マイスイフト車のバッテリーをアトラス製に自分で交換





お疲れ様なスイフトバッテリーが止まった時

2014年8月にスイフトを購入して、最初に「バッテリー要交換ですよ」と言われたのは、確か2015年の12月だった気がする。それ以後、車検だとかオイル交換だとかの際には、必ず「バッテリー交換時期」と言われていたけれど、わざと放っておきました。

バッテリーを自分で替えてみたかったのと、「いつまで持つのか知りたい」という理由で。「危ない」と言われてからどのぐらい走るのか、知りたくないですか?



バッテリーが上がるとするのなら、自宅の駐車場だと思っていた。出かけようとしたらエンジンがかからなかったという良くあるパターン。

運転中にバッテリーが上がるなんてことはないし、運転していれば充電ができているだろうからコンビニに立ち寄った際にエンジンを止めたぐらいでは何ともならないと思っていた。



半分は正しかったけど半分は間違っており、さすがの当たりバッテリーも数度の夏には耐え切れず、エアコンに負けました。

予想に反し、何と、セブンイレブンの駐車場でバッテリーが上がってしまった。



自宅を出発して、珍しく出発後すぐにエアコンをつけました。バッテリーが要交換なのを知っていたのでいつもはやらなかったのに。

そして、ほんの数分先のセブンイレブンに行ってすぐ駐車。



サーモンのおにぎりとカフェオレを買って出て行ってエンジンをかけたら、カチカチカチカチでした。

「この暑いのに、サーモンのおにぎりを早く食べないと悪くなるじゃないか」というのが、直後の感想。



隣にも車が停まっており、中を見たら男性が運転席にいた。スマホを見ておりまだ出発しそうになかったので、この人にバッテリーを頂くことに決定。

窓をコンコンと叩くと予想通り「押し売りですか」的な顔をされたので、「あの、今、時間ありますか」と聞くと、更に「何を売る気だ」という顔をしながら「ないけど、何ですか」というので、「バッテリー上がっちゃって」と言ったら、ご協力頂けるとのことだった。



「ケーブル持っていません」というので、「それは私が持っています」と準備をしたけれど、困ったことに、イレブンに向かって停めていた。

バックで駐車していなかった上、ケーブルが短かった。というか、長いものってあるのだろうか。短いというか、私のケーブルは普通の長さだと思います。



ボランティア協力の彼が車を移動してギリギリまで近づけてくれた。お陰様で何とかケーブルが届いたけれど、本当にギリギリでした。

こんな時のために、バッテリー要交換時は前向き駐車は良くないなと思った。後ろ向きに駐車していれば前にピッタリと車をつけてもらえるのでケーブルの長さを心配する必要はなかったと思うので。



さて、そして無事にバッテリーを頂き、エンジンがかかったわけです。

「サーモンを早く食べないと・・・」というのが、この時の一番の悩み。



イレブンの駐車場でエンジンをかけたまま放っておき、イレブンの庇の下でサーモンのおにぎりを食べ、カフェオレを一気に飲んで、一安心。

役所へ行くところだったので、「バッテリーが上がったので、充電してから行きますから1時間ほど遅れます」と電話をし、1時間ほどエアコンなしの送風ドライブを体験。体温も血圧も人より低くて良かったと思った。



1時間半ぐらい役所にいたのかな。出てエンジンをかけてみたら、ちゃんとかかりました。

それから又1時間半ほど走ってスーパーへ行き、買い物してきてもまだエンジンがかかったので、安心して帰宅。



だけど、次の日の夜にエンジンをかけたら、やっぱりもうダメでした。

完全にご臨終。



でも、良くここまで持ったと思う。メーカーは、最初はフルカワと聞いていたけど、実はユアサだったのかな。それほど私が運転していたわけだけど、それにしても、素晴らしいバッテリーでした。

2014年8月に中古で2013年車を購入したけど、バッテリーは交換していなかったらしいので、何と、7年も持った。2015年の12月に「要交換」と言われたので、それから4年8カ月もったということ。私ぐらい走るのなら、「要交換」からそのぐらい大丈夫かも。






どのバッテリーを買おうか

ゴジョさんにバッテリーが上がったと言ったら、「55B24が安心」と言われたので、アマゾンで55を探してみた。

左か右かは覚えていないと言われ、「そうか、左と右があるのか」と納得。先日開けた時の記憶では左だったけど、一応確かめに行って再確認。


そして、「55B24L」をアマゾン検索。


色々あって、値段は6000円から2万円ぐらいだった。口コミを読んでも、いいとか悪いとか、判断しづらかった。

なので、値段で判断せずに使い勝手を考慮してみた。


「取っ手」が取り外しではなく、倒れるものがいいと思った。重いから取っ手が欲しいけど、取っ手を取り外したらどこかに置いておかなくちゃいけないでしょう。だったらそのままついていてくれたほうがいいじゃない。何で取り外しにしちゃうのよ。

日本製は取り外しが主流みたいだったけど、でも、結局、問題はそこではなかった。



急ぐ私は、翌日発送翌々日着のバッテリーが欲しかったのよ。そうすると、55はありませんでした。



これ、同じ思いをする人がいる気がします。バッテリーが上がってから交換するのなら、すぐ手に入れたいじゃない。だけど、来週発送とかでは、遅いじゃないですか。

3日以内に欲しいとなると、選んでもいられないかもしれない。



55ではなく、60に上げて検索してみました。そして無事に即配商品を発見。

そして、選んだというか、選ばざるを得なかったのは、アトラスのこの商品。



韓国製だけど、私は人種差別主義者ではないので、全くどうでもいい。なぜ私が多少日本製に流れようとしたかというと、7年持ったスイフトバッテリーが日本製だったから。

だけど、多分大丈夫だろうと思った。走るもの。






次なる課題(自分で取り換えられるのか)

