6日目⑥「ジョホールバルジェンプテリハーバーから買い物へ」




ホテル口コミ

窓は一面の一部だけど、

img_8582

一応ハーバービューです。ハーバーが見えるから、ハーバービューです。






部屋は、これがデラックスだというのなら、部屋が大きい事が特徴のホテルではないのだと思います。スタンダードだともっと狭いのだろうから。

img_8583
img_8584






浴室の設計はトレーダーズホテルと良く似ていました。

img_8587






ただ、こちらのシャワーブースには、固定シャワーだけでなくハンドルシャワーもありました。

img_8588






でも、浴槽にもシャワーがあった。合計3つもシャワーがあるなんて。私は1人なのに。

img_8589






このホテルも綺麗で清潔。

img_8590






私は相変わらず使いませんが、アメニティーはちょっと少ないような気もするので、今も変わっていないなら、持参したほうがいいと思います。デラックスでこれでは、かなり物足りないと思う。

img_8591






部屋に到着してすぐ、普通サイズのタオルを下さいとハウスキーピングに電話しておきました。バスタオルもあったし、ハンカチタオルもあったけど、その中間サイズの普通のタオルがなかったので。




でも、しばらく待っても誰も来ませんでした。

もう一度電話してみると、再び「すぐ行きます」と言われたので、もう少し待ってみた。






・・・・。






でもやっぱり誰も来なかった。






待つだけムダだと思って、やっぱり来なくていいよと電話をすることにしました。後で自分でハウスキーピングの部屋にでも行ってタオルをもらってきた方が早いので。

もう二回電話したけど待っていられないからいいよと言ったら、又しても「すぐ行きます」とのことだったけど、出かけたいからいいと断った。

窓からハーバーが見えて、そこに露店がたくさん出ていたので、タオルを待ってるだけの時間などもったいないので早く出かけたかった。

そして、重いレンズを入れ替えたりしていると、誰かから電話が。






ぷるるるる。






 「はい」

誰か 「タオル頼んだでしょう」

 「頼んだけど来ないから又電話して、それでも来ないからもういらないってさっき電話したばっかりです。もういいよ」

誰か 「今から持って行くよ」

 「電話した3回ともそう言われたよ。誰もこないからもういいから。出かけたいの」

誰か 「すぐに持って行く」

 「そうも言ってた。でも来なかったからいいよ。待ってられないのよ。時間がもったいないでしょう。明日帰国なんだから」

誰か 「そう・・・」







嫌な予感。






 「あのさ、いらないよ。タオルいらないからね。自分で行くから。絶対いらないからね」

誰か 「わかりました」

 「絶対に私がいない間に私の部屋に入らないでね。いらないって言ったよ。ピンポン鳴らして不在でも勝手に入るようなことしないでね。タオルいらないからね。いらないよ」

誰か 「わかった」

 「勝手に部屋入らないって約束して。絶対に私の許可なしに入らないで」

誰か 「約束します」






嫌な感じだな・・・・。

頼んだ事をやらないのなら、頼まれていない事をやるかもよ。






この「タオル電話」のやりとりの間、ヒマだからスーツケースの荷物を出したりしていました。私はいつも、その日と翌日の洋服と下着を部屋に出しておくのですが、下着の方はベッドの上にポンと置いておきます。シーツ等は洗濯後で清潔なので安心して下着を置けるので。

朝食に行く時はパソコンまで全て隠すのですが、普通は掃除後には誰も部屋に入ってこないので、掃除が終わったであろう時間帯以後は、パソコンや高価な物でなければ普通に部屋中に置いておきます。

そして、この日も下着を出しっぱなしで出ていきました。











行ってきます

ということで、嫌な予感がしながらも出かけることに。

時刻は17時前。

マレーシア最後の夜が始まるまでの時間、買い物をして楽しもう。






まず、ホテルの裏側というか、ホテルの建物に挟まれているのか良く分からないけど、屋根付きの商店街があった。

img_8592






なんか楽しそうだし、いっぱい買っちゃうかも。現金足りないかも。

露店ではカード使えないだろうし、現金をおろそうか。






人がいっぱいいるから、

img_8593






誰かにATMの場所を聞いてみよう。






ちょうど良さそうに一人でスマホをいじっていた男子がいたので、彼に決定。






 「あの、英語話しますか?」







聞く意味があるのかどうか段々分からなくなってきてはいるが。







男の子 「はい!」







すごい「はい」だな。







 「ATM、この辺にあるかな」

男の子 「あるよ。ここ真っ直ぐ行って、〇〇を超えた左側」

 「念の為、もう1つ違う他のATMの場所教えてくれる?」




何故こんなことを聞くかと言うと、日本のカードなので、たまに使えないことがあるもので。

そんな時は他銀行のATMで試すと大丈夫なことがあるので、一応2種類あると嬉しい。




男の子 「そこに2つ入ってるよ」




人間不信になっている私は、意味が通じたかどうか分からないので、詳しく話してみることに。




 「私、日本のカードなんだけど、アプラスっていうマークがついているATMじゃないとおろせないのよ。だから、2つATMがあっても、どちらもアプラスと提携していないようじゃしょうがないから、違う会社のATMがいいの」

男の子 「うん。2つとも違う会社だよ」




とりあえずお礼を言って進んだけど、どうしても信用できなかった。

「本当のことを言うわけがない・・」と思っていたので。






ところがどうでしょう。

到着してみると、ちゃんと違うATMが1つずつあるではないですか。






合っていた💛

正しかった💛

なんてすごい💛

こんな珍しいことがあるなんて💛

彼はすごい人なのかもしれない💛






と、びっくりしてATMの写真を撮ったと思うんだけど、写真がありません。どうしたかな。




おろした額は500リンギット。15000円ぐらいかな。全然必要なかったけど。

でも、教えてもらった事が合っていたことに驚いてしまい、当たり前の事が起こった幸せを噛みしめながらお金をおろしました。






さ、現金あるし、買い物をしよう。






そして、たった15000円で急に何でも買える気になって出発。






ここは、ショッピングモールだったのかな。短かったけど。ビル内の小さな商店街という感じでしたが、日曜日だったからお店が出ていただけかもしれない。マレーシアンなお土産を探したのですが、見当たりませんでした。






この写真、どうして撮ったか分からなくてじーっと見てみたら、キティちゃんだった。キティちゃんのカフェがあってびっくりして撮ったんだ。そうだそうだ。

img_8594






いつものように特に何を買うでもなく散歩をしていると、下へ降りる階段を発見。ここから行くのかな。

img_8595






窓から見えたハーバーの露店へ行きましょう。






次のページへ




< 前のページへ




最初から読む






-マレーシア一人運転旅

© 2022 一人旅運転日記 by Junko(メンサ会員)