予算上限なしなら、私なら九龍側ならばホテルアイコン、香港島ならフォーシーズンズかな。ただ、どちらも予約サイトには気を付けないと、ホテルダイレクトだと数千円から数万円高いかもしれません。

次に、「何をしたいか」ですよね。何ていうか、九龍側のほうがせわしいと思う。活気がある。香港島は、外資系の会社とかが多く、静かなイメージです。私はアジアの活気が好きなので、夜まで騒がしい九龍側のほうが断然いい。

ゆっくり検討してみて下さい。

Booking.com






さてさて、シルカに到着した私、上の写真を撮ったのが1時19分になっているけど、日本時刻から変えてないと思うので、多分0時19分です。この後は、シャワーを浴びて熟睡だったはず。

そして朝早くから元気に起きました。そして、早速占いへ。


次のページへ


< 前のページへ


最初から読む

-香港・マカオ一人旅

© 2020 一人旅運転日記 by Junko