バッテリーなんて、ネジを緩めて持ち上げれば取れるじゃない。だから全然心配していなかったんだけど、ふとあることを思ったんだ。



7年も触ってもいないネジって、錆びてガチガチなんじゃないだろうか



いや、きっと大丈夫だ。

大した工具はないけれど、ペンチがある。これで何とかなる。



そして、バッテリー到着。

とっても重いので下に置いておいてくれれば良かったけれど、そうもいかないので、せっかく上に持ってきてもらったけれど、自分で又下に持って行った。



汚いバッテリー。埃だらけでこんにちは。



まず押さえているカバーみたいなものをはずすんだけど、ここまでは何とかペンチでできたんだ。




ところが、バッテリーを直接繋げているこの部分がかたかった。




何度やってもダメ。手が痛い。

握力はもともと大してないけれど、それにしても硬過ぎた。可動域の問題を含め、ペンチではどうしようもなかった。

何か違うものが欲しい。



そう思ってトランクのガラクタを見たら、こんなものをみつけてしまった。私が買ったものではないから、父上に違いない。天国からありがとう。




ところが、選んだサイズが小さすぎました。1つ上を試したら、何となく入ったけど、緩い気がした。全サイズ揃っているものではないのだろうか。

多少合わなくても何とかなるかと思ってやっていたけれど、向きの問題もあり、全然動かせなかった。



手が痛くなるぐらい頑張ったけれど、うんでもなけれがすんでもなかった。

写真など撮っていられないほどイライラしていたので写真がないですが、ネジ、全く動いてくれませんでした。



仕方がなくゴジョさんに「錆びていて私では動かない」と連絡したら、通りすがりの優しいゴジョさんがうちに寄ってくれました。

まさに救世主。



そんなゴジョさんは、サービスだけあって、マイカーにもごっそり工具セットが入っていた。




そして、出したレンチであっという間にネジをはずしてしまった。

これにはじゅんこさん、シーンとした。



いくら適した工具があれば仕事が早いからと言って、あまりに違いすぎないか。

いくら握力がなさすぎるからと言って、あまりに違いすぎないか。

とってもショックだ・・・。



私は、ほんの5秒で終ることに数十分費やし、結果として手が痛くなっただけだったのか。

なんと情けない。



サクッと取れちゃったバッテリーと、サクッとつけられることになるバッテリー。

取っ手があるほうがいいでしょ。古い方は取っ手を取り外してあるけれど、取り外した時にスズキが捨てたのだと思う。



とりあえず、新バッテリー設置前にお掃除。と言っても、バッテリー置き場しか拭いていないけど。




そして、あまりにすごい工具の違いに無言になりながら、取り付ける時に写真を撮ってみた。普通のスパナじゃない?

サイズが合うというそれだけで、スパナの種類が違うというそれだけで、神の利器にも見えた。




こんなのもあった。




結局、ショックでどよーんとしているうちにゴジョさんがやってくれたようなものでした。



ついでに、ゴジョさんがボンネットに頭をぶつけ、私のチビぶりがばれてしまった。

ボンネットを開けて、棒を差すところがあるでしょう?あそこに差すと、ボンネットが全開するから、高すぎるのよ。だから、手前にある何の穴か分からないけど、そこに差して低い位置までしか開かないようにしているの。

だけど、全開していないと、身長がある人は頭をぶつけるのね。とはいえ、バッテリーの奥のほうのネジをいじろうとするとさすがの私にも多少低かったけれど。



因みに、スイフトを買って最初にトランクを開けた時、「しまった」と思った。全開したら、背伸びしないと手が届かなかった。

少し力を入れないといけないから、指が触るぐらいじゃ足りないでしょう。

チビだと色々あるんだよ。チビに見えないらしいけど。






それでアトラス製はどうか

最初にエンジンをかけた時、エンジン音が大きいなとは思った。

高いというのではなく、「音がしているな」という感じ。



と言っても、別にすごく気になるほどではない。55なのに60にしたけれど、大きめのバッテリーだとうるさいの?

何だか分からないけど、運転中には気になりません。エンジンをかけたまま外にジュースを買いに行ったりすると、車の存在感があるというか、「車ですよ」みたいなエンジン音がする。



走りには問題ありません。



買ってすぐこの記事を書こうと思ったけれど、多少乗らないと感想も書けないので、しばらく時間をおいていた。

バッテリー交換から5カ月、何の問題もなく、快調です。





サイズが違えば高いだろうけど、6500円でこれなら全然いいと思う。7年持ったユアサが9000円から12000円ぐらいでしょう。カレッツァとかに行くと2万円ぐらいのバッテリーを売っているから、とっても安く済んで良かったと思う。

工具を全部そろえるほうが高いかもしれない。



因みに、バッテリー交換後は、男の子的に生きたいのなら工具ぐらいは揃えておかないといけないことは分かっていたけれど、変なところで女子すぎて握力がなくて全然役に立たなかったという根本的問題がショック過ぎ、何とも言えないブルーな気分となりました。



以上、「わたくしは、皆様に自分でバッテリーを交換することをお勧めします」という記事にするつもりだったけど、情けなくも結局通りすがりのゴジョさんにお世話になった次第であり、握力がないチビぶりを披露しただけな素晴らしい記事となりました。


「車関係」カテゴリトップへ





-車関係

© 2021 一人旅運転日記 by Junko(メンサ会員)