Sponsored Link

6日目最終日最終章「もしもオーロラが見えたなら・・・」

Sponsored Link

イマジンピースタワーを撮っていた港を後にして、何ともう一度クリスマスデコレーションがキレイだった家のあるケフラヴィークへ行きました。






あの家が忘れられなかった・・・・。もう一度見たかった。

403






最終日だからね、後悔の残らないようにしないと。

417






やっぱりかわいいいな。私もいつかこんな風に飾りつけしたいな。それにしても、アイスランド、外に人形を置いていても本当に盗まれないのですね。素晴らしく治安のよろしい国です。

419
421






呼んでみたけど、誰もいなかった(夜なのでピンポンはしなかった)。そこで思った。もしかしたら家ではなく、これは、見せるためにクリスマスディスプレイをした物置かもしれない。良く考えたら、確かに住むには小さいかもしれない。他の家々は結構大きいし。






そして又、すっ飛ばしてセルチャルトルナネースへ戻る。休まない私。






さて、ここでゆっくりオーロラを待つとしよう。






もうちょっとしたら、空だけ撮影して、オーロラを確かめよう。夜中3時ぐらいまでなら待っててもいいかな。今、深夜0時半だから、2時間半から3時間ぐらいか。






あ、誰かいる。こんな時間に私と同じように写真を撮りたい人がいるんだな。それにしても外に出て寒くないのかな。






!!!!!!!!!!!!!!!!!






何もないのに外に出るわけないよ





だけど、オーロラなんて出ていない。






だけど写真を撮っているみたいだ






何もないのに撮るわけないよな・・・。






そして、車の中から、持っていた一番明るいレンズ、50ミリ単焦点でF1.8にして手持ちで2秒撮ってみました。

422






薄暗く緑。







だが、UFOではない。











急いで外に出て三脚を立てました。






でも、見えていない私には、どこにオーロラがあるのかわからない。






とりあえず対岸めがけて撮ってみる。シャッタースピード30秒f5.6(20mm)。

423






ああ。確かに緑だ。オーロラだ。

だけど、これじゃあ、何もないところに緑の光だ。






私は、ライトハウスと一緒に撮ろうと思っていたのです。

だけど、ライトハウスの方角にはオーロラがあるの?








431






オーロラは確認。でも暗い。レンズを50ミリ単焦点に再び戻して確かめます。

436






これなら明るい。じゃあ、ライトハウス。






あ、ずれちゃった。

437






もう少し左がいいな。でもオーロラが上がりすぎだ。

440






私は眼鏡を持っていませんでした。

運転しようと思っていなかったので気にしていなかったし、なくても運転できるのでドライブも眼鏡なしで続行していた。

でも、ライトハウスの場所が良く見えない。自分の近視のレベルにカメラを合わせてあるけれど、それでもうまくいかない。






今度はちょっと上すぎた。しかも、オーロラ、消えそう?

441






F1.6にして空だけ撮ってみたら、まだちゃんといた。まだオーロラはしっかりそこにいた。見えていないものの写真を撮るって難しい・・・。

445






ここで今度は、又広角レンズにしてみました。あ、オーロラが渦を巻いてくれている。

448






ライトハウスと一緒に渦が撮れる!

450
451






ここでまた単焦点50ミリに。あ、オーロラの渦が消えちゃった。

456






あらら。いなくなるかも。20秒じゃ厳しいぐらいに暗い?

457






25秒に。そして、右下に大きな雲があることに気が付きました。

459






その雲に邪魔をされ、大きな斜線のようなオーロラとなりました。

461






残念ながら、この後すぐオーロラは去ってしまいました。オーロラに気が付いてから40分ほどの撮影時間だった。






三脚をたたんでふと車を見たら、窓ガラスが凍っていた。「そんなに寒かったんだ・・・」と思った。あんまり夢中になっていて、氷点下になっていることなんて全然分からなかった。そういえば、さっきのカメラマンももうとっくにいないや。






車のエンジンをかけ、窓ガラスがクリアになるまでしばらく温めて待ちました。

一体全体、私が見たものは何だったのかと思いながら。






もしかしたら眼鏡があったらもう少し見えていたのかな。乱視だし、若干色が見えない時もあるし。

でも、私が見たものは暗い空で、私が撮ったものは緑のオーロラ。見えないながら頑張ったけれど、私は一体、オーロラを見たのか見なかったのか。






「もしもオーロラが見えたなら・・・」の答えはどっちだったのか。

そんなことを考えながら、ホテルへ向かいました。






さっきのツリーはまだライトアップされていました。月もキレイで、何も変わっていなかった。それを撮っている本人だけがちょっと違う気分だった。

464






3時まで待つ気だったけど、とりあえず満足してガソリンを入れてホテルへ帰りました。正確には満足してないけれど、良くわからないまま満足していた(どっちだ)。






本日の走行距離、おそらく300キロから330キロ。やっぱり車を借りて良かったとつくづく思った。ツアーに参加していたらこれだけのことを1日にできなかった。






次の日には大きなバターを3つも4つもスーツケースに入れて、アイスランドエアーでロンドンまで帰りました。

そして、帰宅後、すぐにカレンダーを作り始めた。

私の2回のアイスランド旅と、グリーンランド旅が入ったカレンダーでした。

次のページへ

アイスランド白夜一人旅とオーロラ一人旅を振り返って
アイスランドといえば、ヨーロッパで一番最初に破綻した国だった。ギリシャよりも早く。ところが、そんなことを言われなければ思い出さないほどに安定しているようにみえました。治安もよく、偶然だとは思うけど、私の旅行ではホームレスの方一人見かけません


この旅行記を最初から読む

このアイスランド一人旅オーロラ編は、
「冬のオーロラ編」で、夏の白夜編は別カテゴリです。白夜は夏季にしか見られません。オーロラは基本冬だけです。ですので二回行きました。同じ年に二回でした。先日、夏なのに、「オーロラツアー」と言って売っている旅行会社の宣伝を見たけれど、白夜で明る
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました