スポンサーリンク

マレーシアへ(KL)の行き方(きつねにつままれた感じ・・・)

Sponsored Link

マレーシアへは直行便もあるし、時間がないから丁度いいなというのも点数が高かったことのうちの一つでした。

8日以上の旅行なら乗り換えなければいけない場所も考えただろうけど、旅行期間が短いと、乗り換え時間がもったいないし。




準備期間は1週間ぐらいだったけど、フライトだけは旅行へ行けると決まる前から多少はチェックしていました。




マレーシアって、安い時は4万円とかです。だけど、最初に見た時は、直行便は全て10万円ぐらいだったのです。だから、野鳥園に行きたいとは思っていたけど、直前予約だからといって倍の金額を払うのはとっても損な気がしていた。10万円なら、世界のかなりの国に行けるもの。




12月13日、10万円に悩み悩み悩み、「しょーがないかなー」なんて思い始めた17日、なぜかマレーシア航空の便が54000円ぐらいに下がっていた。

理由は不明。




「じゃあ買おうかな」と思ってクリックしてみたら、予約できなかった。

こちらも理由は不明。




違う航空券を探しますかと続けて出てきたので、そのまま進んでみました。そしたら購入できた。でも、59,756円になっていた。イードリームスでした。




どの格安航空があったのか覚えていませんが、ジェットスターはマレーシアへの直行便はないみたいなので、エアアジアだったみたい。どちらにせよ、金額は大手航空会社が安くなった後でもまだ10万円近い料金のままだった。全然「格安」ではなかった。おまけに、フライト時間も希望と合わなかったので、利用しようとも思わなかった。






直行便をまとめておくと(2019年現在)、

東京(成田又は羽田)から
マレーシア航空
JAL
ANA
エアアジア(羽田)

ですね。大阪は、ANAはないみたいです。マレーシア、JAL、エアアジアの3つが就航してました。エアアジアは羽田からより関西からのほうが便が多かったです。

乗り換えならもっとあるので、乗り換えがてらその国に寄ってみたりしながらゆっくり休暇もいいと思います。






さて、料金が急に安くなった理由は、単純に5日前だったからかな。こんなに間近で購入したことはなかったので、あっけなく半額になられることに慣れておらず、きつねにつままれたみたいだった。だけど、エコノミーの相場は5万円以下なはずなので、やっぱり多少は高かったですね。






さて、マレーシア航空はJALと同じワンワールドなのですが、あのグループは、どっちの便なのかの書き方が曖昧。と思うのは私だけだろうか。

購入後のメールにはどちらもJAL便と書いてあり、「どっちでもいいや」と思いながらも良く見てみると、「航空会社」はJALで、「運行会社」は行きはJALで帰りはマレーシア航空でした。正しいのかどうか不思議だったけど、帰国便は確かにマレーシア航空でした。前にイギリスから帰国する際、一番安かったのでJALを買ったら、ブリティッシュエアウェイズだったけど(スーツケースが戻ってこなくて「二度と乗るか」と思っていたのにあっさり乗せられてショックだったけど、乗ってみたらJALより快適だった)。




このJAL&マレーシアは、成田出発だと1、2時間の差でクアラルンプール行きを飛ばしていました。これは、実際空港に行ってみると、非常にややこしいです。私を含めて数人が間違えていました。もうちょっとはっきり書いて欲しいよ。私の便は午前11時代だったけど、その前に出発するマレーシア便に並んでしまっていた。






夜に成田出発だと現地に朝到着で疲れるから嫌だったけど、あんまり成田発が朝早いとまだ大分暗いうちに家を出るのでそれはそれで嫌だったので、マレーシア行きは、昼頃出発の便で決めました。

帰りは日中か夜発かで迷ったけど、夜マレーシアを出国することにしてそれまで旅行をして現地6泊にするか、マレーシアを朝の便で出ることにして7泊するか悩んだ結果、日本に少しでも早く帰れるように現地6泊の夜出発にしました。だけど、深夜便はやっぱりつらかった。

ANAはマレーシア発が朝7時ぐらいであまりにも早かったので、希望の時間ならマレーシア航空しかありませんでした。






夜に現地発だと、やっぱり空港でシャワーを浴びたいところです。常夏の国で観光した後に帰るのなら、綺麗にしてから帰りたい。シャワーはいくつかあったけど、高い確率で使用中かも。お店等はほぼ全部開いてました。詳細は旅行記にて。






それと、最後になりましたが、日本パスポート所有の観光客はビザはいりません。普通の制約はありますけど(パスポート残存期間6カ月、現地滞在90日以内等)。

※ 2020年3月現在、コロナの影響で渡航制限がかかり、入国できません。



次のページへ



この旅行記を最初から読む

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました