Sponsored Link

3日目④「アークレイリ現地オーロラツアー決行」

Sponsored Link

夕食を済ませてホテルへ戻ったものの、雨こそ降っていなかったけど、曇りだったし、ツアーがキャンセルになるんじゃないかと気が気ではなかった。

キャンセルとフロントに電話があってその連絡がフロントから私の部屋へくるかもしれないし・・・とか、携帯を持っていたくせに部屋の電話まで心配していた。






そして、時間10分以上前にフロントへ降りました。私の記憶では集合は夜10時でした。フロントでキャンセルの連絡はなかったかと聞いたら、ないから大丈夫だと言われた。何度も天気を確認していたけれど、もう一度フロントでも天気予報を見てもらうと、どうしても「曇り」。雲がどこでも出ているわけではない。どうか雲のないところへ行けますように。






そして、10時過ぎてもバスが来ない。「あれ?やっぱりキャンセル?」と不安になり、張り切って外で待っていたけれど凍りそうだったのでホテルの中で待つことにした。それでもまだバスは来ませんでした。






忘れられたのかと心配した頃にバスが到着。ツアー客のホテルを全て回るので、支度が遅いお客さんがいると待たされるのだと思います。私のホテルはツアー会社から近いから一番最初に来るのだと思っていたけれど、違ったらしい。






バスへ乗り込むと、満席ではないけど、何人も乗っていました。バスの中が真っ暗だったため、人が乗っているというのは分かるんだけど、顔はもちろん、髪の色も分からない。そもそも殆どがニット帽をかぶっていたので髪の色はどうせ分からないけど。

ニット帽もそうだけど、オーロラツアーにはかなりの「あったか仕様」でお出かけ下さい。私は日本から持って行っていたホッカイロをベタベタと貼っていたし、洋服もかなり厚着でした。

バスは暖房がついています。問題は、バスを降りてからです。やっぱり、降りてからの寒さは強烈だった。これは多分、首都のレイキャヴィックでも同じだと思う。バスで山の方に行くだろうし、そうでなくても夜中だから寒いし。因みに、バスを降りる降りないは自分の希望で、バスの中に残って中からオーロラを見ることもできるはずです。見えたならの話だけど。






さて、バスは順調に走り、どこへ行ったか記憶していようと道を覚えていたのであんまり聞いていなかったけれど、ガイド兼フォトグラファーさんは、ずっと英語で喋っていました。アイスランドのことやら地形のことやら色々と。

ふと気が付いた時に話していたのは、「アイスランドの福祉はとてもいいんだ」、という事でした。男性にも育児休暇が認められるし、出産費用は殆ど税金。だから税金が高くても納得して払っているって言っていた。

感心させられたところで、いくつもトンネルをくぐるので、そのうちどこを走っているか分からなくなってきた。元々どこを走っているか知らなかったけど・・・。






電灯に照らされて雪にも埋もれた、綺麗なアイスランド特有の平屋がたくさんありました。真っ暗でほぼ何も見えていないところから、急に雪化粧をした可愛らしい町が出てきたりします。


住宅街はいくつか通ったけど、一番キレイだと思ったのは、おそらくこの町です。夏のグーグルマップで見ても全然感動しないけど、雪の夜はすごく綺麗だった。






真っ直ぐ76号線を行くと、左折し、そこが緩やかな坂になっています。緩やかとは言え凍っているだろうし、大きなバスでスリップしやしないかと心配だったので良く覚えています。そして、そのカーブの後、すごく悲しくなった。

町が可愛いと思う度に写真を撮ろうとしたけれど、バスのスピードもそんなに遅くないし、手振れするだろうからやめました。自分一人だったらストップしてもらうのになと思いながら、というか、自分で運転していたら好きな場所で停まれて自由なのに、と思った。基本的に、ツアーは苦手。たくさんの素敵な場所を逃していると思う。






さて、そう思っていたら、到着したようです。


結局、曇っていたからここにしたのか初めからここへ来る予定だったのかは分かりませんが、こんなルートでした。






これが到着場所。この空地がバスを停めたところです。






やはり真っ暗だった。本当に真っ暗。海に落ちるからそっちへ行かないでとか言っていたけど、「どっちですか?」という感じだった。落ちなくて良かった。






暗過ぎて何も見えないから、仕方がなくシャッタースピードを長くして(4秒ですがレンズがもともと明るいです)、今来た方角を撮ってみました。

093






「なるほど、あの辺りに行ったら落ちるんだな」と、海の場所をカメラの写真で確認。そして、山へ体を向けて一枚撮る前に、どのぐらい曇りかを調べることにしました。空なんて、何も見えないから。ただの「黒」だったし。

