スポンサーリンク

マレーシアガイドブックと(シンガポールも)、持って行った方がいいもの

Sponsored Link

今回私が使ったのは、「地球の歩き方」だけでした。



ブルネイも一緒ですが、ブルネイ情報はちょっと少なすぎるかも。もしかしたら本当に何もない国なのかもしれないけど・・・。2020年~2021年版です。






実は、写真がたくさん載っていたので、今回はまっぷるとも迷ったのです。だけど、本が大きいからやめました。買物旅行にはこっちの方がいいかも。どっちもどっちかな。






それから、るるぶも出しています。ボルネオ付で。






それと、まだ買ったことはないけど、ローカルレストランを勧めているこのシリーズにはとても興味を持っています。






場所は違うけど、本がかわいいからこちらも。ペナンやマラッカへ行く方は是非。






そもそもクアラルンプールにしか行かないという方は、首都の本だけ買うほうがいいです。ジャングル自然公園みたいなものは、行かない人にとっては要らないページだし。

地球の歩き方の「プラット」か、




タビトモか。






今回は買わなかったけど、もちろんロンプラもあります。シンガポールとブルネイと混ぜてしまっているようですが、




クアラルンプールとメラカとペナン島だけでも一冊出してるようです。






さて、シンガポールはとても小さな国ですが、地球の歩き方からはもちろん1国で出ています。






プラットでも出ている。






るるぶも。






名前に困っちゃうけど、タビトモも。






私は、シンガポールは日帰りのつもりだったので、小さいものを買おうと思っていました。成田で買おうかなと思ったけど、代官山の蔦屋に行った時に丁度良さそうなのを売ってたので、これにしました。初めてこの会社のガイドブック買いました。2014年のものらしいですが、小さければ何でも良かったし、写真が一杯で、食事もおいしそうだなと思って。結局使うことはなかったけど。






でも、シンガポールのガイドブックにはミニサイズがいくつもあります。



アルコも。




るるぶも。






ブルネイとなるとちょっと難しいけど、マレーシアやシンガポールならたくさんガイドブックが出ていますので、自分の旅行のタイプに合ったものが見つかると思います。運転の私には、自分に合ったものは明らかになさそうだったけど。

それと、ほとんどのガイドブックはクアラルンプール中心なので、違う場所に行かれる方は中身を見てから買ったほうがいいと思います。郊外だと3ページとかしか載っていなかったりするかもしれないので。









では、持ち物です。

服装ですが、暑いのはいいのですが、イスラム教なのであまり露出は控えたほうがいいのだろうなと思っていました。行ってみたら、全然そんなことはなかった。






でも、マレーシアだけではないのですが、すごくクーラーが効いていて寒いから上着を常に持っていたほうがいいと思います。

パジャマも完全な夏物ではないほうがいいんじゃないのかな。普通のホテルには自分で温度調節ができるクーラーが部屋にあると思いますが、結局電源を切ってもなぜか寒かったので、館内全体にクーラーがかかってるようでした。ホテルによっては毛布をかけるほど寒かったです。






雨具については、何と言ったらいいか、雨季に行くのなら並大抵の雨具では手に負えないかも。地理的に仕方がないですよね。私は折りたたみ傘を持って歩いてはいたけれど、すごいスコールにあって、傘はあっても膝から下がびしょびしょになりました。

かなりのレインコートと長靴と傘を持っていればなんてことはなかっただろうけど、普通はそんなものを持っていないので、そんな時はみんなで雨宿りです。なので、一人旅なら雨宿り中の暇つぶし(本とか)もあったほうがいいかも。






あと、日焼け止め等、日よけ対策も忘れずに。湿気がすごいので、できればタオルもね。






それから、多分どこの国でもお勧め持ち物に入れるであろうこのスプレー(高級ホテルなら大丈夫かもしれないけど)。私は生涯どこへ旅行するにもこのスプレーは手放せません。蚊じゃなくても殺します。ケニア旅行から旅行の必需品にしました。






こんなものかな。マレーシアならお店もいっぱいあるし、足りなければ色々買えると思います。スプレーは買えないけど。






首都食べ歩きショッピングとかなら、普通の格好でいいと思います。暑すぎたり雨が降ったりしたらすぐデパートでも入ればいいし。






さて、それでは旅行記に。



次のページへ



この旅行記を最初から読む

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました