Sponsored Link

5日目②「ペトラのエル・ハズネまで」

Sponsored Link

ペトラ到着。というか、ペトラ入口付近に到着。






窓を開けて、歩行者にペトラの駐車場はどこですかと尋ねたら、あっちもこっちも指をさされた。いっぱいあるのね。






ペトラもヨルダン主要観光地の一つだけど、ゆっくり全部見ようと思ったら1日では足りないほどの広さです。

私は全部は見られないだろうなとは思っていたけれど、できるだけ奥地まで行きたかった。

でも、到着が予定より1時間も遅れたので、いきなりその分マイナス。






さて、駐車場がすいていると逆にどこに停めていいのか迷ってしまうけれど、既に予定より遅れているので、何も考えずに急いで適当に選んで停めました。日陰にすればよかったと後で大後悔だった。






ヨルダンで車を停めるなら日陰にしましょう






チケットセンターは、駐車場から徒歩5分ぐらいのところでした。もしかしたら私は結構遠いところに停めてしまったのかもしれない。



そして、ペトラの入口を入ると、すぐに「ツアーはいかが」と声がかかります。






ここはまだ入口近辺。

IMG_4770
IMG_4766






徒歩で行っては長い距離だし、ロバに乗るのも面白いかも。とりあえず、声をかけてきてくれた男の子と話してみました。






一人だし、ペトラを上から眺められるところへ連れて行ってあげるよとのことだった。事前に調べていなかったので何のことだか分からなかったけど、その後値段交渉を開始。




値段は又忘れました。すいません。でも、数千円です。






でも、すぐに出発ではなく、まずロバに水をあげるらしく、先にロバ支度だった。






ロバを軽く見ていたけれど、結構恐かった。カメラバッグが重いから重心が取れなくて、落ちそうで気が気じゃなかったです。






ロバ、スピードが早かった。もっとのそのそしていると思っていた。

そして、えっちらほっちらとロバの綱を引いて男の子が前を歩きます。






岩がゴツゴツだったけれど、ちょっとぐらいの段差ならロバは大丈夫らしい。時間かけて岩山を上がりました。

IMG_4775
IMG_4776






どんどんと、ゴツゴツ感と、






砂漠感が増して行く。

IMG_4779






ゴツサバ感が増す中、もちろん結婚してるのかとガイド君に聞かれた。

今回は、続いて、恋人はいるのかとも聞かれた。それから、なんちゃらかんちゃらと。






もう、この時点でちょっと帰りたかった。






今回はちょっと違ったから、「後から少しもめるかな」と思いながら聞いていました。

彼は昔日本人の女の子と付き合っていたことがあるらしく、その話をしていました。






30分以上かけてやっと崖の上まで行くと、そこからはロバは無理だから、歩いて行こうと言われた。

歩いている時間はないんだけどと言ったけれど、ロバは行けないからが仕方ないと言われ、さぞかし普通の人が行けない場所へ行って綺麗な写真を撮らせてくれるのだろうと思って、妥協してついて行きました。






だけどまあ、すごい道だった。ロバどころかウサギでも辛いから行かないと思うよ。人間なんて、もっての他だ。

そこを、彼がすごいスピードで歩くのです。最後は私の手を持ち、まるで犯罪を犯したラブラブカップルが逃げているかのように、一生懸命私の手を引いて歩く。

往復40分ぐらいかな。めっちゃ辛かったぞ。知っていたらもっと水を持って行ったのに。






そして、着いた先。






別に普通じゃない?

IMG_4786
IMG_4787






こんなところへ来ることに時間を費やさなかったらもっとペトラの奥まで行けたに・・・と思いながら、写真をパシャパシャ撮る。






下にいたほうが楽しそうに見えるぞ。






まあ、確かにこんなズームは上からじゃないと無理だと思うけど。小石がたくさん落ちているのも見えるし。






あの車、馬車かな?安かったら帰りに乗ろう。

IMG_4796






基本的に、このような場所にはあまり興味はなかった。だけど、写真でも撮っていないと休めないので撮っていました。到着してすぐあの道を又戻る体力もなかったし。






でも、こんなところにいてもしょうがない。






本当は、ここまで来る間に見た崖や岩山のほうがよっぽど写真の撮りがいがあると思いました。でも、ツアーをやる人たちというのは、必ず月並みな場所へ連れて行く。

というか、大多数が好む場所へ連れて行くのです。でも、そういう場所は、一人旅する人や写真を撮る人が行きたいと思う場所とは必ずしも一致しない。

だから、私が一人でいたのなら途中で何度も止まって写真を撮っただろう場所でも、彼は気にも留めずにぐんぐん歩いて行くのです。

私も、できれば早く帰りたかったのでそのまま着いて行った。






そして又、ぐんぐん歩いて元の場所へ。






そこで休憩。






彼、水をちょうだいと言う。何で自分の水を持っていないのか不思議だったけど、かわいそうだからお水のペットボトルを渡しました。

そしたら、ガブガブ飲まれた。私の命の水を。

ムカッときたけど、年下なので我慢した。






でも1時間後には、「せめて2本ぐらい持っていけばよかった」と心底思いました。



次のページへ

5日目③「ペトラから撤退」
水をほぼ飲まれてしまい、少し残った水も自分で飲んでついに枯渇。そして、またロバに跨り、ポコポコ旅。なんか、どこぞに行ってそこからそこを見ながら降りていくとか言っていた。既に1時過ぎ。昼食もまだ。そして、自分も疲れてしまったこの子、何と私の後


この旅行記を最初から読む

このヨルダン一人レンタカー運転旅は、
残念ながら、完全なる一人旅ではありません。私にはヨルダン人の友達がおりまして、その二人が結婚するというので、結婚式に招かれました。従って、まず最初から一人旅へ「行く場所の選択の自由」がありませんでした。でも、ずっと行ってみたかったし、行くの
Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました