スポンサーリンク

このマレーシア一人旅レンタカー運転ありは、

Sponsored Link

「私が行ったらこんなになっちゃった」というだけで、決して皆様が行かれても同じことが起きるわけではないはずです。

なので、「マレーシアって嫌だな」などと思わず、笑い話として受け取って頂けると嬉しいです。私はかなり血圧が上がっていたけれど・・・。






でも、普通のマレーシア旅行、つまりは、「おいしいもの食べて、クアラルンプールでブランド物買って~」という旅行では、私と同じ思いをする人はまずいないと思うから、大丈夫。

私だって、もしかしたら、事前に下調べをしていたらあんなに毎日ムカムカしていなかったかもしれないし。






急いでいたのよ。

本当は、この冬は、1カ月ぐらい南米へ行こうと漠然と思っていました。その予定で「地球の歩き方」も買ってあった。だけど、旅行に行けるような様子もなくなってしまっていたので、「今年はダメだろう」と諦めていました。

そんなある日、短い旅行ならかなり無理をすれば行けそうになったので、急遽決定。準備期間は約1週間。滞在期間も約1週間。






一応、ちょっとした予定ぐらいは立ててみた。やりたいことをいくつかピックアップして、それに従って現地で行動することにしていました。






まず、主な目的は、

① 世界一の野鳥園で鳥の写真を撮る。
すべてはここから始まり、じゃあついでに何ができる?みたいな感じでサクサク希望を決めました。ケニアの後、鳥の写真が撮りたくて仕方がなかった。

② 生まれて初めて「常夏のクリスマス」を過ごす。
夢でしたね、「暑いクリスマス」。ぶち壊れたけど。

③ 珍しくお買い物。まずは、ヴィンチ。
ヴィンチとは、マレーシアの靴のブランドです。

④ さらにお買い物で、イギリスのお気に入りブランドがマレーシアにあるらしいので、そこへ。
秘密にしておきたいほど好きなブランド。日本支店なし。マレーシアにあるのを知って、迷わずマレーシアへ行く決意をした。

⑤ アウトレットへ数件行って、その中でもう一つのお気に入りのイギリスブランドも見てみる。
日系のアウトレッも出ています。マレーシアは、買物大国になりつつあるようです。

⑥ ナイトマーケットでアジア満喫ショッピング。
懐かしくてね。アジアが久しぶりだったので。

⑦ ジョホールバル(マレーシア本島領土最南端)から日帰りでシンガポール。
クアラルンプールからはすごく遠いのですが、車でシンガポールに入るのはややこしいらしいので、バスか電車で行こうと思っていました。

⑧ ジョホールバル動物園へ行く。
現地人も、「そんなのあるの?」というぐらいマイナーな動物園なのですが、ガイドブックに載っていたので何となく行くことにしてみた。

⑨ マレーシア料理満喫
アジアの味を楽しみにしていたのだけれど・・・。

⑩ そして翌年のカレンダーはマレーシア
当時、趣味で作ってた自分の写真を使ったカレンダーです。






最初はさ、車を借りるつもりはなかったのよ。でも、行きたい場所を地図で見たら、「車があったほうが絶対に効率がいいし、やっぱり運転好き読者は車がないとがっかりなんじゃないかな・・・」と思い、借りました。そして、マルタ以上に怒りました。






結局のところ、何とか軌道修正をしようと試みたけれど、予定とは大分違うものとなってしまった。

ホテルは全て予約してから行こうかなと思ったけど、何となく気が進まなかった。でも、とりあえず到着が夜だったので、安いところも見つかったし、クアラルンプールの最初のホテルだけは数泊予約しておきました。

その後は、見えなかった。何をしようあれをしようと予定は立てたけど、なぜか具体的な未来が想像できなかった。嫌な予感がしたので、その後のホテル予約はやめておきました。




まあ、当たったには当たったかな。




検索でひっかかってしまうといけないので最初に書いておきますが、シンガポールへは行ってません。シンガポールに日帰りしている人は結構いますので、そちらの方のブログ等を参考にしてください。




車派の方は、断然こちら。笑っちゃうぐらいついてない人の旅行記を読みたい方もこちらで。






この旅行記は「会話」が重要なポイントなので、英単語の説明が少し入るかもしれません。補足ですが、英語を話す方もいっぱいいるでしょうが、今後の旅行記には私の分かる範囲でいいのなら英語の説明を入れて行こうと思っています。






さて、これは、当サイト開設以来、二度目の旅行でした。トイレの写真もいっぱい撮るつもりだったけど、諸事情により入らなかったトイレもいくつもあるので、撮っていないトイレもあります。それでもかなりの量の写真です。

それから、毎日覚書は書いていたけど、全部を書くのは不可能だった。その日にあったことなのに一気に思い出すことができない・・・というぐらい、毎日「会話」に困りはてていたので。私がずっとムカムカしていた理由が伝わるよう、ニュアンスを崩さずに訳せるかな・・・。


頑張ります。



次のページへ

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました