5日目①「レイキャヴィックでがっかり」

昨日はアークレイリ最後の夜。無理だと分かっていても、やっぱり何度も起きて雲をチェックしてしまった。






本日のフライトは13時40分でした。11時にチェックアウトで十分間に合う。

チェックアウトの後は、近所のサブウェイでブランチにしました。そして、ホテルへ戻り、何だか寝た気がしいままボーッとしていたけど、タクシーを呼んでもらって、真っ直ぐアークレイリ空港へ行きました。






空港に着いても、気分は暗く、一人でボーっとしていた。別にお土産を売ってるような大きな空港でもなく、ただただ飛行機待ちで一人で考えていました。何としてでもオーロラの写真を撮って帰らなければ。

だけど、このままオーロラを見ないで帰国するのかな。レイキャヴィックに2泊したところで、オーロラは期待できないと思うし。






色々考えながらただ座っていたら、すぐに搭乗時間がきた。そして、少し遅れたけれど、飛行機は無事にレイキャヴィックへ向けて離陸。滑走路がキレイでした。

209






でも、天気は相変わらずの曇り。飛行機の窓から見える光景は、とても昼間とは思えない色だった。

210
213
214






国内線だし、ほんの1時間ほどのフライト。飛行機はすぐにレイキャヴィック空港に到着して、すぐにタクシーに乗りました。レイキャヴィック空港にはちゃんと数台タクシーがいました。






予約してあったのは、夏にも泊まった「Fosshotel」でした。でも、お部屋はちょっとグレードアップ。前回泊まった部屋は中庭に面していたので万が一肉眼で見えるほどのオーロラが出ても見えないので、今回は通りに面したもう少し高い部屋にしてありました。

角部屋で窓は大きく、オーロラチェックをするには十分な広さだった。二面も窓なので、カーテンを閉めるの大変だったけど。カーテンの量が多かった・・・。






さて、ささっとチェックインをした後は、荷物を部屋に置いて、防寒準備をして、三脚を持って出発。フロントで地図をもらってクリスマスツリーの場所を聞いておきました。






でも、外に出てまず行ったのは近くのレストラン。とりあえず、早めの夕食。

218






アイスランド料理ではなかったです。経営者は確かアジア人でした。マレーシアだったかフィリピンだったか。まずいとは言わないけれど、醤油風味は期待していなかったのでちょっと想定外の味だった。2019年現在は「中華料理店」になっているので、多分もうないのだと思います。






食事を済ませたら、出発。まず、ハットルグリスム教会の方へ向かって歩いてみた。






でも、近くまで行って、とりわけすごく綺麗なわけでもないことに気が付き、ちょっと方向転換して住宅街の方へ。






そこからは、すごく緩やかな下り坂。でも、アークレイリとは違って雪などと呼べるようなものもなかったので、アリ歩きせずに済んでストレスフリー。同じ国とは思えなかった。東京と新潟という感じだった。






住宅街はとても静かで、特に三脚を立てて撮りたいと思うものもありませんでした。






そうこうしているうちに、ラウンドアバウトに到着。右に行けば、チョルトニン湖。






チョルトニン湖は、私が夏に鳥を怖がった湖。






冬の夜にはガラリと変わっていた。逆側からの眺めですが、イルミネーションがついていました。

222






まだここでは三脚を出していないので手持ちで手ぶれしているけれど、この橋、色が変わるの。水色にもなったし、

223






青にもなった。

224






レイキャヴィック、手の込んだイルミネーションを作ってくれるようです。






そしてそのまま三脚も出さずで歩き、ツリーがあるという広場へ行きました。


でも又落胆。


ツリーは、アークレイリのものと同様に非常にシンプルだし、クリスマスマーケットもない。全然望んでいたものと違った。写真すら撮らなかった。






寒いので、ひとまずどこかで紅茶でも飲みながらもう一度地図を眺めようと思い、近所のカフェへ。


次のページへ


< 前のページへ


最初から読む

-アイスランド一人旅オーロラ編レンタカー運転あり

© 2021 一人旅運転日記 by Junko(メンサ会員)