このアイスランド一人旅白夜編は、

Sponsored Link

「白夜編」ということで、白夜時期の行った旅行記です。

同じ年に二度行き、もう一つは「オーロラ編」として別カテゴリです。

この白夜旅行では、途中グリーンランドにも行っており、そちらも又別カテゴリにてグリーンランド一人旅を作成してあります。

アイスランドへ行ってグリーンランドへ行き、又アイスランドへ戻りましたが、旅行記は続けて書いてます。

白夜編ではレイキャビックの旅がメインですが、ここでは24時間陽が沈まない類の白夜ではありません。陽が沈んでから3時間経たないうちに太陽が又登ります(時期によりますが)。

こういった夏場は、旅行がしやすいですね。ずっと明るいので行動時間が長くとれるので。

それから、アイスランドへはイギリス在住中に行きました。なので、日本からではヘルシンキとかで乗り換えするのでしょうが、そんな苦労もお金も時間もかけておりません。途中行ったグリーンランドへの飛行機代の方がよっぽど高かったです。

発着国と飛行機代が安かったことを除いては、普段通りの私の一人旅です。

カメラはもう既に一眼レフを購入しており、レンズも4本ぐらい持って行きました。グリーンランドも合わせてかなりたくさん写真撮りまくりました(ろくな写真ないですけど)。

ものすごくおもしろかったです。

ご飯もおいしかったし、ドライブも最高で、文句なしでした。

因みに、白夜時期とはいえ、「寒いんでしょ」と思われるでしょうし、私もそのつもりでかなりの防寒具を持って行きましたが、暑くてしょうがなかったです。超冬物で厚着しすぎました。

イギリスと温度がさほど変わらないというのもあったけれど(日本より寒いので)、太陽が夜中まで出ているということは、それだけ陽が照っているということなので、暖かいです。

ただ、海沿いとかだとすごい海風だし、曇ればそれなりに温度が下がるので寒いです。日本から行くのなら、夏でももちろん冬服のご用意を。

それから、そこらじゅう「アイス」なわけではありません。雪や氷は一部しかありません。

アイスランドドライブは、2016年6月現在も私の人生の中で最高のドライブです。そのうち他の国に超されるかもしれないけど、なかなか難しいんじゃないかな。見えた景色は本当に最高でした。

そして景色だけでなく、旅行が思ったより楽だったのです。

まず、北欧の教育レベルの高さか、スタンドからコンビニから町の人まで、英語を話せない人は一人もいませんでした。もちろん本当はいるのだと思いますが、私が出会った人の中での確率としてはゼロでした。

それから、先に書きましたが、食事がおいしい。酪農をやっているのが大当たりなのか、乳製品、特にバターはとてもおいしくて口に合い、ずっと食べ続けてました。これはグリーンランドでも同じでしたけど。

それに限らず、何を食べても口に合いました。これは完璧に意外でした。

この旅行は、予約メールもまだ残っているので、ホテルとかもはっきりわかりますので、そういった口コミは困らず書けると思います。

ただ、アイスランド語の読み方が分からないので、土地名とかを日本語で書こうとしたら間違った発音になるかもしれません。そのあたり、ご容赦下さい。

次の旅行があるので、それまでにどこまで書けるか分かりませんが、アイスランドの旅の情報収集からまずどうぞ。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。