6日目⑩「マレーシア最後の夜の終わり方」




浴槽にお湯を入れながら、窓から外を見てみた。

img_8626






まだ露店はやっているみたい。夜だとまた違うものを売り出したりするのかな。

img_8627






だけどもういいよ。明日は帰国だからさ。

明日は空港まで数百キロドライブだから1日が長いし、スーツケースの整理もしたいから、今日はもうお風呂に入って荷物をまとめて寝るよ。






体のためとはいえ、こんなに暑い国で毎日お風呂に入るとは思ってもみなかったけど、ホテルは寒いです。クーラーがききすぎちゃって。部屋のクーラーは自分で消すんだけど、夜には自動運転かなんかですぐに寒くなってしまうので。






このホテルでは、水の出もお湯の温度も申し分なく、満足なシャワーと入浴でした。

そして、お風呂を出てから、再び全身チェック。湿疹が出てないかどうかね。でも大丈夫。






そして、化粧水をパタパタ顔につけようと思って、パフのフカフカコットンを出すことに。化粧水をしみこませるコットンね。




普段は毛羽立たないコットンを使っているけれど、何故か今回は自分でちぎるタイプのコットンを日本から持って行っていた。

フカフカしてて、ヌクヌクしてて、すっごく好かれそうなやつ。











南京虫にね・・・・・・・・・・・。

img_8628










ひえええええええええええええええ

やっぱり一緒に旅行していたか・・・。











近寄って凝視してみた。

じーっと見ていても、動かない。






死んでいるらしいぞ。






原因はただ一つだ。






またしてもこれが効いたか。

img_1465









ケニアに行った時に買ったのよ。ケニアに行かなかったら知らなかったスプレー。

私はケニアに助けられた。ありがとうケニア。






では、やるか。






まず初めに、このスプレーが効くのであれば、荷物を全部出し、スーツケース全体にスプレーをし直そう。


こちらの↑スーツケースは多分大丈夫だとは思っていたけど、念の為。






やはり、南京虫ホテルで着ていたユニクロのパジャマは、マレーシアで捨てて行こう。パジャマじゃなくてホームウェアだけど。

気に入っていたのに。仕方がないな。






さて、それからはお勉強。パソコンを持って行って良かった。

調べなくてはいけない。

何としてでも日本で南京虫を生存させるわけにはいかないので。






まずは、上の、「蚊がいなくなるスプレー」に入っている成分。

南京虫を殺せる化学物質が含まれているから殺せたはずだけど、何が効いたのだろう。




このスプレーの会社を見たら、キンチョーさんでした。ホームページから、主成分を見てみました(スプレーの裏には「トランスフルトリン」と書いてあったけど何だか分からなかったので)。

それによれば、「ピレスロイド系薬剤」とのことでした。




次は、この「ピレスロイド」とやらが、南京虫に有効なのかどうか。

死んだのだから効くだろうとは思ったけれど、いくつか日本の記事を読むと、どうやら南京虫には進化したものもいて、ピレスロイドに耐性を持つ南京虫もいるらしいとのこと。

昔から日本にいる南京虫が耐性を帯びたのであればその日本の南京虫たちにだけプレスロイドが効かないだけで、日本以外の南京虫には効くかもしれない。海外から持って帰ってきた南京虫が耐性を持った南京虫だったなら、東南アジアの種だとマレーシアの南京虫にも効かないかもしれない。

だけど、一緒に旅した南京虫だって、絶対にマレーシアの南京虫とは限らないし、何の種類かは特定できない。やっぱり違う成分の殺虫剤も買わないと。






ややこしいですが、ということで、「ああありがとうインターネット、ここから注文できるもの」と思いながら、楽天でこれを購入し(写真はアマゾン)、

メッセージのところに、帰国が火曜日の朝なのでそれに間に合わせたいと書いて注文しました。




主成分にはプレスロイド系薬剤も入っていたけど、違う種類(メトキサジアゾンという、オキサジアゾール系のもの)のものも入っており、ピレスロイドが0.5でオキサジアゾールが0.41gと、前者の方が多そうなのが気になったけど、分量の問題ではないかもしれないし、きっと効くのだろうと思って購入。




日曜の夜にダメ元で注文したけど、翌日発送だったので、月曜日に発送してくれたら火曜日の午前中、私が帰宅するまでにスプレーが届いてくれるのではないかと思いました。

そうすれば、ドアを開けていきなりこのスプレーを全部にふきかけ、私自身にもふきかけ、すぐシャワーを浴び、洋服は全部洗濯・・・と、完璧に行けるので。

だけど、この会社の方、丁寧に、「多分間に合わないと思う」とメールを下さいました・・・。すぐに発送してくれたけど。






どうしようもないので、とりあえずこの時は届くように願うだけでした。この夜にやれることは全部やったし。






最後の夜、ある意味これでぐっすり眠れる。

疲れたな。






本日は、

12月27日 当初の予定及び予想と希望
偶然にも空いていたジェンホテルへチェックインして、動物園へ。シンガポールへは行かないで、ジョホールでも探索するかな。クリスマスイルミネーションあったら撮ろう。夜はやっとマレーシアンを食べよう。最後の日だし、いいホテルだし、ゆったりしよう。明日はここから数百キロ空港までドライブして、日本に帰るんだから。

でした。

無事ジョホールバルへは到着したし、ホテルにも難なく着いたし、いい写真なんてないけど、動物園へも行った。マレーシアンは又食べられなかったけど、ライチジュースはたくさん飲んだし、こぼしもしたし。クリスマスイルミネーションは撮っていないけど、露店でショッピングはできたし、友達もできた。呼んでいない客が勝手に部屋にいたけれど、6日分の小爆発ができて良かったのかも。

明日ついに日本へ帰るのだ。




何と長かった6日間・・・。





21時頃だったかな、マネージャーから電話がありました。

「他の部屋と間違えていたみたいだ」という誰もが想像できるような事が原因ということで、確か、シャンペンだったか何かをサービスでと言われたけれど、お酒が飲めないからいらないと断りました。そして、勝手に部屋に入るもんじゃないと、タオルの件も引っ張り出して説教をし、南京虫で忙しいのでバイバイしました。




だいたい、この時の私には、安眠以外欲しいものはなかった。だけど、今思えば、「シャンペンいらないからライチジュースいっぱいちょうだい」と言えば良かった気もする。






さて、明日は数時間のドライブだし、最後の集中力を振り絞って行かなくては。







次のページへ




< 前のページへ




最初から読む






-マレーシア一人運転旅

© 2022 一人旅運転日記 by Junko(メンサ会員)