やっぱり曇っている。これだと雲がありすぎると思う。

102






一人寂しく山だけ撮りました。すごい雲だ。

104
105






因みに、この「真っ暗の中を撮る試し撮り」は、スマホでは無理だろうし、シャッタースピードを遅くできるコンパクトカメラでも三脚がないとダメだと思います。写真に撮ると山や氷などが見えますが、本人は本当に何も見えていませんでした(乱視も近視もあるが)。だからこそ、見えないオーロラでも写真になら写るのです。






何分いたか分からないけど、ホットチョコレートとビスケットみたいなものが出ました。飲み物はきっとどのツアーでも出ると思います。寒いから、到着してから暖かいものを飲むのです。すごく美味しかった。もう一回飲みたい。






写真を撮ろうと思っていたのは私だけだったらしく、他の人たちはホットチョコを片手に歓談しながらオーロラを待っていました。

フォトグラファーの人は、一人で「山だけでも」と頑張る私を気にかけて、声をかけてくれました。私は写真を見せながらこの雲じゃ無理だよと残念がっていました。何かもう、今日はオーロラが見られないという予感がしていた。何時間そこで待とうが無理だろうと感じていた。





数十分滞在して、帰路へ。夜中の1時を回っていました。帰り途中、オーロラが見えるかもしれないと、もう一度フォトグラファーの人が運転手さんに車を停めるように言った場所がありましたが、私は降りることもありませんでした。「絶対今日は見えない」との予感でいっぱいだったので。そしてもちろん、見えなかった。






参加者のホテルを回りながらみんなを降ろして行くんだけど、全員がいるうちにフォトグラファーさんが、「もしもまだオーロラを探しに行く気があるのなら、僕の車で連れて行くから言って。僕は明日から育児休暇だから、今日が最後の仕事なんだ。だからいくら遅くなっても構わないから」と言っていました。

なるほど、それが噂の育児休暇か、と思う傍ら、今日は絶対オーロラは無理だろうと思いながら、ただただバスの一番後ろで一人座っていた。






ところが、私のホテルに到着した時、フォトグラファーさんが一番後ろの私のところまでわざわざ来て、「オーロラ探しに行こうか」と言ってくれました。「もう今日は絶対無理だからいいよ」と言って車を降りた後、「ああ、あの人は私のために最初みんなにオーロラツアー延長を提案してくれたのかも」と思った。何というか、写真を撮れなかったときのあの悲しみを一緒に分かち合ってくれていたというか、何ていい人だったんだろうと思った。だって、良く考えたら、誰も写真なんか撮っていなかったし、そんなに頑張って朝までオーロラを探したい理由がありそうな人がいなかったもの。

バカな私はなぜそれに気が付かなかったかと責めながら眠りました。気づいていたらもっとちゃんとお礼を言ったのに。






でも、天候はもちろんだけど、運も支配するこの現象、やはりなかなか手強いなと思った。






アイスランドは、オーロラが見える確率が高い国。それでも、運がなければ天気が悪い。

アークレイリには後1泊。翌日の天気予報も曇りだった。もうツアーに参加しても意味はない気がした。

曇っているということがどういうことなのか、良く良く理解し始めていました。



次のページへ

4日目①「アークレイリを昼散歩」
昨晩はオーロラツアーからの戻りが遅く、疲れていたし眠かった。なので、この日の出発も遅く、ブランチ。行ったのはホテルを出てすぐのカフェのようなところだけど、どうやらバーでもあったみたいです。特にブランチとかブレックファーストとかいうメニューで


この旅行記を最初から読む

このアイスランド一人旅オーロラ編は、
「冬のオーロラ編」で、夏の白夜編は別カテゴリです。白夜は夏季にしか見られません。オーロラは基本冬だけです。ですので二回行きました。同じ年に二回でした。先日、夏なのに、「オーロラツアー」と言って売っている旅行会社の宣伝を見たけれど、白夜で明る
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました