Sponsored Link

アイスランドガイドブックと現地ツアー会社

Sponsored Link

ガイドブックですが、当時の地球の歩き方ではちょっと足りませんでした。

2019年現在は、アイスランドだけで一冊出ており、大分充実した本になっているようです(↓2019年8月現在最新版)。






こっちも出たようです (↓2019年8月現在最新版) 。




私が使ったのは、まずこちらです。まだ地球の歩き方の別冊がなかったので、写真も多くて使えました (2019年8月現在最新版) 。


そして、グリーンランドにも行ったので、こちらも買いました(2019年8月現在最新版)。






それから、今回は珍しく使いませんでしたが、ロンプラです(2019年8月現在最新版)。






今はこのような本も出ているようです(2019年8月現在最新版)。



レイキャヴィックの中心部地図はあちこちで無料で手に入ります。その裏にアイスランドの島全体が載っているものもあります。首都歩きは、ガイドブックの地図よりも、現地の地図を参考にした方がいいと思います。

それと、アイスランドは電車があるわけではないので、ツアーに参加しないと行ける場所が限られます。長距離バスはあるみたいですが。

だから、現地ツアーに参加するか(もちろん日本からのパックツアーでもOK)、自分でレンタカーを借りるほうが効率がいいと思います。また、首都だけ徒歩で見るというのであればタクシーで大丈夫だと思います。

でも、火山(死火山)の中に入りたいとか、そういう場合は、いくら自分で運転して行っても、ツアーじゃないと入れてくれません。

現地ツアーはオンラインでの申込も可能で、色々な会社がありますが、どこで頼んでも泊まっているホテルへ迎えに来てくれてそこで降ろしてくれるはずです。でも、一部ツアー会社前集合というのもあるでしょうし、ホテルの場所によっては(一方通行など)、大分手前で降ろされたりすることもあるので、申込時に確認したほうがいいと思います。






私は、アイスランドではこのツアー会社を使いました。何の問題もありませんでした。楽しかったです。英語のみです↓

Iceland tours, Reykjavik excursions & northern lights : Gray Line
Gray Line Iceland is a leading tourism specialist, offering a wide range of tours, from adventure activities, airport transfer and tailor-made travel services.






アイスランド、まだまだ情報は少ないと思います。当時は、日系の現地ツアー会社は見当たりませんでした。

それと、日本からのオーロラツアーが出ているようですが、オーロラが見られるとは限りません。こちらの白夜編は夏版ですので、オーロラについては冬版のオーロラ編をご覧下さい。

では、次のページは、白夜編の到着からです。

このアイスランド一人旅白夜編は、
「白夜編」ということで、白夜時期の行った旅行記です。同じ年に二度行き、もう一つは「オーロラ編」として別カテゴリです。この白夜旅行では、途中グリーンランドにも行っており、そちらも又別カテゴリにてグリーンランド一人旅を作成してあります。アイスラ
このアイスランド一人旅オーロラ編は、
「冬のオーロラ編」で、夏の白夜編は別カテゴリです。白夜は夏季にしか見られません。オーロラは本来は冬だけです。ですので、両方見たかったので、同じ年にアイスランドに二度行きました。夏なのに「オーロラツアー」のタイトルで販売している旅行会社の宣伝
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました