Sponsored Link

4日目③「南アフリカの海岸沿いをドライブ中に」

Sponsored Link

もう具合も悪いし一旦戻って・・・と、リターンドライブを開始。






でも、海岸沿いに出るとやっぱり綺麗だったし、ちょっと停まってみた。






何人か遊んでいる。

CIMG0903






少し進むと誰もいなくなったけど。

CIMG0904






でも私、見つけちゃったのよ、あるものを。 だからそこまで行ってみようと思った。






思いたったら、構わず路駐。今はもっと整備されていると思う。

CIMG0905






「あるもの」がいる先まで、歩いて行ってみる。

CIMG0908






私の来た道。

CIMG0912






この子までの道。

CIMG0911






お一人らしい。私と一緒。

CIMG0909






私は動物が苦手です。だけど、何となく寄って行ってしまうのです(そしてケニアまで寄って行ってしまった)。触れもしないのに。アレルギーなので触らないほうがいいのだけど、当時は自分のアレルギーをまだ知らなかった。単純に怖くて直接は触れなかった。






その代わり、間接的に頭を撫でできた。なんかダウンのお陰で私がデブに見えるけど。

CIMG0914






具合が悪いくせにこんな風に遊んでいると、後ろから男性の声がした。






「何してるの?」






別に何もしていないので、

「この子がいたし、綺麗な海岸だなと思って入ってきたの」

と素直に答えると、






「ここは立ち入り禁止地区だよ」と教えてくれました。






人がいない理由を理解した。






でも、別に彼は政府の人なわけでもなく、私と同じようにこの子を間近で見たくて車を止めてやってきた人の一人だったはずなので、やっぱりパシャリ。

CIMG0915






そして私は瓶を見つけたらしく、落書きしています。






懐かしい私の20時5分。

CIMG0910






さて、立ち入り禁止地区を出て、ホテルへ向かって再びドライブ開始。






そしたら、サイモンズタウンの手前で、ヒッチハイクをしている男の子がいた。現地人でもないくせに、停めて窓を開けて「どこまで行くの?」と聞いてみたら「サイモンズタウンだよ」と言うので、乗せました。

実は、既にヒッチハイクをしている人を何人か見かけていたけれど、全然場所とか分からないし、相手が女性でも停まりもしなかった。今回は、海岸沿いでホテルも近く喜望峰向きの方向だったので、おそらくサイモンズタウンンの辺りに行くのだろうと思って停まってみました。






彼は駅のあたりでいいと言っていたので、しばらくの直線ドライブをして、駅のところでバイバイ。

今のところ、後にも先にもヒッチハイクを乗せたのはこの時だけです。危ないとか、全然考えなかった。そんな雰囲気じゃなかった。






さて、夕方頃に部屋へ到着し、帰って又休憩。咳はなかったけど、熱と鼻水でつらかった。






そして、休んだ後は、今日も頑張って夕食へ。 車で移動しないとレストランもないというのは、具合が悪い時には辛いものがある。こんな時はルームサービスが良かった。






ハンバーガーは今日だったらしく、

「またホテルでしばし意識不明。頑張って夕食に出る。ハンバーガー食べた。アフリカでアメリカン。こんなんで明日大丈夫かしら」

と書いてある。






・・・・・・・・・・。

CIMG0916






おかしいな。ハンバーガーいつだろう。まあいいか。






さて、翌日は、いよいよサイモンズタウンとお別れしてケープタウン市内へ戻る日です。行きは電車だったけど、帰りは車。

無事に着きますようにと祈りながら。



次のページへ

5日目「テーブルマウンテンは中止」
今日は朝日は撮らなかったようです。そうじゃなければ、撮ったけどXDカードがいっぱいになったから削除したかも。ホテルをチェックアウトして大急ぎでケープタウン市内へ向かおうと思っていたから、時間がなかったかな。大急ぎだったのは、距離はそれほどな




この旅行記を最初から読む

この南アフリカ一人旅は(ガイドブック含)、
私の記念すべき初海外運転の旅でした。今では南アフリカにもグーグルのストリートビューができており、あの頃ならとても考えられなかったなと驚いています。情報も少なかったし。為替など、1南アフリカランド16円と、かなり高かった。2019年10月現在
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました