6日目⑧「何やってるのよ・・・」




最後の夜こそマレーシアンを

一応買い物をしたので夕食へ行こう。

「ここはマレーシア」な彼女がおすすめのマレーシアン料理とやらを食べに行くのだ。






終わったけど、まだまだクリスマスカラー。

img_8611






スタバもあるし、

img_8612






スシもある。おたまじゃくしにしか見えない絵で寿司を表現しているセンスが斬新。

img_8613






私は、マレーシアンが食べたいの。おたまじゃくしじゃなくて。

最後の夜だからね。ずっと食べていないから、マレーシアンを食べるの。

何とかロジャースに行くの。




あ、彼女おすすめのマレーシアン、何とかロジャース、あれだ。






と思うんだが・・・。

img_8615






開いてはいるんだけど、暗いしガラガラ。

様子がおかしいなと思って外から中の人を呼ぶと、男性が出てきてくれました。






 「やってますか?」

店員 「18時閉店です」






これから混むのに閉める変わったお店。






 「え・・・だって、マレーシアンならここがいいってホテルの女の子が教えてくれたから来たのに・・・」

店員 「18時に閉めたから食事は無理だけど、ここ、マレーシアンじゃないよ・・・」

 「・・・違うの?」

店員 「メニューこれだよ。何て言っていいか、洋風な感じだよ」

 「ちょっと、写真撮らせて」






ファミレスかな。

img_8616






日本に来た旅行客に、ジャパニーズだと言ってジョナサンを紹介しても決して間違ってはいない。ガストでもいいと思う。マレーシアにありマレーシア人が食べるのなら、それはマレーシアンなのだ。

さようならマレーシアンレストラン。お呼びじゃない上に、開いてないんじゃしょうがない。






もういいよ。どこでもいいよ。






スタバにパスタがあるんだ。すごいな。だからと言ってこれでは嫌だな。






じゃあ、何食べよう。






フラフラ歩いていたら、ほぼ突き当たったところに丁度チャイニーズレストランがあり、

img_8618






探す気力もないし、ここにしようかなと思って外でメニューを見ていました。

すると、女性が出て来たので、「中国人ですか」と聞いてみたら、そうだと言われた。なので、このチャイニーズが台湾料理か香港か四川かどれだろうと聞いてみたら、さっとメニューを見て、特にどれでもないよと教えてくれた。日本でも良くあるごっちゃまぜかな。






彼女、私が車だと言ったら、興味深々だった。自分は住んでいるのにまだ一度も運転したことないのにスゴイと言って、恐くはないかと色々聞かれました。そう言えば、友達になることなく立ち話だけしてバイバイしちゃったな。






さて、おいしそうなレストラン、もうここでいいやと中に入ると、ガラガラでした。夕食にはまだ早かったかも。18時で閉店するお店もあるのだから夕食には遅かったのかもしれないが。






そして結局ここでもチャーハンを注文して、どうやら又スプライトだったようです。夜はカフェインなしだからね。鶏チャーハンにして、今度は本当に鶏で、サーモンじゃなかった。

img_8619






本当は、何かおかずとなる料理を頼みたかった。だけど、一人だとせいぜい一皿でいっぱい。スペインのタパスとかならいいけれど、本場チャイニーズだととても多くて食べられません。麺とかチャーハンが丁度いい。






お会計は、28.4リンギット。900円しない。チャーハンとスプライトで、高い方じゃないかな。

でも、おいしかったけど、わざわざ食べに行くほどではないと思います。結構有名なお店な感じもしたけれど。

マレーシアでは、もしかしたら中華より和食のがおいしいかもしれません。もちろんマレーシアンが食べられたら一番いいと思いますが・・・。






さ、一応食べたし、ホテルへ帰ろう。明日は長旅だから。お風呂に入って、ゆっくり休もう。






ホテルへ入り、部屋へ戻る途中、丁度ハウスキーピングのお部屋の前だったか、タオルがたくさん乗ったカートがありました。男の子がいたので、



「これもらっていくよ」



と言ってタオルをとると、「後で持っていく」と言うので、「いいよ自分で持って行くから」と言うと、「持って行きます」。「電話したけど持ってこなかったから、いいよ自分で持って帰る」。「持って行きます」と「持って帰るよ」のキャッチボールが続いたので、「じゃ」と言って退散。

タオルも手に入れたし、これで一段落。






何だかんだ言ってもキレイなホテルだし、ゆっくり休もう。お風呂につかって、ぬくぬくしよう。

と、部屋のドアを開けると・・・・・・・











ダレデスカ

目の前に若い男子。






 「何やってるの!?

男子 「コンセント直してます」

 「何言ってるの?」

男子 「コンセント直しに行くように言われたからきたんだよ。今直してるところ」

 「何で壊れてもなきゃ頼んでもないのに直しにくるの!?」

男子 「知らないよ。僕はそうやって事務所から頼まれたからきただけだもの」






彼は、作業着のようなものを着ていて、工具が入った小さなボストンバッグを床に置き、本当にコンセントをいじっていました。

だから、泥棒じゃないことはすぐに分かったし、ちらりとベッドの上の下着も見たけれど、位置もずれていなかったし、確実に怪しい人でないことは私も見てすぐ分かった。






だけどちょっと、頭にくるじゃない。勝手に部屋に入って。頼んだら来ないくせに、だからと言って頼んだ用事で来たわけでもなく、全然知らない理由で勝手に人の部屋に入るなんて。

何となく怒っておくべきだろうと思い、それほどボルテージ上がってないのに、割と怒りました。






 「私はそんなこと頼んでないの!」

男子 「だって僕は頼まれただけだから」

 「誰に頼まれたの?」

男子 「事務所だよ。これ、テキスト入ったの」






と言って、携帯のメッセージを見せてくれました。そこには確かに私の部屋の番号が。後は何が書いてあったか忘れたけど。






 「なんで事務所がテキストなんか送るのよ。私頼んでないよ」

男子 「知らないよ。僕は頼まれただけなんだから」

 「頼まれたって、ピンポン鳴らして誰もいなかったでしょう。何で勝手に入るのよ」

男子 「そうだけど、直すように言われてるから」

私 「それでそのコンセント壊れてたの?」

男子 「壊れてないみたいだから不思議で」

 「そうでしょう!壊れてないもの!頼んでもないし!おかしいでしょう!」






そして彼は、電話でマネージャーを呼びました。






マネージャーとやらを待ってる間、




 「これ以上部屋に入ってないでしょうね」

男子 「入ってない」

 「ベッドだの何だの触ってないでしょうね」

男子 「触ってないよ」






失礼なことを聞いているようだけど、勝手に部屋に入っている男子に優しくする筋合いはない。






そしてしばらくすると、マネージャーとやらが到着しました。






次のページへ




< 前のページへ




最初から読む






-マレーシア一人運転旅

© 2022 一人旅運転日記 by Junko(メンサ会員)