Sponsored Link

アイスランド買った物・お土産

Sponsored Link

2014年か2015年に私が初めてこの記事を書いた頃はまだ全然アイスランドのお土産の記事などなかったのでかなりのアクセスでしたが、2019年にはお土産記事も増えているようで、本当に食べたことがあるのかどうかは知りませんが、バターについての記事も出ているようです。本物の旅行情報者ならちゃんとしたものを書いているはずですから、他のお土産も含めて色々調べてみて下さいね。


バター(乳製品)

まず最初のおすすめお土産、これは何と言ってもバターです。ずっと書いていますが。

乳製品がお勧めですが、持って帰れるのはバターとチーズぐらいじゃないでしょうか。

バターにつき、記事にも書きましたが、特に冷蔵庫に入れることなく置いてありました。気になったので、買ったスーパーの店員さんに「冷蔵庫に入れないで大丈夫かな」と聞いたら、困りながらも、「よくわからないけど、いつも冷蔵庫に入れるわけじゃないから大丈夫じゃないかな」と曖昧な返事をもらいました。

私も特に気にしないで買いました。例えば日本が夏ならば、帰国後温度が高すぎて溶けるかもしれませんが、アイスランドは寒いし、飛行中も温度はマイナスだし、日本の温度が低ければ大丈夫ではないでしょうか。私が帰国したのはロンドンだったけど、寒かったのでもちろん大丈夫でした。

買う場所は、私は空港に売っているのを知らなかったので市内のスーパーで買ってスーツケースに入れて行ったけど、重いし、他に荷物がないのなら空港で買うほうがいいと思う。

ただ、私が写真をアップした小さい個包装のバターは、言ったらいけないかもしれませんが、特に買わなくてもレストランとかにどさっと置いてあるので、いくつか頂いてしまいました。それをホテルで食べたりしていた。その上、購入もしました。

たっぷりバターを持って帰って思ったのですが、パンも大事みたいでした。なんか、ロンドンで食べたら、アイスランドで食べたほど美味しいとは思えなかったので。そして、冷蔵庫に入れてカチカチのものを塗って食べるよりも、溶けているものをつけて食べた方が数十倍おいしい、というか、ちゃんと「味」がしました。やはりアイスランドのレストランやホテルのやり方は正しかったのだと思う。

チーズについては、記事中にも書きましたが、良くわかりません。空港で売っているのは見ました。






ウールとアンゴラ

そして、私がもう1つ気に入ったものに、ウールやアンゴラがあります。

「寒さをしのぐものは、寒い国で買え」とは私が勝手に言っていることだけど、アイスランドにはたくさんのセーターやマフラーなんかが売っています。

最初の旅行で偶然靴下を買った時にすごく暖かかったので、冬の旅の時にも買ってしまいました。

DSC_0279

値段は、当時の為替で1500円から3000円ぐらい。一番右の長い靴下が3000円ぐらいです。高いでしょ。アンゴラです。汗は吸収しませんが、すごく暖かいです。ついでに、これだけ厚いと、靴が少々きついです。

値段も手ごろだし、場所をとらないし、男性女性とサイズがはっきりしているし、「アイスランド」って書いてあったし、お土産にもいいです。

あちこちで売ってます。空港にもてますから、買い忘れてもご心配なく。






それから、最初の夏の旅行のパフィンツアーを待っている時にお土産屋さんでウールの指なし手袋を買いました。これは、あまりに風が強くて寒かったけれども写真を撮るので手をポケットの中に入れるわけにも行かず、又、手袋も持っていなかったので丁度いいのがないかどうか探している時に見つけたものです。手が小さいので子供用手袋を買おうかと思ったら指なし手袋があったのでそれにしました。これでも大きいのですが。

DSC_0298
DSC_0299






そして、一目ぼれしたセーターがあって、買ってしまいました。これもすごく暖かい。暑いぐらいです。

DSC_0281

ブランド名を見たら「J DAVIDSSON」とありました。検索したら、どうやらそのブランド単独でのショップではなく、Nordic Store(ノルディックストア)というお店に入っているようでした。

地図でノルディックストアを検索してみたら、「絶対に買ったのはここじゃない」という場所が出てきてしまったので、仕方なくグーグルストリートビューで何となく記憶をたどりながら探してみました。ありましたありました。

2019年現在、まだHPはないみたいだけど、FBのページなら作っているようです。

J.Davidsson
J.Davidsson - 「いいね!」332件 - The founder of J.Davidsson, Jan has along with his daughter Andrea created a beautiful line wool products.




そして、こちらは、このセーターを買ったお店のHPです。

Nordic Store - Icelandic Wool Sweaters, Blankets and Products
Nordic Store offers a wide range of Icelandic wool sweaters, blankets, Icelandic candy and products. Flat-rate express shipping worldwide.






手作りネックレス

さて、私は海外で手作りネックレスを買うのが好きなので、その他、一生つけることがなさそうなネックレスを2つご紹介。

1つ目は、レイキャヴィックで通りすがりに買ったものです。どこで買ったか忘れましたが、手作り感が良くて買いました。値段も忘れてしまった。いつかつけることがありますように・・・。

DSC_0283
DSC_0284






2つ目は、アークレイリのクリスマスマーケットで買ったものです。露店が出ていて、デザイナーさんが手作りのものを売っていました。本当に欲しかったのはネックレスじゃないのですが、大きさを考えてネックレスを購入しました。

そのデザイナーの彼女の絵はすごく美しくて、本当はまな板を買おうとしたのですが、重いし大きいので諦めたのです。そして記念にこのネックレスを買いました。

ヨーロッパのまな板ってかわいいものがいっぱいあるんですよね。日本では全然シンプルなつまらないものが多いのですが。こんな美しい絵が入ったまな板を使いたいなと思ったのですが、残念です。

それでもいつか欲しいと思って、彼女に名刺を頂いておきました。

DSC_0286
DSC_0285

2019年、まだHPはないようで、FBのみのようです。どちらにせよ、アイスランド語しかありません。こんな感じのものを作っています。
https://www.facebook.com/pages/Gst-r%C3%B3sam%C3%A1lun-og-handverk/123398504353158?sk=timeline

あんなまな板で毎日お料理したら気分いいだろうな。まな板好きな彼女をお持ちの男性の方、是非お土産にどうぞ。重いですが。


この旅行記を最初から読む

このアイスランド一人旅オーロラ編は、
「冬のオーロラ編」で、夏の白夜編は別カテゴリです。白夜は夏季にしか見られません。オーロラは基本冬だけです。ですので二回行きました。同じ年に二回でした。先日、夏なのに、「オーロラツアー」と言って売っている旅行会社の宣伝を見たけれど、白夜で明る



関連記事とカテゴリ

アイスランドガイドブックと現地ツアー会社
ガイドブックですが、当時の地球の歩き方ではちょっと足りませんでした。2019年現在は、アイスランドだけで一冊出ており、大分充実した本になっているようです(↓2019年8月現在最新版)。こっちも出たようです (↓2019年8月現在最新版) 。
このアイスランド一人旅白夜編は、
「白夜編」ということで、白夜時期の行った旅行記です。同じ年に二度行き、もう一つは「オーロラ編」として別カテゴリです。この白夜旅行では、途中グリーンランドにも行っており、そちらも又別カテゴリにてグリーンランド一人旅を作成してあります。アイスラ
このグリーンランド一人旅は(ガイドブック含む)、
夏の白夜を見に行ったので、オーロラ鑑賞ではありません。オーロラを見にグリーンランドへ一人旅しようと思ってこのサイトに辿りついたのでしたら、すいません、こちらは夏のものです。白夜期にアイスランドと一緒に行きましたが、アイスランド旅行記は別カテ
プロフィール
名前: Junko(サイト用のハンドル名: Female Traveller)↓2019年5月、名刺用の写真をスキャナで読みこんで掲載トラベルドライバーという英語はおかしいのですが、他に思いつかなかったし、ゴロがいいのでこれにしています。男
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました