3日目⑥「どうか配線でありますように」

Sponsored Link

じゃあ、とりあえず出発。

ナビを空港へセットし直しました。

 

 

渋滞なしで飛ばして行けば、5時前には着くはず。もしお兄ちゃんがいてすぐに直しに行けるなら、修理工場が6時ぐらいまでやっててくれたなら、今日中に修理も間に合って無事旅行続けられるかも。

特に渋滞にはまった記憶はないので、きっと順調に空港付近まで着いたと思います。そして、空港間近になった時、三井アウトレットパークを発見しました。

行こうとは思っていたものの、このアウトレットは新しくてナビに登録されてなかったので、どうやって行こうかなと思ってました。丁度良かった。

アウトレットの駐車場付近まで行って、ナビのお気に入りに登録しておきました。後ですぐセットできるように。

皆さんがナビ借りてもきっと登録されてないと思いますが、空港の出発ゲートへ行く途中にとっても分かりやすく出没しますから、ナビなくても多分大丈夫だと思います。

お気に入り登録後、又戻って空港方面へ。

実は、後で電話してねみたいな感じだったので、レンタカーの返却場所を聞いていませんでした。

なので、とりあえず借りた場所へ行こうと思い、ターミナルの駐車場へ行ってみたんですが、出口しかない・・・。

もう1週回ってみたら、出口の手前に地下へ降りる入口があったけれど、従業員専用のようでした。

まあいいやと思って地下へ入って行ったら、バーがあって、駐車券取ったら開くのかなと思いきや、駐車券をもらうのではなく、逆にこちらから社員証か何かを入れると開くような仕組みになってました。

一旦車から降りて、「誰か~」と言ってみるけれど、明らかに誰もいないので、仕方ないな・・・と、今降りてきた入口までの道をバックで堂々と戻ることに(真似しないで下さい・・・)。

地上へバックのまま出たら、後ろから車がきました。私がバックしてるので停まってくれたので、丁度いいからそのまま左に寄せて車から降りて聞きに行きました。

全然説明分かりませんでしたが、一般人の入口は裏側のようだったので、もう1週しに行くことに。

来る時に、「何だろうこの道?」と思ったところがあったのですが、どうやらそれが入口らしかったです。

そして、今度は無事到着して駐車場の中へ。レンタカー借りた時と全く同じ位置に駐車しました。

この写真、何で撮ったか忘れましたが、時間が分かるようにかな。4時36分でした。この時撮ったかどうか定かじゃないけど。
IMG_1151

 

 

そしてひとまず、駐車後、お兄ちゃんに電話。

 

 

ぷるるるるるるるるるるる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

シーン

 

 

やっぱり出ないよね。

 

 

 

 

 

車から降り、事務所へGO。

ノックするなり返事も聞かずドアを開けました。

お兄ちゃん、椅子に座って電話中だったけれど、私の姿を見てびっくり仰天して即座に起立。

部屋の中をウロウロしながら電話を続けます。

私は椅子に座って彼が電話を切るのを待つことに。

 

数分後、電話を切ったお兄ちゃん、

お兄ちゃん 「いやあ、参っちゃうなぁもう、今日は忙しくって・・・」

 「メンテナンスから電話なんてこないよ」

お兄ちゃん 「え!?なんで、そ、そんなはずはないよ。おかしいな。かけないなんてそんな・・・」

 「車持ってきたから、即座に直して。修理工に持って行って」

そして、駐車場へ車をチェックしに移動しました。

 

クラクションが鳴らないのを見せた後、お兄ちゃんはボンネットの方へ行き、何やら下をいじっていました。

あんなとこにヒューズあるわけじゃないだろうし、あの車のホーンはあそこにあったんでしょうか。でも、手を入れて分かるようなものなんだろうか。まさか自分で直そうと思ってたわけじゃないだろうな・・・。

配線だと思い込んでいる(願っている)私は、まずカチカチが正常なことを告げようと思うのですが、カチカチの英語が分からない・・・。

どうしようか。

単語が分からないことなんて、しょっちゅうあります。でも、そこで、「〇〇って何ていうの?××するやつ」という説明が英語でできれば別に困りません。だけど、私はカチカチを見たこともないので構造も分からず、具体的な表現ができませんでした。

そして勝手に呼び名を決めることに。

一瞬悩んだけど、その表現として一番ふさわしいであろう、「音」を利用し、「Click」としました。

あのカチカチは、マウスのクリック音に似てたので、それでどうかな、と・・・。

クリックは名詞にも動詞にもなりますので、とりあえず動詞扱いして、お兄ちゃんを運転席のところまで呼んで、

 「クリックはするんだよね(It does click)、だけど、クラクション鳴らないの。だからハンドル部分じゃなくて、配線だと思うんだけど」

お兄ちゃんは、「う~ん」みたいな返事をして、再びボンネットに戻りました。

彼が何をしたってムダで、これは絶対に、素手で直せるようなものではないはずだと思っていました。絶対に工具がいるレベルだって。車を持ち上げられるなら尚いいだろうなって。

だからもう、こんな所にお兄ちゃんといてもしょうがない。

 「ねえ、メンテナンスどうしたの?修理工知らないの?この車、必ず今日直してほしいんだけど。車いるんだから。絶対配線だから、すぐ修理屋持って行って直して」

お兄ちゃん、しぶしぶどこかへ電話。どうやら修理工のようで、すぐに行くことに。

 「近いのそこ?」

お兄ちゃん 「近い近い。すぐそこだよ」

 「本当でしょうね。配線ならすぐに直して、ものの1時間ぐらいで済む仕事だと思うんだけど。絶対にこの車、夜までに直してもらいますからね」

お兄ちゃん 「大丈夫だよ。すぐそこだし、1時間で直せるって言ってるから」

心の声 (その人はまだ車を見てないのに何を根拠に・・・)

ここで、自分の車で行こうとする彼を止め、私の車を運転してもらいました。整備不良の車で捕まって罰金払わされるの私だろうし、道分からないし、又逃げられたら嫌だし。

そして、彼を運転席に、シラけた短いドライブの始まり。

私の返事は、メデューサ(蛇女)のような冷たさであることを想像して読んで下さい。

お兄ちゃん 「いやあ、今日は忙しくってさ、何組も予約が入ってて。参っちゃったなぁホント・・・」

 「それが仕事でしょ」

お兄ちゃん 「そうなんだけど・・・。ド、ドイツ人の旅行者から予約入ってて、車のタイプが違うから交換してって言ってさ・・・・」

(略)

 「それで、交換したの?」

お兄ちゃん 「うん、仕方ないから交換したんだ」

 「じゃあいいんじゃない」

お兄ちゃん 「・・・そ、そうだよね。だけど、他にもお客さんいて、今日はいっぱいで・・」

 「だから、それが仕事でしょ」

お兄ちゃん 「う、うん・・・」

 「仕事ってのは、毎日のことでしょ。私、今何してるか分かる?人生のうちで、一生のうちでたった7日しかない時を過ごしてるのよ。久々の海外休暇でね」

お兄ちゃん 「そうだよね・・・。7日しかないんだものね・・・」

 「それで、その貴重な時間の一部をこの故障車のために費やしてるんだけど。あなたがまともな車を貸してくれさえいたら、この無駄な時間はなかったの」

お兄ちゃん 「そうだよね・・・」

さぞかし早く着いて頂戴と思っていたに違いないけれど、そう思わずとも近いのですぐ着いちゃいました。

でもこの時はどこに行ってたか分かっていませんでした。記事書くのにグーグルマップで探しました。

 

 

 

到着した修理工の男の子とは知り合いだったらしいのですが、その修理工の子はほとんど英語がわからないようでした。

再びカチカチの説明。カチカチが鳴るんだよと適当な英語を言う私の話を、お兄ちゃんがマレー語に訳して修理工君に説明してました(中国語じゃなかったはず)。

そして、何としてでも配線を先に見て欲しかった私は、絶対ケーブルだと思うんだと主張。

ケーブルは間違いです。正しくは、ワイヤーなはずです。私はこの、ケーブル&ワイヤーをいつもごちゃまぜにし、必ずケーブルと言ってしまいます。今でも直りません。何となく通じるからいいけれど・・・。

この時も通じ、何とか私の言いたいことは伝わったようでした。

もちろん配線なんてただの勘だったけれど、それを一番先に見て欲しかったのです。ハンドルはずして・・・なんてやってたら、1時間では済まないと思って。他にもお客さんいるだろうから。

要するに、私の限度は1時間であり、そこでダメなら何とかしてトレーダーズホテルへスーツケース持って移動したほうがいいだろうと思っていました。待ち時間がもったいないし、夜になったら移動がもっと難しくなるかもしれないから。

何の会話してたか知らないけれど、1時間で何とかするとのことでした。車見てもいなかったので何で1時間か分からなかったけれど、何が何だか分からないまま1時間ということで交渉成立。

そして、私とお兄ちゃんは、数軒先のカフェへ移動。

カフェっていうか、レストラン?
IMG_1152

 

 

お兄ちゃん、「何飲む?僕がごちそうするよ」、と。そして、フレッシュリンゴジュース。マレーシアで二杯目。「この国ではこのジュースはやめたほうがいいかも・・・」と思ってきた頃。
IMG_1153

 

 

ここでお兄ちゃんは、仕事があるからと言って、帰ることに。

私は、1時間しか待たず、それ以上かかるようなら電話するからねと言い、続けて、

「電話に出なさいよ」

と、メデューサの一言。

そして、ボーッとわけわからない超ローカルな場所で外国人一人待つことに。意外に楽しんでたけど・・・。

スラム街だった気はしませんが、絶対的に観光客の行くところではなさそうでした。

Wi-Fiって書いてあったので、お店の人にパスワード聞いてみたけど、何言ってるか全然分からないので、イギリスのスマホ差し出してパスワード入れてもらいましたが、ネットつながらなかったです。

諦めて、再びボーッとする私。

知らない場所で面白いけど、どうするんだここで・・・。
IMG_1154 IMG_1155

 

 

退屈なので、外に出てみました。写真ないけど。

出てすぐチャイニーズレストランがあって、何となくそこで食事したかったけど、まだ早いから諦めました。

それだけ見て、あんまり面白そうじゃないなと思い、さっきのレストランみたいなところへ戻ってトイレ借りました。

やっぱりびしゃびしゃなのですが、
IMG_1156

 

 

紙がなかったので、車へ行ってマイペーパーを取ってきました。だんだんと、びしゃびしゃっぷりにも慣れてきてました。こういうもんなんだろうなって。

そしてもう一度、何となく車へ行ってみました。左の黒いのがそうです。
IMG_1157

 

 

修理工君に、「どう?終わりそう?」と聞くと、「終わったよ」と言われました。

終わったのになぜ教えてくれなかったんだろうと思いながら、原因を聞いてみると、ワイヤーだったとの返事でした。

ワイヤーが切れてたの?と聞いたけれど、マレー語とジェスチャーでしか返事がこなかったので私も良く分かりませんが、何となく、ワイヤーずれてたような感じのジェスチャーでした。

時刻は5時半ぐらい。クラクションが鳴ることを確認し、「レンタカー屋のお兄ちゃんに電話しておいてね」と言って出発することに。

というわけで、2時間強費やしただけで、何とか軌道修正し、本来の旅行へと戻ることができました。

ああ良かった本当に配線で。

ただの勘もたまには当たる・・・。

さ、もう今日はショッピングで気晴らししよう。

と、期待してアウトレットへ。

Sponsored Link

3日目⑥「どうか配線でありますように」」への2件のフィードバック

  1. すっごい行動力だわ! 私ね、同年配の人のブログばかり見てたから
    感動して(どう表現していいのか)読んでます。
    昨日も今日も どういうわけか 深夜になっちゃって、体に悪いから
    また 出直して昼間読みます。

  2. 今日もコメントありがとうございます!夜な夜な読ませてすいません(^-^;

    同年代の方々もまだまだお若いに違いない。行動力は年齢ではありませんし。

    うさぎ様も次は是非「闘いの旅行」を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。