4日目⑤「マレーシアお土産③、車がガクンガクン」

スーパーでお土産

お土産探しも兼ねて、自分が飲むジュースとかを買いに、スーパーへ。






時刻は20時41分。地下にあった大きなスーパー、大分遅くまで営業しているらしかった。ありがたい。






右に見えるような、日本と同じカートもあったけど、

img_1246






私はこちらを選択。入っているのはさきほど買ったTシャツ。

img_1247




このカートは、カゴがついていて、カゴの下にキャスターがあって、ガラガラひけるようになっています。今は日本でもどこかにありそうね。コストコとか。






すぐに目につく、いつもやり過ぎなキットカット。新発売でもないのに一気に売り過ぎ。もう見慣れたけど。

img_1248






そして、いつものように、買い物をしている現地の人に話しかけてみる。

「マレーシアのお土産には何がいいと思う?」と聞くために。でも、返事はやっぱり、「紅茶」。

それも、彼らが紹介してくれたのは、リプトンだったか何だったか、全然マレーシアンじゃないやつでした。

ありがとねと言ってバイバイし、又一人プラプラ。






冷蔵庫のあるコーナーへ行ったら、デカヤクルトがあった。久々のご対面、嬉しかった。

img_1249






このために香港記でヤクルトについて書いたようなものです。日本のものよりずっと大きくて安い。しかも5本。

ホテルは翌日チェックアウトだったので、それまでに飲みきれそうもないから迷ったけど、4.29リンギットで150円弱ぐらいで安かったから、1本でも飲めればいいやと思ってカゴへ入れた。






そして次に、冷蔵していないジュース売り場に行ってみた。

気に入ってしまっていたライチジュースを発見したので、違うブランドだったけど、これもきっとおいしいだろうと思い、カゴへポン。1.8リンギットで、1本50円ぐらい。結構高いよね。






次は、調味料売り場。たくさん並んでいたチリパウダーを物色していたが、さっぱり分からなかった。とりあえず、サイズが小さいのを選択。

1つ0.65リンギット。30円しない安さ。3個買いました。

dsc_0829

マレーシアンなのかどうか不明なまま購入。

dsc_0830





3個中、2個はそのまま残っており、1個はイギリスへ発送済みです。この記事のためにこれを使って何か作ろうと思い、先日開けて味見したけれど、一体どんな風に使っていいか思いつかなかったので延期した。

味は、多分普通のチリだと思う。どなたか何か作って下さい。辛いことは確かです。おいしいかどうかは料理次第だろうけど、アジア独特のチリ風味が嫌いな人は無理だと思う。

検索してみたら、どうやらマレーシアンのようだったので安心した。チリだけじゃなくて、色々と出している会社みたい。HPにレシピが載っているみたいだけど、それをクリックしたらフェースブックのページに飛ばされ、レシピの詳細の写真らしきものを見たら英語ではなかった。何だか分からないけど、どなたか試してみて下さい。




イギリスの友達の方が困らなかったかも。あっちにはかなりチリパウダーが売っているし、好かれいてる味なので、調理法を知っているかもしれない。肉に塩を振り、ついでにチリパウダーも振ってオーブンに入れるぐらいかもしれないけど。




アジアでの調味料は、安いし、いいバラマキお土産だと思います。






さて、次は、紅茶です。

輸入物が大半だったけど、マレーシアンらしきものも発見した。

dsc_0831






野鳥園のレストランで飲んだ紅茶だろうと思って買いました。確かに同じ味のような、ちょっと香りのある味だった。私はフルーツティーが嫌いなのですが、そういう果物の香りではないので、飲めました。チャイ的かな。ミルクに合うと思う。

これは葉っぱがそのまま入っている紅茶だったけど、ティーバッグもあるのではないかな。

マレーシアでは、「ボーティー」という紅茶がお土産として買われるらしいけど、それよりはるかに安い、2リンギット(約60円)だった。

唯一の問題は、値段が印刷されているので、誰かへのお土産には遠慮したいところだということ。自宅用ね。

dsc_0832






このスーパーでお土産のつもりで買ったのは、チリと紅茶だけ。後は、ライチジュースとか、私の食用品でした。

でも、ついでにティッシュも購入。色々と使うので。

dsc_0833

これは日本と同じタイプのポケットティッシュだったけど、使い切れずに持って帰ってきて、その後1年ぐらいかけて消費しました。お花模様がかわいくて選んだだけだけど、紙も分厚くなかったし、使いやすかった。1パックで2.75リンギット(約80円)で、他の物と比べると高い感じもするけど、20個ぐらい入っていたから、安いと思う。






そして、野菜も欲しい気もしたけれど、部屋にキッチンがないのでやめて、

img_1250






合計12.8リンギット(約370円)の買い物を終え、今度はレストラン探しへ。






本日の夕食

まだ21時ちょっと過ぎだったし、モール内ならどのレストランでも営業しているかなと思ったけど、そうでもなかった。

開いていた数軒からウェスタンな感じの店を避けると、南京虫に泊まっていた時にチラチラ気になっていた中国系レストランしか選択肢がなかった。






入ってみた。結構すいていた。21時も過ぎていたしね。

img_1251






何だったか忘れたけど、メニューを見て気になったものを注文してみたら、「もうない」と言われた。そして、そのまま立て続けに、「あれとこれとそれももうありません」と言われ、よくよく聞いてみると、要するに、ご飯がないようだった。

というわけで、強制的に麺になった。

シーフードヌードルと書いてあったものを、中華風の海鮮ラーメンだろうと期待して注文。






それと、スプライト。

img_1252






一緒に来た千切りキャベツが良く分からなかった。コールスローという感じでもなかった。

img_1253






クリスマスセットもあったみたい。

img_1254






そして、私の海鮮ラーメンも到着した。











どうやら、大盛の鍋焼きうどんらしかった。

img_1255

これにお好みでチリを入れるものでした。





大きなムール貝があり、これで悩んでしまった。私、ムール貝にひどいアレルギーで、その物自体を食べなくても、エキスでアレルギーを起こすかもしれないと思った。

因みに、私の顔の湿疹は、オイスターソースにカキがちゃんと入ってることを証明してくれました。だから、ムール貝も危ないかもしれないと思った。

最初にムール貝をどかしたけれど、何だか怖かったのであまり食べられなかった。写真は撮らなかったけど、残しまくりで出ました。






しかも、レシートを間違って捨てたみたい。現金払いだからカード請求履歴もないので分からないけど、1000円しなかったような気がします。






そして、食事を済ませて、22時前、トレーダーズホテルへ戻ります。






クリスマスが終わる

夜はあまり運転したくない。

だけどこの時は、運転して良かったと思った。

やっとやっと、ラジオからジョンレノンのハッピークリスマスが流れたのです。


クリスマスソングは、何故かほとんどワムとマライアキャリーばかりだった。別にビートルズのファンとか、ジョンのファンとか、オノヨーコさんに憧れてとかそんな事ではないけれど、ただ、クリスマスにはこれを聞かないと実感が湧かない。

その曲が、やっとやっと流れてくれた。

25日ももうすぐ終わる頃、やっとクリスマスな気がした。






本日は、

12月25日 当初の予定及び予想と希望
常夏のイブを頑張って取り戻せ。蝶々のためバタフライパークへ行き、たくさんの蝶々の写真を撮って満足。スタンドでガソリン入れてタッチアンドゴー買って デパートへお買い物。駐車場で着替えてショッピングし、デパートで食事。伝統的なちょっと高めのマレーシアンを食べよう。気力あったら夜景でも撮りに行く かな。時間あったら明日の予約。いよいよ南下だから。

だった。バタフライパークへは行けたし、タッチアンドゴーは買えなかったけど、何も買っていないけどデパートで好きなブランドを見たし、安いTシャツも買えたし、マレーシアンは又しても食べられなかったけど、夜景を撮りに行く気はさらさらないけれど、まあ、本日はこれで終わっていくようだ。






明日以降のことを決めていないけど、どうしよう。明日チェックアウトして、またもや宿無し。

もうこのまま宿無しで南下してみようか。






と思っていたら、信号待ちでガクンガクン






停車中、ブレーキを踏んでいた。ブルブル震え出したので、強く踏み込みんだけれど、あまり効果はなかった。

信号待ちもそんなに長くないので、すぐに出発。走り出したら別に問題はなかった。






でも、又信号待ちでガクンガクン。エアコンを消してタコメーターを見ながら走っていたけれど、数度のガクンガクンは止まらず。だけど、特に回転数には異常はないみたい。

これは、クラクションどころではないかもしれないじゃないか。

エンジンと関係ない整備不良と、エンジンかもしれない整備不良では事の大きさが違う。

理由は全然分からなかったし、今でも分かりません。勉強しないとね。


ただ、イギリスで、マイルノーが回転数が低くなるとエンジンがストップするという故障にあった時は、電気系統でした。そうなったら空港に戻って無理やり修理のレベルではないほど深刻だと思った。

明日、ジョホールバルまで数百キロ南下しようとしているのに、この車、大丈夫だろうか。

シンガポールはまだ決めていないけれど、ジョホールバルには絶対行く気だし。




自分の運に賭けて、ガクンガクンと一緒に進もうか。

アホナビ次郎には慣れたので、画面から次郎が飛び出てきて南下するのに北上を指示されたとしても、もう動じない自信あるし。

予定通り行こう。

予定ないけど・・・。






そして、ホテルに到着。






時刻は22時49分。部屋には、出来あがったヒートテックが置いてありました。

img_1256






マレーシアンだから、クリーニングもちゃんと予定時刻に仕上がらないかと思っていたけれど、トレーダーズホテルはしっかりしていたようだった。

「このホテルは良かった」と、飛行機に乗るまではそう思っていた・・・。






さ、シャワーを浴びて又体をマジマジと確認して、おやすみなさい。



いよいよ明日はジョホールバルへ。


次のぺージへ


< 前のページへ


最初から読む

-マレーシア一人運転旅

© 2020 一人旅運転日記 by Junko