2日目⑥「アンマンお勧めホテルとヨルダンの女の子」

もう、あんまり時間がないな。






そう思いながら駐車場まで行く途中、子供が何かくれとせがむので、かわいそうだからグミをあげました。

星の金貨的気分でお供のお菓子が2つに減った私は、やっと出入り口に到着。






そして、車に乗る前にトイレに行っておこうと思って、出入り口付近のトイレへ行きました。

トイレで手を洗っていたら、スカーフを巻いた女の子が二人いて、一人の女の子が鏡の前でスカーフを巻き直していた。






非情に話しかけたいけれど、英語が通じるかどうか分からない。






だから、ボソッと独り言のように、




「上手にスカーフ巻くね。難しそうだな」




と言ってみたら、即座に英語で返事が帰ってきた。




スカーフの子 「そんなことないよ。簡単だよ!」




おっ。何て屈託のない。何て感じのよい。何てフレンドリーな。さっきの子たちもすごいけど、この二人もすごい感じのよさだ。




私 「そう?何か、難しそうなんだけどなぁ」

スカーフの子 「簡単なのよ。ここをこうやって巻いたらこうして・・」




と、実演を始めてくれた。どんなスーパーの実演販売より嬉しい。




多分、スカーフっていうんじゃないのよ。あの頭に巻くやつ、何て名前だったっけ。

思い出せないからスカーフにしておくけれど、このスカーフは、多分男性の前じゃはずさないはず。わざわざトイレではずしていたぐらいだし。だから、私は女としてとってもラッキー。




さて、そんな貴重なシーンを見ながら、トイレで少しおしゃべり。




この女の子二人は、姉妹でした。そして、トイレの外には、もう一人妹さんが待っていて、実は三姉妹でした。

というだけではなく、お母さんまで出てきて、お父さん以外の一家総出でおしゃべりタイム(父、何となく疎外)。




もちろん日本人なことはぴたりと当てました。とにもかくにも親日なのだ。お母さん、英語しゃべらないけれど、一生懸命会話に加わってくれる。




ものすごく感じがいい。




でも、あまり時間がない。




FBにいるかと聞いたらいるというので、三姉妹にFBのリクエスト送ってくれるようにとお願いしました。




たまに、会ったら感じがいいけど、書くと普通だったり失礼な人がいます。英語でも感じの悪い表現はあるし、第二言語だと特に気を遣う。

私の友達のヨルダンの女の子たちは、全員、英語でもとても心のこもった書き方ができる人達です。

文章は、人を表す。彼女たちの性格の良さや柔らかさは、彼女たちがくれるメッセージやメールで十分良くわかります。




私はこの時のたった一瞬の出会いがくれた大切なお友達を、今もすごく大事に思っています。距離はあるけれど、彼女たちに何かあって何かが必要ならすぐに送ってあげたいし、もちろん日本へ来るなら大歓迎だし、再び結婚式に呼ばれるなら喜んで行きます(呼ばれなかった・・・)。

でも、もう少し時間があったなら、アンマンで又会いたかった。あ、そうそう、みんな首都アンマンの子たちで、日帰りでジェラッシュに旅行に来ていました(礼拝かもしれんが)。






さて、素敵な出会いがあり、気分良くジェラッシュを出る私。駐車場へ行き車へ乗り込むと、又灼熱状態。

ふと見ると、さっきもらったチョコレートはもちろんドロドロ。でもおいしい。チョコは、溶けてもチョコ。腐ったらただの異物。






さて、クーラーかけて車内の温度を下げ、耐えられる温度になってから出発。






渋滞があったらディナーに間に合わないぐらいの時間だったことは覚えています。アンマン中心部は渋滞すごいし、危なかったかも。






さて、ホテルへ無事に着いた私は、着替えてディナーへ。新郎が新婦と一緒に車で迎えに来てくれました。

他にも結婚式に呼ばれているイギリスからの招待客3人を迎えに行き、それぞれ自己紹介しながらレストランへ。

何の料理だったか分からないけれど、アラブ料理ではなかった。






翌日は二人の結婚式なので、夜の宴もほどほどに・・・。




終了後は再び送ってもらって、無事帰ホテルです。




ここで、私は何となく適当に決めてしまったので、もしも次に行くなら泊まるかもしれないホテルをご紹介。

まずは、高級版から。Fairmont Ammanですが、窓からの景色が素晴らしい部屋がいいけれど、多分スイートかな。セレブ的じゃなきゃ泊まれないか。




続いても高級版。ここも夜景が綺麗みたい。Amman Rotanaです。




そして、とてもそのようなホテルには泊まれない我が身を理解し、安いホテルへ。ドミトリーではなく、朝食が無料でありWi-Fiがあることを条件とし、更に、口コミがそれなりにいいところを選択してみた。

それがこちらの「New Park Hotel」。古いけれど、20ドルぐらい、2000円ぐらいで泊まれる「ホテル」です。シャワーとかも共同じゃないし。結構神経質だけど、そんな私でもここはOK。




ホテルはたくさんありますので、チェックしてみて下さい。アラブ国特有のえらく飛んでいる砂漠セレブホテルはアンマンにはないけれど、それなりに高級旅行気分を味わえるものもあるようです。もちろんドミもあるし、安宿もたくさんあります。

Booking.com






さて、送ってもらってホテルへ到着した私は、ベランダからの夜景を一枚。 アンマン、都会でしょ?このビル、上に貼ったAmman Rotanaな気もするけれど、低すぎるか。違うかな。

IMG_4569






シャワー浴びて、おやすみなさい。今日も暑かったよ。

明日はいよいよ結婚式だ。


次のページへ


< 前のページへ


最初から読む

-ヨルダン一人旅レンタカー運転あり

© 2020 一人旅運転日記 by Junko